横田さん。


北朝鮮拉致被害者の横田めぐみさんのお父様、横田滋さんが亡くなったそうです。

あーあ。
とうとうこの日が来てしまった。
どうするの?間に合わないよ?
と、もう何年も前から思っていたんだが。

めぐみさん、生きておられれば56歳くらい?
けっこう近い世代だったのね。親御さんも。
自分の中学生からの事を振り返ってみると、その長さとそれを奪われるむごさが具体的に感じられる。
ニュースで他の拉致被害者家族の人が「我々の象徴」という言葉を使っていたが、横田夫妻は確かに拉致事件の“顔”だった。
とても善良そうで穏やかで、こんな事が無ければ間違いなく幸せな家庭生活を築いていたであろう、と思わせる人達だった。

知らせを聞いて、何か言いたいと思ったけれど、残念以外の言葉が無い。
どれだけ無念だったでしょう。
残された奥様も、どうかお力を落とされませんように。無理だとは思うけど。

P6052402.JPG
今夜はストロベリームーン。
ちょっと朧月。

横田滋さんのご冥福をお祈りすると共に、北朝鮮の日本人拉致事件の進展を心より願います。

この記事へのコメント

  • 京都の金

    同い年なんだよね、めぐみさん。
    中学一年生の時を思い出すと、腎炎になったし、母ちゃん入院とか、大変だったリはしたが、家に家族といたよ。
    中一なんて、本当に子ども、そんな子どもを・・・と思うとゾッとする。
    ワタシが生きてる間に、どうにかなるんだろうか、あの国。
     
    2020年06月06日 10:44
  • スギモト(管理人)

    >京都の金さん
    ああそうか、同い年だったら、ますますリアル感ありますね。
    私は曽我ひとみさんと同じだったかな?今となっては「ちょっと年上」だけど、中学生くらいだと凄い年齢差だよね…本当に子供だよね。大人だって酷いけど、酷い。
    本当に、あの国もだけどその後ろのデカい国、ついでにオマケのあの国も(笑)何とかなるのを見届けたい!
    2020年06月06日 11:22