年賀状。

松も開けて、なにを今更…という感はありますが。

今年の年賀状、載せておきます。
nenga2.jpg
すいません、ネットで拾った写真を無断借用(笑)。

ネズミです。毎年干支の擬人化でやってるもので。
目を赤くしたかったので、服は白にしたんだけど、背景と言うか『令和』の台紙が白かったので、全身グレーの方が映えたかな?
茶系だと下の敷物に同化しそうだし。
髪も服もブルーグレーとかの方が良かったかも…。
あとHappyNewYear!の文字が、プリントしたら凄く暗くなってしまった。インク向きじゃなかったって事ね。
直せば直せるけど、今回は良しとしちゃいました。

ここ2、3年、年賀状に関して考えていて、もうそろそろいいんじゃないかなと。
それまでは日本の古き良き習慣は大事にしよう、とか思っていたんですが。
今でも新年のご挨拶を交わし合う事自体は、美しい習慣だと思ってる。
でもね、負担に感じてしまうのよ…。

日常的に絵を描かなくなってるせいもある。
でもそれ以上に気になるのは、郵便代。
ハガキ一枚63円は、高いよね!?
20円かそこらの頃は、そんなに高額と感じなかったし、仕事が回っていた頃は「広報活動の一環」と思ってせっせと毎年出していた。
でも、物価がそんなに上がった実感が無いのに(消費税は上がったけど、むしろ安い品物も増えた)この値上がり様は酷い。
しかも、ちまちまと小刻みに値上げしてくれるから、買い置きの葉書や切手がそのまま使えなくて面倒だし見苦しいし。
せめて無料で交換くらいしてよって。

そんな抵抗感もあり、実際に稼ぎの無い我が家では葉書代が家計を圧迫する事実もあり。
今年は思い切って、お返事のみと決めて年末はノンビリ過ごしました。
正月に入ってから、下絵くらいは作っておくべきだった、と後悔したけど(笑)珍しく大掃除も丁寧にできたし、おせち作りも規模縮小したせいもあり楽しんでできた。
遠くに行ってしまった友人とは、連絡を途切らせたくはないけど会いにはなかなか行けなくて、年賀状で生存確認、という状況がずっと続いているけれど。
そこは途切らせたくないんだけどね。

nenura2.jpgnenura2.jpg 
まあそんな、結局ギリギリ松の内には届いたかな?という体たらくで、とりあえずいただいた賀状にはお返事を出しましたが。
今日プールに行こうと玄関に出たら、ポストに二枚の年賀状が!
うっそぉ〜!今頃!?
と、差出人を見たら、二枚とも元旦に届いてた人。
どうやら私に出したのを忘れて、私のお返事にまたお返事を出してしまったらしい。
手書きのコメントまで全く同一で(二人とも!)笑ってしまった。
まあ、葉書の抽選の当選確率が上がるという点では、ありがたいですが(笑)。


で、せっかくMacがあるんで(笑)グレー版試してみました。

nenga22.jpg
すごい適当だけど、うん。
こっちの方が収まりが良かったかも。
なんかグレーのヒロインって嫌だったんだよね…。


そんなワケで、今年もよろしく。