アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「当方見聞録」のブログ記事

みんなの「当方見聞録」ブログ


バイト終了&北斎

2017/11/28 21:28
今月末までという話だった短期バイト、昨日で実質終わってしまい、今日もとりあえず出勤を許されて雑用やお手伝いをさせてもらったものの、いよいよ私にできる事が無くなってしまい、定時18時まではとても持たない様子。
当てにしていた仕事が無くなってしまったし、少しでも時給を稼ぎたいのは山々だったけど、明るいうちに帰されてしまった。

で、ふと思い出す。
運慶展』、今月いっぱいだったんじゃ!?

行きたいと思ってたらバイトの話が来て、諦めていたのよ〜!

と、言うことでバイト終了後その足で上野へ駆けつける。
が。
週末で終了していた。
あちゃー。

なんか大雑把に「今月末」と記憶していたようですが終わってました。
しかしまあ、そこは上野、美術館は他にもある。
国立西洋美術館で『北斎とジャポニズム』。
画像

科学博物館の方で『古代アンデス展』も面白そうだったんだけど、今日はこちらで。

北斎は大好き。
いつ見ても元気が出る!
北斎が西洋絵画んいどれほど影響を与えたか、という趣旨で、多くの北斎作品と西欧絵画が並べて展示されてる。
(このポスターはつまり、ドガの踊り子のルーツが北斎のふんどし兄ちゃんだと言ってるワケですね)
大半は印象派で、私があまり好みじゃないせいなんだけど、比べると際立つ、北斎の洗練度。素敵。
北斎、というか浮世絵の影響は、絵画のみならず工芸品にもおよび、少なくともアール・ヌーボーはジャポニズム無しには台頭し得なかっただろうな、と説得力のある構成。
思いもよらず大好きなモローの絵や、幼心に見とれたクールベの『波』の展示もあって、ラッキー♪だった。
終盤、ガレのガラス壺に見とれていたら、静かな会場に良く通る高い声。
「お母さん、飽きちゃった〜」。あちこちから笑い声が漏れる。私も吹き出してしまった。
母親らしき人が慌てて子供を小脇に出口へ走る。「そりゃ飽きるわな〜」と、おじさん達が言い合っている。
うん、今回は嫌な思いはしなかったけど、幼児に展覧会は無理だよ。毎度思うけど。

展示数が多く、見応えがあったのだが、出足が遅れたので閉館ギリギリまでかかり、常設展示は見る暇が無かった。
疲れたからいいや(笑)。
北斎とジャポニズム』一般1600円(高っ!!)1/28まで。

さて、バイトも終わり、当てにした金額は稼ぎ出せず、次の仕事の当ても皆無。
どうしましょうか。






記事へトラックバック / コメント


紅葉と古刹と唐物展

2017/11/26 16:43
10日間(予定)の短期バイトの唯一のお休み日。
ここで1日ゴロゴロしちゃうと残りの出勤が辛くなりそうな。
おりしも季節は紅葉の頃、空は晴天で、草花好きの母を鎌倉に誘っていたのだが、前夜調べたら鎌倉の紅葉にはまだ早いとの事。
朝電話して、鎌倉は12月に入ってからにして、今日は近所を回ろうかと提案した。
一応「色付いてなくても鎌倉行ってみる?」と確認もしたし、最初から「どこかで昼食食べて」と予定に入れて、昼時前に出発した、つもりだったのだが。

画像

いつもの古刹へ徒歩で。
途中の道の街路樹はイチョウで、綺麗に色付いていたし、お寺の境内もそこそこ紅葉があって綺麗だった。
池の鯉と鴨にと、パンの耳を持参したので母と並んで橋の上から投げる。
私は鯉より鴨が可愛いので、鯉に阻まれて近寄れない鴨に遠投していたら、横から母が「鴨になんかやらなくていい」はぁ!?
私が持って来たんですけど、パン。

画像

能のテーマにもなってる“青葉楓”、常緑が売りのはずなんだけど………あれれ?赤くなってるんですけど…???(笑)

型通り本堂にお参りして、寺の裏手の博物館へ。
特別展示の『唐物展』。
ここは展示品数は少ないし、難しい文献とかが多いのだが、美しい仏像に出会えた。

他にも青磁の壺とか、華やかな色彩の観音像の掛け軸等、なかなか見応えがあった。

展示会場を出て、博物館内のカフェで昼食。
裏手に当たるここの紅葉が一番綺麗に色付いていた。
画像


で、結論としては。
もう母を誘って出歩くのはやめよう。








記事へトラックバック / コメント


平山郁夫展

2017/11/25 22:43
バイト帰りに寄り道して、そごう美術館に行った。
わりと好きなのよココ、なかなか良い企画をやってくれるし(実はリサ&ガスパールに出会ったのもココの『世界の絵本展』だった)規模が適度に小さくて疲れない、気楽にフラリと入れる。
実はメンバーズカード持ってる(笑)確か100円くらい値引きしてもらえる。

で、平山郁夫展。
正確には『平山郁夫 シルクロードコレクション展』。
通勤中にポスターを横目で見て、バイト終わるまでに行こうと決めていた。
平山郁夫、そんなにファンというワケではないんだけれど。
何と言うかね、パサパサした心に染みる。美しい。

入場するとすぐ、いきなり警備員さんが喋り出してビックリ。
「間もなく本日最終上映が始まります。観覧ご希望の方は出口前へお集まりください」
ええーっ!?こんなの初めて。なんて親切なの!?
展示物をすっ飛ばして出口付近の上映会場へ向かう。
上映の内容は…うん、特にそんなに、だったけど、嬉しいわ、こういうの。
そして入り口に戻って、頭から見学。そこそこに人が入ってて、行きつ戻りつしながら見る。

タイトル通り、展示は平山作品のみならず、シルクロードの工芸品(ガラスビーズ、織物等)や彫刻の展示、シルクロードを取材する平山と夫人のスケッチやメモ、写真も多数。
平山氏、お若い頃はナカナカの美男。奥様も濃い系の美人さん(現地の人と間違われそう)で、ご自身も絵や文章を書く人だったのね。
画像

平山郁夫と言うと、↑のようなのが一般に思い浮かべられると思うし、実際そうなのだけど。
とても綺麗だし先にも書いたように心洗われると言うか、癒されるんだが。
ここまで完成度は高くない、スケッチにとても心惹かれた。
元々私が“荒い”絵が好きなせいもあるんだが。何と言うか、作者の息遣いとか、手の感触とか、伝わる感じが、たまらなくてね。
風景画も良いが、バーミヤンの石仏のスケッチなんか、手塚治虫先生みたい(笑)なんかもう、キャラ立っちゃってると言うか。
生き生きしてて、とても魅力的。

他に面白いなと思ったのは、ガラスビーズの装飾品。
人の顔がお守りになったそうで、金太郎飴みたいに顔を象ったガラスビーズがいっぱいあった。
画像

それから、あたかも「使用前・使用後」みたいに並べられた、テロにより破壊された遺跡の写真。
もう本当にね…やめようよ、こういうの。なぜこんな、長い時を経て来た美しい物を壊せるのか。
平山氏は画家、芸術家のみならず(もちろんソレがあってナンボの存在ではあろうが)そういった遺跡の保護事業等でも活躍したらしい。素晴らしい。

先日の竹久夢二
といい、どうも私は「小綺麗な物を造る人を軽く見る」ところがあったような気がする。
キチンと整備された綺麗な画面のその向こうには、生々しいスケッチやエスキュースが、当然膨大な数あるはずなのは、少し考えれば分かる事だったのに。
ちょっと反省。


平山郁夫 シルクロードコレクション展、横浜そごう美術館で12/3まで、一般1000円。







記事へトラックバック / コメント


青春のブレードランナー

2017/11/10 23:14
ブレードランナー2049』観て来た。
画像

…って言うかまず、なにこのオフィシャルサイト!?
私はスタッフ、キャストと最低限の画像情報が欲しいだけなんですけど。
もうすでに、このHPが本質を物語ってる気がする。
曰く、「ブレードランナーなんだから価値があるに決まっている」。

今日は恒例『シナリオの会』の日で、昨日は『はいからさんが通る展』を見に行った。
映画観るならレディスデイがいいのだが、水曜日に行くと3日連続お出掛け日になってしまう、それはキツイ。
なんと横浜のシネコン金曜日がレディスデイ!
と、いう事で13時からの回に勇んで行く。
場内はガラガラ、いつもシネコンでは画面が思ったより小さくて後ろ過ぎたと悔やむので、今日は前から3列目を取ったら画面デカイ(笑)。
本編始まってもガラガラなので少し後ろに移動した。
どうもあの、入場前に席指定するのって虫が好かない。劇場によって違うじゃん、見え方が。

二時間を優に超える上映時間。
ゴメンなさい、ちょっとウトウトした。
だって退屈なんだもん…。
ずっと考えてて浮かばなかった言葉を、ネット上で見つけてしまった。
お金の掛かった二次創作みたい」。
まあ、詳細はそのうち映画感想のコーナーに載せるとして。
うーんまあ、ガッカリする以外にあり得ない、と分かってて、それでも見極めたかったんだけどね。
それくらい、前作に思い入れが強かったから。

でも正直、あの前作が本当にどれ程のモノだったのかは、私にはもう測れない。
だって青春のカケラなんだもの。
映画を見始めたばかりの初心な状態で、ガツンと来た、見た事の無い世界。
夢を追い、恋をして、未来に無限の可能性を信じていた、あの頃。
今となっては受け止める私が、くたびれ過ぎているのかも。

しかし会場にわずかにいる客層は、ほぼ老年に差し掛かった男性ばかり。
レディスデイだというのに!
要は旧作のマニアばかりで、新しい客を全く呼べてない、という事なんだと思う。
さもありなん、という内容だったし、先に書いたように宣伝の仕方自体もそういうスタンスだったのでしょう。
何ともお寂しい。

悪くはなかったのよ。
主人公"K"は、往年のH・フォードの「くたびれ感」を踏襲していたし、無敵レプリカントの"ラブ"ちゃんもバーチャル恋人"ジョイ"ちゃんも良かったよ。
場面場面はそれぞれ見応えがあった。街中の猥雑さは寄せているものの、小綺麗過ぎたのが残念だったが。
あと、ずーっと「ボォ〜ン」「ブオォ〜」みたいな音が流れてて、途中から気になって嫌な思いをしたな。

ここへ来て私、"レプリカント"ってモノ自体を誤解していたのかな、と。
人造人間と言うよりはクローンに近い?
でも正直、前作公開時には思わなかったけど、今となっては「人間と見分けの付かない人工物」を大量生産して奴隷労働をさせるとか、「無い無い」と思ってしまうのよね。
"人間"ってとても、コスパ悪い存在だし、ましてや繁殖に関しては最低の効率だと思う。
だから根本からもう、リアリティを感じなくなってしまってた。

そんなこんなまあ、傑作の続編は作らないに限る、という事で。


複雑な思いで、シナリオの会の会場へ向かう。
始まって早々に「ブレードランナーの新作見て来ました」と報告するも、反応が薄くて面食らった。
仮にも皆、シナリオ教室に通った、そして今でも何らかの創作に興味のあるはずの人達なんですが。
私にとっては凄い映画だった『ブレードランナー』も、そうでもない人はたくさんいるんだ。
と、いう、至極当然の事にビックリしてしまったのでありました。








記事へトラックバック / コメント


はいからさんと竹久夢二

2017/11/09 22:30
弥生美術館で『はいからさんが通る展』と、隣接する竹久夢二美術館を見学。
画像


南北線東大前で友人二人と昼過ぎに待ち合わせ、東京大学の塀に沿って歩いてほぼ隣接する弥生美術館(ちなみに"弥生"はこの界隈の町名)に到着。
まずは入り口のカフェで昼食。
と、思ったら先客に袴姿の"はいからさん"コス女子がいてビビッた(笑)。
野菜カレー美味しかったです。

そして目当ての『はいからさん展』。
大和和紀先生作の懐かしの名作『はいからさんが通る』の生原稿の他に、デビューから最近までのカラー原画の展示に加えて、大正期の風俗の解説や当時の女学生(=はいからさん)の写真、当時の衣装の展示も。
点数はさほど多くはなかったが、繊細で美しい原画、眼福でありました。
それにしても『はいからさん』当時の原稿、トーンが少ない!
見ていたはずなんだけど改めて驚いた。着物の柄なんかもほぼ手書きだし、全くトーンの貼ってないページもちらほら。なのに全然画面が「持って」いる。凄い。
線が意外に太いのも驚いた。凄く繊細で華麗なイメージだったけど、シッカリした力強い線で。
そして一番嬉しかったのは、現在の大和先生のカラー原稿制作の動画!
あさきゆめみし』の描き下ろしイラストで、一枚に10日掛けていた…その過程は途中から殆ど、友禅作家みたいだった(笑)。
何かこう、私間違ってました、考え違いでした、という気になった。

なぜ今『はいからさん』かと言うと、新作の劇場用アニメが公開になるそうで(しかも前後編!)、その前宣伝の意味もあったらしいが…この絵柄(汗)。↓
画像

う〜………………。
原作に寄せる気が1mmも無いという。
こうでもしなきゃ今リメイクする意味が無い、のかもしれないが、あまりに普通の今時アニメで悲しくなる。
まあ、間違っても劇場に行く事は無いけど、TV放映したら見てしまいそう。
そして怒るんだろうな私…。

特別展の後は、弥生美術館の常設展示。
高畠華宵を中心に、明治〜昭和の挿絵を展示、とあるが、ほぼ高畠だった印象。
そしてゴメン、高畠さん、ちょっと苦手。衣装なんか見るには楽しいんだけど、人物が気持ち悪くて。

続いて隣接する竹久夢二美術館へ。
隣接と言っても、もう殆ど一つの施設と言っていいと思う。入場料も一緒に払う仕組みだし、建物も直接繋がってて外に出る事無く移動できる。
夢二と言えば楚々とした美人画で有名だが、意外に風景画も発表していて、しかも意外と良かった。
もちろん美人画無しでは今の人気は得られなかったでしょうが、むしろ風景画の後では美人画が俗っぽく見えたわ。
でも今回一番の驚きは夢二さんの無茶な人生(笑)。
風景画の解説の途中にさり気なく「離婚した元妻を旅先に呼び付け旅館で斬りつけた」とか。
たった二年で離婚したその女性との間には3人の子がいるとか(もちろん三つ子ではない)。
いや〜芸術家ってすごい(笑)。

売店には夢二さんのグッズがいっぱいあって、なかなか良い雰囲気の物が多い。
センスは良くでも滅多にこういう物は買わないんだが、今回はちょっと人に送りたい要件があって、椿柄のガーゼハンカチとお揃いのマスキングテープ、それにはいからさんの絵葉書を買った。
…で、マスキングテープって、何に使うんだ???

美術館はナカナカ雰囲気のある建物…と、思ったら玄関の上にヘンテコな銅像が建ってた(笑)
画像






記事へトラックバック / コメント


漫画温泉♪

2017/11/02 22:05
いつも仕事の助っ人に来てくれるIさんのオススメで、RAKU SPA 鶴見に行ってみた。
ここ、普通にスパなんだけど、なんと休憩室に漫画本がいっぱいあって読み放題!
仕事柄、大ヒット作くらいは目を通しておきたくて、以前はよく漫画喫茶に通ったものだが、煙草が酷くて2〜3日寝込むような状態だったので、すっかり足が遠のいてしまった。
そんなワケでずっと漫画読んでない(笑)。

川崎、鶴見駅前から1時間に1本送迎バスが出てて、朝一便10:15鶴見発に乗る予定だったんだが。
お約束の朝寝坊+天気が良かったので洗濯始めちゃって、次の11:15と思ったら、横浜駅からも同じ時刻発の便がある(横浜は1日2本)のでそっちに乗る事に。
横浜はバスに乗ってからがちと長かった、ついでに隣に座った太めの女性がずっとメイクをしていて臭くて閉口した。これから温泉入るんじゃないの!?

入場して説明を聞き、お風呂に入ったのが12時ちょい前。
内風呂は"炭酸温泉"が気に入った。寝湯やジェットバスも。
露天は硫黄泉と、やはり炭酸入りの"絹の湯"、陶器の湯船、寝湯。
寝湯がとても浅くて(寝転んで胸が出るくらい)見た目がとてもカッコ悪いけど今の季節だと快適でした。
景色は残念ながら殆ど見えないけど、お天気が良いので青空が気持ちイイ。
陶器の湯船は一人用で、入ってみるうと意外な肌触りの良さに驚いた。
目の前にディスプレイが設えてあって、こりゃ長湯にいいかも、と思ったんだが、流されてるのはワイドショー。座間の9遺体事件の詳細をやってて、これはちょっと…で早々に出た。

一通りお風呂に入って、さて問題の漫画休憩。
川が展望できるガラス張りの部屋に、大きなリクライニングソファ(足置き付き)がズラリと並び、女性専用スペースもある。
周囲を囲むように漫画本の棚、自動ドアを抜けた先にも本棚がズラリ。
いきなりこんな大量の漫画本の前に放り出されると何をチョイスして良いのやらウロウロしてなかなか決まらない。
悩んだ末、『テレプシコーラ』を手に取った。
賞を取ったりと話題になってたが、うーん、私はちょっとバレエを習ったから面白かったけど、やる前だったらそうでもなかったかも。
と言う事で4巻で一旦置いたが、Wikiで見たらその後の展開が凄かった!読めばよかった(笑)。

一旦お風呂に戻って温まり直し、14時頃昼食を食べに館内レストランへ。
…ここもタッチパネルだわ。経費削減に欠かせなくなっるんでしょうけど、コレ嫌い
なんとなく「温泉、ビール」って至福なイメージがあって、つい中ジョッキ頼んじゃう。カキフライと、もう一品。
"アボカドとサーモンのロミロミ"…これがハズレ。って言うか居酒屋で生物頼むとかバカ?と日頃思っていたくせに、アボカドに釣られてしまって、生臭いわ味付け薄いわで醤油掛けて食べた(残さない)。
カキフライは美味しかったです。
ビールはスーパードライしか無くて半分凍ってて、うん、飲まなくても良かったな。

ほろ酔いで休憩室に戻り、今度は『亜人』4~8巻。
映画になってたのとたまたまネット配信で前半読んでたのでザッと見たけど、もう先はいいや。
しかし佐藤が綾野剛かぁ…フーン?
温泉に戻ってちょっと塩サウナなんかも入って、水風呂も堪能。
また休憩室に戻って今度は『鋼の連勤術師』1~3巻。これはなかなか楽しい。時間が無くて終了。
漫画頑張りすぎてかえって疲れたような(笑)。

休憩室の奥に岩盤浴の施設があり、料金内で利用できるが館内着で利用との事だったので、最後に取っておいた。
硬い一枚岩ではなく砂利が敷き詰めてあって、寝心地は良く長居できそう、ただ動くといちいちうるさいんだけど。
¥岩盤浴に二部屋はいり、「プラネタリウム」と称する部屋にも入ってみたが、硬い床に放射状に寝転んで薄暗い天井にうっすら映る星空らしきモノを眺めるだけで、入り口にデカデカと「室内私語禁止」の貼り紙があるのに隣のおばさん達がずっと大声でお喋りしている。すぐ出た。
専用のバスタオルを洗濯カゴに放り込んで帰ろうとしたらもう一部屋あった。まあ、また今度。
汗だくのまますっかり暗くなった温泉に戻り、最後にまた一通りお風呂に浸かって、洗髪も。
この備え付けのシャンプーが良かったのか、翌朝髪がツヤッツヤで驚いた。

そうそう、覚書。
岩盤浴入るなら、ブラの換えは持って行こう。
ドライヤーかけて化粧して、会計済ませて送迎バスを待つ。
最終が21時だが、さすがに20時発のに乗った。
入館から8時間強、むしろ疲れた。
どうも貧乏性と言うかね、ガツガツしてしまうのよね。
先日行った万葉倶楽部では帰って具合が悪くなったので、今日はそれでも入浴は控えめにしたけど。
帰ったら気分は良いものの、やっぱりグッタリして夕食後すぐ寝てしまった。

今回様子がよく分かったし、漫画が読めるのはなにより。
また行こう、仕事明けのご褒美の定番になりそう。









記事へトラックバック / コメント


『明日の約束』

2017/10/19 16:00
うん、悪くない。
真面目に作ってそうな第一回だった。

あと今期は『刑事ゆがみ』かな。


追記:『ゆがみ』2話見たけど、1話が痴漢冤罪、2話はレイプ冤罪&未成年者淫行未遂……この路線だと付き合い切れないかも。
浅野さんも神木君もいい感じなので残念。
記事へトラックバック / コメント


深海2017

2017/09/19 02:25
上野の国立科学博物館へ、久々に行った。

深海2017〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜』を見て、残り時間は常設展示を見学。

展覧会友達の二人とも久しぶり。
駅前の蕎麦屋で待ち合わせ、美味しい蕎麦で昼食。
そういえばこの夏は蕎麦がやたら食べたくて、ほぼ毎日昼食は蕎麦だった。
自分で茹でた乾麺に自分で作った出汁だからね。お店の蕎麦は美味しかったわ〜。

14時頃博物館に入る。
平日だというのに、物凄い混雑で驚いた。
そんなに混んでるという話は聞いてなかったんだが、展示内容も(特に前半)小さめの標本が中心で、近くに寄らないと見られないので、けっこう大変。

久々の展覧会で色々詳細を忘れていて、ここは撮影OKなのに携帯をロッカーに置いて来てしまった!
残念無念。
そんな訳で写真は公式ページから引用。
画像

展示は、前半は深海の生物。
光る生き物やら巨大生物、熱湯の中で生きる貝。
噂の頭が透明な魚”デメニギス”の標本もあった!



…でも標本だと透明部分が濁ってしまってイマイチだったな。そして思ったよりふた回りばかり小さい。
あとドラゴンフィッシュやらチョウチンアンコウとか不気味系、光るクラゲや巨大なダイオウイカ(の、小さめ標本と大きい模型)等々。サメの歯のスペアが見える標本もあった。
後半は地学系で、地震調査や資源等で、正直私はちょっとテンション下がったかな(笑)
でも、調査船の模型は楽しかった。
ビックリしたのは同行の一人が「肩車禁止」の張り紙を見付けた事。肩車って(笑)。

企画展を見終わって、館内のレストランで一休み。
17:30頃と微妙な時間帯で、夕食には早いのでコーヒーとケーキ。
“ブルーベリーヨーグルトマフィン”というのが予想を超える美味しさ(マフィンは3種類)。
マフィンってボソボソしたのも多いが、とてもシットリしてた。元気出た。

金曜日は21時まで開館してくれてるので、これ幸いと常設展へ。
以前来た時から随分様子が変わっていて、新鮮で面白かった。
ハイライトは恐竜(ここは恐竜骨格いっぱい!)の、ティラノサウルス。
最近の研究で、獲物を狙う時にはしゃがんで物陰に隠れて(あの体格で!)ジャンプで仕留めた、という説が出てるそうで、早速しゃがんだ姿勢に骨格を組み直して展示してあった。
…本当に猫みたいにしゃがんでジャンプ?
こうして見るとティラノの肋骨は意外と大きくて、なんか間抜けな姿。猫と違って前足が短いから、まさしく”エンコ”という姿勢で、あまり強そうに見えないのよ(笑)。
あー写真撮りたかったな。

いつもの事だがここの常設展は充実し過ぎてて、閉館ギリギリまでいたけど全部は回れず。
本気出すなら朝から来ないとね。あ、寝坊癖付いちゃってて無理です、遠くなっちゃったし。
それでも駆け足で恐竜〜人類までの骨格標本を通して見て、恐竜も凄いけど昔の哺乳類の巨大さも凄い。
なんだろう、恐竜だとでかくてもいいんだけど、ウマやらネズミが巨大だと、なんかイヤ〜な気持ちになる(笑)。
1780年頃まで生きたという巨大な海獣の骨格もショッキングだった。
海の生き物の骨格は天井から吊ってあり、なんともドキドキする光景。
巨大な骨をいっぱい見た後で、最後に展示されてるゴリラが可愛く見えた。

『深海 2017〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜』一般1600円 10/1まで。
記事へトラックバック / コメント


靖国神社

2017/09/08 23:22
このところミサイルやら色々で、思い立って靖国神社に行って来た。

恒例シナリオの会が飯田橋なので、その前に寄って、ついでに久しぶりに着物を着よう。
朝は雨が降って、ちょっと心配だったけど木綿単衣だからと決行。
画像

ネットで反物買って和裁教室で縫った自作品で、生成り地のもあるんだけど、秋っぽいのはこちらかな、と。
帯は頂き物の作り帯。数年ぶりで締め方を忘れてて苦労した(笑)。

15時頃に家を出て九段下で下車。
鳥居で撮影したり拝殿にお参りしてノンビリしてたら遊就館の常設展示の閉館時刻を過ぎてしまった。
画像画像
…なんか以前も同じ事をしたような……と、思ったら違った。入場料を惜しんで入らなかったんだわ。
今回は入る気満々で行ったのになぁ、と思ったら入場無料の1階の奥で鎧展をやってて、入り口で聞いたらその場で500円で入れてくれたはいいが入った途端に「あと10分で閉館」の放送。
…下調べしなかった私も悪いけど、言ってよ一言。解説は読む暇も無く。
零戦の写真は撮ったけど、以前も撮ってたのね。では大砲を。
画像

でかい…。

昇殿の個人参拝の手続きも16:30で終了してたけど、こちらは2000円かかるので、まあ、いいか。
今度行く気になった時は、2000円用意して早い時間に行ってみようか。

閉門は18時なので、庭をぐるりと回って、いっぱい蚊に刺された。着物で露出が少ないので手ばかり。
秋口の蚊って毒性強い気がするんだけど、どうなんでしょ?
治ったと思ってもまたぶり返して痒くなる。何度も腫れてシコリになっちゃう。
桜が有名だが裏手に小さな梅林もあった。梅の季節に来てみようか。
今日は久しぶりに暑い日で、これなら絽でも良かったな。

蚊が多くて閉口したので閉門前に神社を出て、鳥居前の茶店のかき氷を横目で見て(暑いのでちょっと心惹かれたんだけど)素通りし、駅前のスタバでアイスカフェラテを買って外のベンチで飲んだ。
元気回復して、一山超えて飯田橋へ。
商店街でお祭りをやっていた。

早めの夕食を済ませてシナリオの会へ。
先生はここ数ヶ月胃潰瘍と戦っているし、今日は一人途中まで来て具合が悪くなって帰ったと連絡が来た。
メンバーもだんだん歳を取るよね…。
記事へトラックバック / コメント


築地〜アメ横

2017/09/05 18:08
近所住まいのS子さんからお誘いで、築地に行った。
朝6:40に駅前集合で、通勤ラッシュの始まってる電車に揺られて行く。
おばさん二人は座れなくてブーブー(笑)皆さん通勤の中遊びに行くというのに…でも近頃本当に電車移動が辛いのよ。

結局行きは殆ど立ちっぱなしで築地市場駅に到着。
入り口近くの案内所でMapをもらい、目当ての朝ご飯、天ぷら屋さんへ突撃!
…が、探し当てた場外市場外れのその店は、「10時開店です」とつれないお言葉。時計を見ればあと45分。
待てません。
S子さんがネットで調べて「9時開店て書いてあったのに」と言うがまあ、そういう事もあるさ。
仕方なく賑やかな方へ戻る途中の海鮮丼屋さんに飛び込んで、まずは腹ごしらえ。
画像

丼と言っても酢飯なので事実上ちらし寿司みたいなもの。
だいたいキュウリだのデンブだの、卵焼きだので水増ししてあるものだけど、そういう事はいっさい無しの海鮮のみで潔い。
まあ特別ネタが良いとかでもなかったけど(笑)それなりのお値段だし。
カニの味噌汁を付けてもらって、それがとても美味しかった。

以前2度ほど来たのだが、場外しか見てなくて、聞けば10時を過ぎれば市場を見学できるという。
場外をうろついて魚の並ぶ店頭を見物。
画像

残念ながらこの季節、生物を買って持ち帰る根性は無い。
予報では曇りだったが晴れて暑くなって来た。
混雑してるので日傘をさすのは憚られ、帽子を持って来なかったのでUVケアに気が気じゃ無い(笑)。久しぶりにかなり暑い。
暑いのでビルに入ってる店を冷やかし、無料休憩所で一休みするうちに10時を回った。
画像


市場はひところ、観光客が詰めかけてマグロを触ったりと話題になっていたが、多分そのせいで規制をかけたのか。
10時過ぎに観光客が入場を許された頃にはとうに業務は終了して後片付けの様子だった。写真撮影も禁止。
マグロの競りとか見てみたかったけど、どこが会場なのかも分からず終いだった。
狭い通路をかなりのスピードで小さい乗り物(ターレーと言うそうな)が縦横無尽に走り回り、ぶっちゃけ怖い。
適当にぐるりと回って早々に出て来た。
後からネットで見ると、早朝に見学ができるとか、写真付きで色々出ているんだけど、どうなっているんだろう。
観光客は中国人も多かったが白人客が意外と多かった。バカンス時期だから?

ターレーに追い立てられて疲れたので、場外の昔懐かし風の喫茶店のカウンターで一休み。
S子さんは”だし巻きサンド”と箸セットを、私は茶碗と、いなり寿司用の味付き油揚げを購入。
画像

S子さんが築地本願寺に行った事がないと言うので見学に行くが、工事中であちこち白い幕が貼られていて、可愛い動物像とかが全然見られず、本堂では法事が行われていてうろうろできず。残念。


S子さんがバッグを買いたいと言うので地下鉄に乗って上野アメ横へ移動。
ここも本当に久しぶりだけど、バッグ、と思って見ると本当にバッグ屋さんが多い!
息子さんにプレゼントするんだそうで、S子さんは気に入ったのが見つかったとご機嫌だった。
そろそろ正午という時間帯。
お昼食べて帰ろう、と入ったのがランチも出す居酒屋で、鳥南蛮定食にビール付けてしまった。
明らかに食べ過ぎ(笑)。
買い物に付き合ってくれたから、とS子さんが奢ってくれた。
ご馳走様でした。

帰りの電車はずっと座れた。
行きより全然近く感じた帰り道。
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
多摩川花火大会、中止(泣)
多摩川花火大会、中止(泣) 多摩川花火大会、中止(泣) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/19 23:59
花火アゲイン
花火アゲイン 昨夜の花火が楽しかったので、雨でなければ毎晩でも見に行こう、と思ったのだが。 今日は1日雨模様で、すっかり諦めモードになってしまい、一日中引きこもりも良くないと思って日が暮れてから買い物に出た。 スーパーから出て来たら…雨が上がっている!!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/15 22:16
近所の花火
近所の花火 スポーツクラブがお盆休暇。 12〜17日まで休館で、泳ぎにも行けないし、仕事で肩凝り腰痛も悪化してるのに気分転換もできやしない。 おまけに外は雨続きで、涼しいのはありがたいのだが、身体のだるさが半端ない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/14 21:11
万葉倶楽部
みなとみらいの『万葉倶楽部』へ日帰り温泉に行って来た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/27 23:42
久々新感線!
久々新感線! 仕事の仕上げをタラタラやってたら、近所住まいの中学の同級生・Sさんからメールが入った。 「7月1日に舞台新感線なんとか城シーズン鳥っていうのチケットもらったけど行く?」 えっと……………これは、もしや。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/01 23:53
サクラダリセット後編
サクラダリセット後編 誕生日なワケですが。 まあ、毎年変わらず、特になんと言う事も無く迎えました。 しいて言えば赤ワイン空けたくらいかな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/17 23:00
知らなかった。
某掲示板でフィギュアの面白い写真を貼る、だかというのがあったので、迂闊にも開いてしまった。 知らなかった。いや薄々そんなイヤな気配を感じ取って、近頃フィギュア自体観なくなってしまっていたのだが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/08 02:34
薪能
薪能 近所の古刹で毎年開催される薪能、ここ何年が気になっていたんだけど、今日初めて行って来た。当日券自由席。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/07 13:20
TVドラマ3本
このところペン入れしながら、録画した特番ドラマを立て続けに3本見た。 たまたまなのか、みな戦後辺りの時代がかかってる話で、なんとなくまとめて感想を。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/19 15:05
A LIFE終了
『A LIFE〜愛しき人〜』終わった。 全10話、録画しつつ完走しましたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/19 22:42
版画展
版画展 バイトを早引けして、今年も友人参加の版画展に行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/15 20:55
『愛された金沢八景』展
『愛された金沢八景』展 仕事が終わったので、しばらくほったらかしていた母を外に連れ出すべく、『愛された金沢八景―楠山永雄コレクションの全貌―』展に誘った。 場所は実家の近所の、毎年初詣に行く、時に友人とピクニックもする、古刹の裏手にある神奈川県立金沢文庫 中世中世歴史博物館。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/26 22:10
どんど焼き
どんど焼き 近所の海岸で"どんど焼き"のイベント。 毎年お祭り騒ぎでなかなか盛大なんだが、今年は珍しく出不精の母が行きたいと言い出した。 今年は私も正月飾りを飾ったので、二人連れだって行って来ました。 途中の道筋も、普段の人気の無さが嘘のよう。海に向かう人、もう帰って来る人と両方向にゾロゾロ。家族連れも多数。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/14 09:09
『ローグ・ワン』観た。
『ローグ・ワン』観た。 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』観て来た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/28 11:43
アイドルグループの幕引き
録画した『SMAP×SMAP』の最終回を見た。 何と言うか…、ガチなファンでもない私が、リアルタイムで見るのはちょっと申し訳ないような、まあ長かったしその間ずっとTVに貼り付けなかったのだけれど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/27 23:15
映画館。
映画館。 締め切りまで日が無い、仕事遅れまくりだというのに、劇場に映画観に行って来た。 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 気分変えないとやってらんなかったんだよ〜。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/01 22:55

トップへ | みんなの「当方見聞録」ブログ

みかわん控え室 当方見聞録のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる