アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「美しい」のブログ記事

みんなの「美しい」ブログ


スーパームーン♪

2017/12/04 23:17
昨夜はとても綺麗に見えていたんだけど、今夜は雲が多くて、見られないかと思ったスーパームーン。
雲の切れ間から、顔を覗かせてくれました♪
画像

近頃、コンサート用に購入したオペラグラス( 倍率6)で月を見るのがマイブームで、これがまあ、綺麗に見えるんだわ!
満月もいいけど、真昼の青空に浮かんだ半月とかね、半透明に見えて本当に綺麗!

でも残念ながら、オペラグラスで見た光景は、カメラに写せない。
手持ちのガラケーでは無理だったので、デジカメの解像度を最大にしてズームも使って撮ってみた。
意外と言うか、考えればそうなんだけど、フラッシュ炊いた方が綺麗に写る。
露出固定なんてできないカメラだから、夜空に露出が合っちゃって月が飛んでしまうのね。
フラッシュ使うと(どこにも光が当たらないのに)そこまで露出が開かなくて、クレーターまで映ってくれた。
手ブレでブレブレのもいっぱいあったけど(笑)。














記事へトラックバック / コメント


サルビア…

2017/09/21 20:30
実家で夕食を食べた帰り道、道端に咲いてる花を発見。
セージでは!?
画像

2本摘んで家に持ち帰り、葉っぱの匂いをかいでみたけど…普通
うーん、観賞用のサルビアだったようです(元々近種だしな)。
残念!

まあ、セージってそんなに使い道があるハーブでもないんだけど。
お花が可愛いのでそのまま花瓶に挿して飾ってます。
いいよね、花のある生活♪





記事へトラックバック / コメント


地元花火大会

2017/08/26 21:53
仕事終わって仮眠して、起きて行って来ました。

数時間眠って目覚めたら、いつもは森閑としている外がざわついてる。
窓から覗くと海の方向へワラワラと人々が移動中、もちろん皆花火客だ。
打ち上げ開始は19:00で、今の時刻は18:15。寝過ごした。
慌てて支度して家を出る。
ついでと言っては何だが、昼に描き上がった原稿、月曜日に届けるなら送っても同じだと編集さんと話し合って、郵送する事にしたので、梱包した原稿を持って出た。
途中コンビニに立ち寄るが、花火客が詰め掛けてて長蛇の列。
仕方ないので少し遠回りして海から遠い別のコンビニに行ったが、そちらもけっこう混んでいて思ったより時間を取られた。
ついでに缶ビール買って、海までは徒歩15分のはずが、遠回りの上、通行人が多くて前に進めない。しまった。

本当は母を誘おうかと思っていたんだが、余裕が無くて一人で行くことにした。
昨年に比べて格段に人が多い気がする。
砂浜に降りた頃には開始時刻直前で、砂浜はシートを敷いた人たちで足の踏み場も無く、シートの隅を踏みながら場所を探して移動した。
やっと一人分のスペースを見付けてシートを敷き、座った途端に花火が打ち上がった。
画像画像
近い!!!
近いのは分かっていたけど、本当に近くて大きく見える。
今日はコンディションも最高で、ガスも無くゆるい風が硝煙を程良く吹き飛ばしてくれる。
画像画像
昨今は音楽を流したりする大会が多いのに、打ち上げる前に淡々と花火の解説と提供をアナウンスするだけの演出がとても良い。
いいんだよ音楽なんて、せっかくの花火の重低音の邪魔になるだけ。
…まあ先日は近所の海天国で選曲も好みで「音楽もアリかな」と思ったんだけど。好きじゃない曲かけられたら興ざめだし(サ◯ンだのド◯カムだの…ありがち)花火を聴こうよ、と私は思うのよ。
画像画像画像画像

写真はうまく撮れなくてボツにしたが、近頃はキャラクター花火も多い。
キティちゃん、ドラえもん、ミッキー等々、あれ角度が間違うと何だか分からなくて残念なんだけど、たまにバッチリ見えると嬉しいんだよね、拍手しちゃう。
で、「区のキャラクター、牡丹ちゃんが夜空に舞います」とアナウンスされた時は会場がざわついた。あちこちから「誰!?」の声。
今まで知らなかったけど、横浜市って各区に”ゆるキャラ”がいるのね。
ウチは牡丹のお寺やら伊藤博文の旧別荘に牡丹園やらあるんで、きっとそのせいかな。
頭に牡丹の花を乗っけたキャラクター。コレ↓ですね。
画像

こんなのも作っちゃうんだね。もちろん特注だよね。使い回しできないし、凄いなぁ。

心配した雨も降らず、滞り無く大会は終了。
一昨年あたりまではけっこういた喫煙者も、近頃は規制が行き届いたのか出くわさなくなって、とても快適。
会場を出る所が狭くなっているのでちょっと手間取ったし、前の道に屋台が並んでて渋滞していたが、乗り物に乗らなくても家に帰れる気楽さは素晴らしい。
ブラブラ歩いて、途中のコンビニで白ワインを買って帰った。
仕事終わると飲んでばっかり(笑)。
記事へトラックバック / コメント


花火3日目

2017/08/17 23:39
今日は朝から晴れて久々に暑さが少し戻って来た。
昼過ぎからソワソワして花火を見に行く気マンマンで仕事に集中できない(笑)。
出る直前に思い立って、帰りに実家に顔を出す事にする。

先日と違う道を行こうとしたら途中で迷って遅くなり、またギリギリで会場に着いた。
一度見てるので良さそうな場所に速やかに移動。
盛り上がる部分も把握しているので、今夜は写真もちょっとマシ。
画像画像
今日はソコソコ風も吹いて最高のコンディション!いい具合に火薬の煙を吹き飛ばしてくれてた。
今日も蒸し暑かったが、そこは抜かり無く扇子と麦茶を持参した。
大満足の15分間。

実家へ向かいながら母に電話を入れたが留守電で、こんな時間に出かけてないでしょ、と掛け続けたら4回目に繋がった。
ずっといたらしいので、かなり耳が遠くなって来ているのかも。
耳じゃないかもしれないけど。
頼まれていた庭で生えたミョウガを甘酢漬けにしたのと、カリフラワーのスープ、蒸し鶏を持って行った。
食べ物だけは嬉しそうな顔をする(笑)。

明日からプールが再開するので嬉しいが、花火は明後日までで明日も明後日も夜にお出掛け予定アリ。
そうか今夜が最後だったか。
まあ明後日のお出掛けは多摩川花火大会なのだが(笑)。
記事へトラックバック / コメント


花火アゲイン

2017/08/15 22:16
昨夜の花火が楽しかったので、雨でなければ毎晩でも見に行こう、と思ったのだが。
今日は1日雨模様で、すっかり諦めモードになってしまい、一日中引きこもりも良くないと思って日が暮れてから買い物に出た。
スーパーから出て来たら…雨が上がっている!!!

時刻は20:10頃。
家に戻って荷物を放り込み、海へ向かう(スーパーと海は反対方向)。
海岸前の信号を待つ間に打ち上げが始まった。
海に出て、島の向こう側から上がる花火を見る。
島が影になって仕掛けは見えないが、打ち上げ花火は綺麗に見える。
画像

なんだここでいいじゃん!
見物人もけっこういた。
距離は近いと思うのだが、あんなに賑やかだった音楽が殆ど聞こえない事にびっくり。
ジェットコースターの悲鳴は良く聞こえるのに(笑)。

海に着く途中で見えそうなポイントは無いかと探りながら歩いたが、やはり海までこないと無理みたい。
まだ何回か来られるかな。
記事へトラックバック / コメント


茅ヶ崎花火・現地編

2017/08/05 23:55
途中にも浴衣姿の人がいっぱいいて、「東京湾でも花火大会」と噂が聞こえたが、横須賀の間違いだったみたい。
近頃は一頃のようなキャバ嬢まがいのケバい娘は見掛けなくなり、皆さんなかなかに清楚で可愛らしい。男性もマトモな浴衣姿の人が増えた気がして嬉しい。
(以前はウエスト位置に帯締めてスネ丸出しの短い丈の若い男の子が多く、私は「バカボン」と呼んでいた)

17時過ぎに茅ヶ崎駅に着いたら物凄い人出でビビッた。
でも長蛇の列は打ち上げ場所の海岸へ向かうバスで、私の乗る団地行きはその列の後ろにちんまり並んでたのでホッとした。
道も意外に混んでなくて(通行人は多かった)すんなりと目的地に到着、停留所前のモールでR太を待つ。
やって来たR太は手を振る私をコントのようにスルー。「あ、去年と違う浴衣だから」って(笑)。
私のビール(R太は下戸)とスイカ、トマト、卵。買い物はその程度だった。

まだ暑い中R太の家へ向かう。
団地の3階なのだが、なんとR太がエレベーターに乗った!!!
ずっと苦手だと階段を使ってたのでビックリ。このところ調子が良いそうだ。
部屋に入って準備。R太は料理の仕上げをしてるのでベランダに座席を並べたり、持って来た料理を盛り付けたり。
打ち上げ19:30の10分前くらいに準備万端、上がる前からビール開ける♪

例年、向かいの団地の脇から見えていた花火が、今年は少し右にズレて半分建物に隠れてしまう。
おまけに風が無く空はガスッてて、上がった花火も半分は雲の中
あ〜今年はハズレだね、と言いながらパクパク飲み食いした。
画像

R太のお手製ビーフストロガノフオムレツ乗せで、ほぼ満腹。
後は食い意地と酒の勢いで(笑)豆腐の昆布締め、焼きパプリカ、ナスとオクラ糠漬け、鶏肉のモロヘイヤソース。
私が持って来たのはブロッコリのサラダにラタトゥイユ、カブとキュウリの糠漬け。
美味しかったけど大量に残り、豆腐とナスとパプリカはもらって帰った。

結局花火はずっと雲の中で破裂していて、ほぼ見所も無いままに終了。
これはスポンサーも悲しいわ。海岸に行った人たちもガッカリだろうな…もったいない。
自然が相手だし、予報では雷雨なんて話もあったので、まあ、仕方ないけれどね。
我々は文字通り高みの見物なので、食事とお喋りに重点を置いて楽しく過ごさせてもらった。
ビールが空いて、R太の家の純米酒をいただきつつダラダラ話し込んでいたら、けっこうな時間になっていて、慌てて後片付けをしつつ「スイカ忘れてたっ!」。
片付けながらスイカを一切れいただき、赤くなった顔にコンパクトをなすり付け、着崩れを直して、スイカもタッパーに入れて持ち帰り。
R太はバス停まで見送りに来てくれて(いつもだけど)、最終バスに乗る。
少し体調が良さそうで良かった。

この時間は電車の便が少なくて、乗り換えに手間取り遅くなった。
まだ浴衣姿の人がいっぱい。白地が一枚欲しいと思ってたけど、今日見た中で素敵だったのは生成りに幾何学模様のモダンな柄。ああいうのもいいな。
最寄駅の一駅前で電車が止まってしまい、待ち時間が15分、隣駅から家まで歩いても20分(通常の歩幅で)。
少し悩んで歩いて帰った。
まだ暑く、今日は風も無いので汗かいて、午前0時頃無事帰宅。
浴衣を脱ぎ散らかしシャワーを浴びて、髪を乾かして布団を敷いて…と思ったら、敷布団だけ広げて朝まで眠ってしまった。

せっかくなんで一応花火写真残しておこうか。
画像

月が綺麗でした(泣)

ああ、仕事進めなくては、と思いつつ、明日に疲れは残りそう。
記事へトラックバック / コメント


アルバの腹筋

2017/07/08 23:35
録画しといた『イントゥ・ザ・ブルー』見てて、ジェシカ・アルバちゃんの腹筋に衝撃を受けた。
画像

…いえね、凄いのは腹筋だけじゃないんだが。

映画は、ストーリーは単純(ビキニのアルバちゃんが出てこない終盤ちょっと退屈)だが、アルバちゃんが可愛く美しく(潜りもうまい)、舞台は青いカリブ海!と、最高。
ダイビングが恋しくなった。

で、脳内で並べて比較するのも悲しい話だが、今日は久々に筋トレに行って来た。
土曜早仕舞いなのでプールはお休みしてジムだけ。
腹には付かない体型だったのに中年過ぎると無残なモノで、ちょっと油断するとドスコイな人になってしまう(今も)。
もう一年半前になってしまうけど、ギックリ腰やってから怖くてなかなか動き出せず、そうしてるうちに色々弱ってしまったのか、このところ疲れやすくて疲れが取れにくく、要するにずっと疲れてる
今回の帯状疱疹目玉出血も、もう自分の身体がボロ雑巾になったような気がして相当に落ち込んだ。

仕事が終わって10日間、ほぼ寝て過ごした。
そろそろ、鍛え直しにかかってもいい頃だと思うんだけど?
とは言え正直、昨夜無事ゴーグル着けて泳いだものの、まだちょっと目玉出血が怖い部分もある。
しばらく水泳は控えめにして、ジムとスタジオを少し増やして行こうかな。

と、いうワケで、アルバちゃんはヒップも凄いのであった。
画像

記事へトラックバック / コメント


牡丹続報

2017/05/01 13:18
先日見に行った牡丹、せっかく見頃の黄色が全然撮れていなくて残念だったので、もう一度行ってみた。
なにせ、自宅からなら徒歩5分♪
家賃払いに行く信用金庫はお寺と同じ方角なので、ついでに思い立ったというのもありますが。

画像

さすがに黄色以外の牡丹はもう終わり、と思ったけど、チラホラ残ってはいた。
散る寸前まで美しいです。
八重桜もすっかり普通の木になってた。藤はまだ残ってたけど。

で、黄色い牡丹ですが。
画像画像画像
先日はちょっと蕾が目立ったけど、今日は見事に満開!
…可愛いし珍しいらしいんだけど、黄色は牡丹としてはちょっと迫力に欠ける、かな?
小振りなせいもあり形も単純で、牡丹特有の妖艶さは無いような。
それでも、これだけいっぱい咲いてると見応えはあるし、他の色の牡丹が無かったら十分に華やかな部類の花なんだけど。

帰り道、ちょっと遠回りして、去年も感嘆したモッコウバラ屋敷へ。
画像

いや〜今年も凄い。
この凄さが伝わるといいんだが、こんな写真一枚では無理なのよ。残念!
モッコウバラは黄色が多いけど、ここのは白。白だけが何故か、とても香りが強い。
だから香りも含め、写真では伝えようが無いわ。

もう一軒、近所にあるのが藤屋敷。
画像

ここも道を歩いてて角を曲がると、ふわぁ〜んと藤の香りが漂って来る。
全体像はもっと凄いんだけど、他人様のお宅だしね…やはり写真では凄さが伝わらなくて、残念。


以前見たドラマで、「お婆ちゃんは花の写真を撮るのが大好き」みたいな事を言ってて、「自分に花が無いから」と婆さん達に言わせてたけど、うん、私もその点では婆さんだわ、と思ったり。
人の写真撮るのは好きじゃないけど、花の写真は好き。
画像
記事へトラックバック / コメント


牡丹

2017/04/27 12:55
母がデイケアサービスで、近所のお寺に牡丹を見に連れて行ってもらい、綺麗だったと喜んでいる。
このお寺、私の部屋からだと徒歩5分。
去年も母と行ったと思うんだが、その頃はMacが潰れていて記録が無かったけど、※一昨年も行ってた。
去年も時期が遅くて散り出していて、開花の遅い黄色だけが見頃だったので、「来年こそは早めに見に来るぞ」と心に誓ったものだったが。
すっかり忘れて、今年もまた出遅れた。
牡丹って、初夏に咲くイメージだったんだけど、実際は桜が散ったらすぐなのね。
今年こそ肝に命じて、来年は早めから様子見に行こう。なんてね。
まあ今年も締め切り前だったし、駅やスポーツクラブと反対方向だからね…でも来年こそは。

とは言え、まだまだ十分綺麗だった。
画像画像画像
盛りを過ぎたと言ってもこの状態。団体でも綺麗。
画像画像
このお寺はとにかく牡丹だらけなんだが、そう広くない敷地に藤や八重桜も満開で、今年は八重桜を諦めかけていたので嬉しかった。
画像

以前住んでた街では生活圏内に八重桜の並木があったんだけど、この辺りではあまり見掛けなくてな。

一時期は歩くのを嫌がった母だけど、近頃はまたよく歩くようになってる気がする。
今日も往きは30分近くの道程を機嫌良く歩いた。
気候が良く、あちこちに花が咲いてるせいかもしれないけど。

画像

あまりに花が大きいので比較のために手を入れてみました。

お寺をぐるりと回って牡丹を堪能し、山門を出た所に母の知り合いの薬局があって、母がちょっとご挨拶に、と言うので行ってみた。
白衣姿のお友達は母と同世代だそうだが、お元気そうで、未だ現役というのが凄い。
デジカメを持ち出して、母の写真を撮ると言うので、二人並んだところを私がシャッターを押した。

画像

この花は肉眼だともっと黒く見えたんだけど、写真に撮ったら綺麗な紅になってしまって、ちょっと残念。

帰りはバスに乗って、座った途端に眠気が来て、実家に着いても眠くてたまらず、早々に引き上げて夕方から就寝、翌日は1日寝てしまった。
原稿完成から1週間経つのに、まだ疲れが抜けないのか、そもそも体力的にダメなのか…???




※一昨年の最後の一行、「スーパーでブチ切れた」と。
思えばこれが、母が怪しくなった第一歩だったんだが、当時はそんな事は思いもせず単純に怒りをぶちまけてしまった。酷い事をした。
記事へトラックバック / コメント


TVドラマ3本

2017/04/19 15:05
このところペン入れしながら、録画した特番ドラマを立て続けに3本見た。
たまたまなのか、みな戦後辺りの時代がかかってる話で、なんとなくまとめて感想を。

『人間の証明』『女の勲章』…あれ???
もう1本が思い出せない…。

………………………………………………………………

あ、『破獄』だ。
一番見応えあったのを忘れるとは。


人間の証明
昔懐かし、でつい観てしまったけど………あーあ、こうなっちゃいますか。
原作も読み、カドカワ版の映画も昔見た。正直特別好きでもないし傑作とも思わないけど、それでもね。
随分と"端折って"しまったなぁと。
個人的に藤原竜也がダメなのもあってか、全体的に薄くて軽い印象で、「必死で築き上げた地位を守るために息子を殺す」という情念みたいなモノが上滑りして見えた。時代感覚も希薄で現代版みたいだったし。
内容はともかく、取っ替え引っ替えの豪華衣装の鈴木京香様がとにかく美しくて、時間の無駄にはなりませんでしたが。

破獄
私実は、"役者・たけし"好きなんだよね。
最初にこの人に注目したのが『戦場のメリークリスマス』だった。
台詞は聞き取りにくいし、そんなに表情が豊かというでもないし、もちろん外見だけで合格という容姿でもないんだけど。なんか好き。
そして山田孝之はもう、安定。濃い顔嫌いなんだけど(笑)いつどんな役を見てもサマになってて凄いなと。
脱獄の数々も面白かったし、看守と脱獄犯の関係性も見応えがあった。最後ちょっと泣けた。
山田君は極寒の北海道ロケで手指の感覚が無くなったと聞いたが、それらしきシーンは臨場感タップリ。
テレ東も山田君も本気過ぎる。映画にしても良いような重厚な内容で、もったいないからまた放映してください。

女の勲章
山崎豊子原作と聞くと気になってしまって(原作未読ですが)見てみましたが。
つい先日、近い時代の京香様に感嘆したばかりだったせいもあり、松嶋菜々子って"お多福顔"だよねって。"おかめ"とも言う。
美人ではないと思うんだけどなぁ。背が高くて目立つのと、いつもツンツンした態度が大女優っぽいのかしらね。キンキン声も嫌い。
デザイナーという事で派手な衣装を取っ替え引っ替え、というところも先日の京香様と同様だったんだが、クラシカルな帽子やらツートンカラーのスーツやらが微妙にギャグだった。
他の女優さんも皆小粒な印象で、誰一人"昭和感"を感じない。
でも木南ちゃんは芝居は良かった。真珠の話の時なんかゾクゾクっとしたわ。
玉木さんも頑張ってたし、本当に"色悪"がサマになる人なんだけど、うーん。食い足りない。
最後に泣くのがグッと来ないとダメだと思うんだけど。考えると哀しい男、描き甲斐のあるキャラクターだと思うんだけど。脚本のせいもありますが。
原作読んでないので何とも言えないが、山崎豊子にしては内容が薄いと言うか、平たく言って面白くなかった。


と、言うワケで、総括すると「鈴木京香様は美しい」に尽きる、でした。
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
お花見2
お花見2 近所の古刹、山道が素晴らしい桜並木で、ちらほら開き出した頃から通行人が皆足を止めて写真撮っていた程なんだが、昨年同様近所のS子さんとお花見ランチに行こうと思ったら、朝から生憎の雨で中止になった。 でも午後には雨が上がったので、仕事を抜けて一人で行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/08 06:35
恒例お花見
恒例お花見 毎年恒例になってる津田山霊園でのお花見、今年も行って来た。 例年通り、先輩のNさんHさんと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 20:32
桜いよいよ
桜いよいよ 実家近くのジンダイアケボノの並木、もう満開! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/06 22:33
1日遅れのスーパームーン♪
1日遅れのスーパームーン♪ 昨夜は生憎の悪天候で、話題の"スーパームーン"が殆ど見られなかった(ほんのちょっと、雲の切れ間から顔を覗かせたけれど)。 今日は一転、朝から上天気。 夜、バイトが終わりプールに寄った帰り道、頭上に煌々と輝く月が見えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/15 21:08

トップへ | みんなの「美しい」ブログ

みかわん控え室 美しいのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる