アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「脳内ダーリン」のブログ記事

みんなの「脳内ダーリン」ブログ


今年もツアー始まった

2018/03/31 23:33
熱出したり仕事したり胃腸炎やったりで、すっかり遅くなってしまいましたが。
今年もやってきました、及川さんのワンマンショーツアー
ツアー初日の市川市文化会館初めて行くホールだけど、こぢんまりと綺麗な所でした。
席は一階上手側の真ん中へん。ちょっと端っこだけど近くて見易い席。

今年のツアーのコンセプトが『和モダン』で、ツアータイトルが『BEAT & ROSES』、テーマカラーは『赤&黒』。
開幕と同時にダークな雰囲気の和風のセットに「劇団☆新感線!?」、いつもの開幕曲が聞こえて来るかと思った(笑)。
ツアー自体の初回なので、全体の印象としては、まだちょっとシックリ来てないかな?という印象。
曲の繋ぎとか順番とか、少しは変えていくと思うけど。
衣装も予想通りの黒&赤で、学ランみたいでかっこよかったんだけど…うん。私はどっちかと言うと、ピンクとか白とかキラキラフリフリの方が好きかな。それは全体的なセットとかも。
あと、せっかく最新アルバム(ご免、買ってないけど)でリメイクした曲が、え?やらないの???
なぜやらないんだろう。ボンヤリしてて記憶が飛んじゃったのかと思ったけど、今だ(これ書いてる時点で5公演終了)にリストに加わってないみたい。なんで?あれ楽しみだったのに。
今年は「ロック」で行くよ、という話だったけど、言うほどロック?って言うかロック???
バラード入れたいのはわかるけど、その曲?とか、色々うーん。
一番印象に残ったのが、コーラスりえさんの花魁姿での『六本木心中』だったとは…orz
で、今回終演が早く感じたのは、物足りなかったんだと思うの。
まだ行く予定なんで、次どんな風に発展してるか、楽しみですわ。

『和モダン』で『赤&黒』と、いう事で、ワンマン参加初の着物、おバカな着崩し方で行って来ました。
着物だと暑いし動きも制限されるので今まで避けてたんだけどね、今回は着ましたよ。
画像
…太って見える…いや、太っている
帯は浴衣用の半幅なので結びは文庫を小さ目に。
余り物のビーズ繋いでチョーカーと、手袋は古い網タイツを切って(笑)。あとは手持ち品で賄う。
恥ずかしいので雨コート羽織って、会場のトイレでアクセ類を付け髪も下ろす。なにやってんだ(笑)。

客層、初日というのもあって、意外と赤黒は少な目、地味な普段着風が多かった気がする(ので、ちょっときまり悪くて…あはははは)。
しかし、びっくり。
なんと、お隣の席の人が和服だった!!
…それもグレー系の渋いのをキチンと正統派に着付けて、髪も綺麗に結い上げて、何よりスッとした和風美人さん。
席に向かう途中、あそこか!?と思って気まずかった(笑)こんなヤクザな着こなしで。
私が席に着くと、あちらから声を掛けてくれて、「なんか友達みたいですね」。きゃーいい人ー好き〜嬉しい。
彼女は別にコスプレ意図は無く、「着替えに戻る暇が無かった」そうですが。
開演して席を立ったら背が高い!座ってると私と変わらないのに。モデルかっ!
実は用意した網タイツ手袋、恥ずかしくて着けられずバッグで待機となってしまいました(赤面)。
終演と同時に顔見合わせて、暑かったね、みたいな会話をしてお別れしました。

ホールを出てロビーを抜けるところで、なんだか妙に混雑している。
前に並んだ二人組が「運営がなってない」「こんな会場無いよ」と愚痴り合っていたのが急にピタリと止んだと思ったら、出口ゲートでオールブランプレミアムのサンプル品を配っていた(爆笑)。
画像
ケロッグさんありがとう、ご馳走様でした。

汗かいちゃったしクールダウン兼ねて出待ち。
行きがけに買ったカロリーメイトを齧りながら列の最後尾に立つ。
髪はまとめてアクセも取った。
“インスタ映え”狙ってポーズや配置決めであーでもないこーでもないと通路でバタバタしてる数人。こんな所にもこういうのいるんだ、とビックリ。
しかし前に何人いようとも、皆さんちゃんと屈んで後ろの列にも見せてくれるのが素晴らしい。

お見送りを終えて、雨コート羽織って帰り、明日も早いんだけど白ワイン飲んで寝ました。






記事へトラックバック / コメント


相棒映画

2018/03/21 23:06
相棒劇場版W』やってたので録画して見た。

…つまんね…。

って言うかもう、あの被害妄想的な左寄り表現がね。
そしてテロリストを擁護するあの姿勢。
加えて主演の小さいおっさん、叫んだり走ったり横っ飛びしたりするたびに笑ってしまうんですが私。ファンは本当にあれでいいのか???

太田愛さんは神戸尊を盛り立ててくれた恩人だと思っているし、それ以前にあの番組があったから今があるのは重々承知しているが。
テロリストの心情になんか寄り添いたく無いよ。
太田さんの脚本はウェット過ぎて、実はあまり好きになれない。
いや神戸くんを活躍させてくれるのはありがたいし、今回も出番少ない割に印象的でチャーミングだったとは思いますよ。
決して脚本家の独断ではない事も予想は付くけれど。

反町隆史、北村一輝、及川光博と目の保養が揃っても、この内容では残念無念。
『V』よりはマシだったけど、目の保養分。

そのうちHPの映画感想で書くと思うけど、ちょっと覚書。






記事へトラックバック / コメント


プラド美術館展and more

2018/03/01 23:25
仕事が終わってゆっくり休んで、今日は上野の国立西洋美術館へ行って来た。
画像

主目的は特別展『日本スペイン外交関係樹立150周年記念 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光』だったけど、その他色々楽しかったです。

夜中大雨で予報も雨だったのに、朝になったら晴れていた。
嬉しい反面、実は夜中からクシャミが出てて、これは…と思ったら案の定、花粉飛びまくり
お昼過ぎに到着、空いてる…。まずはロビーで概要動画を鑑賞。
プラドの名画の数々はもちろんだけど、今回はもう一つ、お目当が。

ミッチーさん公式プレゼンターという事で、PR動画が7週間前から毎週1本公開されて(追加があと3本出るらしい)、現場の音声ガイドもなさるという。
7本のPR動画はこちら。
音声ガイドなんて大昔一度だけ使ってみて以来なんだけど、今回は出しましたよ550円(笑)。
ちょっと不安だったけど入り口で丁寧に使い方を説明してくれて、受付女性がなんと耳に掛けてくれた!

ラテン好きなもので(笑)マドリッドも昔行ったはずで、そうしたら絶対プラドは行ってるはずなんだけど、あまり記憶に無い…だって大昔だし。
実際に絵画を見ても記憶は蘇らず。
正直そんなに好きなジャンルじゃなかったと言うか、目玉のベラスケスにしてもラス・メニーナス来てないじゃん、とか、まあポスターにもなってる王太子バルタサール・カルロス君も可愛いけども。
てな事を思いつつ見てたんだけど、うん、それなりに圧倒されました。
まずね、絵がデカい
幸い空いてたので遠くから近くからじっくり好きなだけ見られて面白かった。
ベラスケス、間近で見ると案外大味で、でも表情とかね、とても良い。王太子も可愛いけど、倭人とか爺さん哲学者とか、顎のシャクレた王様とか。目が語ってると言いますか。
画像

ティッツィアーノとかヴァン・ダイクなんかも好きなんだけど、表情の良さではベラスケス。一押しの理由が分かった気がする。
意外とブリューゲル父なんかも良かったしルーベンスも見られたし、一人でゆっくりノンビリ見て回って、ソファに3回くらい座って休みながらデカい絵を眺めて、なかなか良い時間でした。

音声ガイドは…えーと、他を知らないので比べようがなくて、うん?こんなモンなの?というくらい、解説される作品数が少ない。こんなモンなの?
そして肝心の解説の大部分は女性アナウンサーが喋ってて、こんなモンなの???
と、期待し過ぎたせいか(笑)首を傾げてしまったけれど、当時の音楽を聴けたり、耳で解説を聞きながら同時進行で絵を見られるのはいいな、とは思った。
音声ガイドもだけど展示にも解説があまり付いていなくて、ソファに置いてある図録見本を見たらかなり詳しい解説が載ってた。
解説書いたんなら展示してくれたらいいのに…と思ったんですけどどうでしょう。


13時頃に入場して、出て来たのが15時半過ぎ。
閉館は17:30、企画展のチケットで常設展も見られるのだが、まあザッと見ようと中に入る。
だいたい見たものばかり、と思ったら、モネの新しい絵が数点あったり、今までこんなのあった?という指輪のコレクションなんてのもあった。
橋本貫志って誰やねんという。
すごいです。物は小さい(指輪だからね)けど、見応えあった!

そして大好きなモローの小さい絵にご挨拶をして、出口どこ?と思ったら新刊で版画展をやっている。
マーグ画廊と20世紀の画家たち―美術雑誌「デリエール・ル・ミロワール」を中心に
えーちょっと、シャガール、ミロ、カンディンスキー!色とりどりのリトグラフ。
スペースはそんなに広くないけど、これは儲けモンだったわー。
常設展の料金500円で見られるそうなので、ちょっとオススメかも。

一回りしてまだ閉館まで少し時間があったので、出口付近のディスプレイで流してる常設展時の解説ビデオ(かなり面白い)を眺めながら柔らかいソファにめり込んで過ごす。
少し眠りました(笑)。


プラド美術館展、一般1600円 5/27まで。(6/13~兵庫展があるそうです)
マーグ画廊のリトグラフも5/27まで展示。











記事へトラックバック / コメント


今更ですが秋ドラマ。

2018/02/01 01:01
書こう書こうと思ってなかなか書けなかったけど、昨年末のドラマについて、ちょっと。

まずは以前も書いたけどもうちょっと、『明日の約束』について。
録画を編集して円盤に焼きましたよ。
嫌いじゃないんだけど彼氏役の工藤君、ほぼバッサリ。嫌じゃないし熱演だったけど、だって彼氏パート面白くないんだもん。
日向さんと母親のシーンも、初めの頃は残したけど、中盤からほぼ繰り返しなので切った。
何かのインタビューでミッチーさん、「もうこういう(善玉と見せ掛けて悪玉)役は当分できないだろうな」みたいな事を言ってて、安堵した、こういうバランス感覚と言うか聡明さが好きだ。
悪い出来ではなかったと思うし、こういうドラマがあってもいいとは思う。
ただちょっと冗長に過ぎた印象が残念だった。

面白かったのは『刑事ゆがみ
もうね、浅野忠信と神木隆之介のコンビが最高!
いっぱい笑ってハラハラして、時々ホロリ。
二人とも大好きになったし、稲森いずみ・山本美月の女性陣も好感度上昇。
続編やってほしいなぁ。劇場版でも観に行きそうな勢いで好き。

あと、全然話題にならなかったようだけど『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます〜』
けっこう楽しみで毎回見てた。
あまり盛り上がりはしなかったけど、あの空気感は好き。
沢村一輝(かっこいいよね?セクスィー部長だけど)も良かったし、絶妙な気持ち悪さの和久井映見も秀逸だった。オトコマエな片瀬那奈姐さんとイケメンなのに滑りまくりの要潤も毎回楽しみだった。
恋愛に比重が行き過ぎないところも好みだったし。

そして、今更ですが『ドクターX』。
もういいや、と思いつつ、暇だと見てしまう、という。
こういうのが高視聴率になるのは分かる気がする。
でもこのシリーズの一番の勝因は、米倉涼子の素晴らしいスタイルを存分に生かし切った事と、岸部一徳様の怪演に他ならないと思っている。
でも最終回見逃してしまった。あまり気にならない(笑)。


番外。
再放送で『救命病棟24時』やってて、確か第二部だと思うんだけど。
個人的に松嶋菜々子が好きになれないので、私はこのシーズンが一番好きかも。
しかしこの頃の江口進藤先生のかっこいい事ったらまあ。
今も江口っちゃんはかっこいいけど、この当時は格別。役補正ももちろん、進藤先生は本当に素敵。
他にも谷原章介や伊藤英明、まあ綺麗、可愛い。思えばけっこう老けたのね。
対して女性陣、松雪さんも木村多江さんも、田畑智子、須藤理彩。殆ど印象が変わらないから女優は凄い!
でも小日向さんは、あまり変わらないような。渡辺いっけいさんもかな。
看護婦(当時の名称ね)須藤理彩が好き。あれ進藤先生のこと好きだったよね…きゅんきゅん。

医療物って基本面白いと言うか、引き込まれるようにできてると思うのよ。
人の生き死にを扱うんだもの。
A LIFE』って今更ながら、本当につまらなかったんだなと。


追記:と、書きかけて保存してたら『救命病棟』再放送終わって次のシーズンが始まった。
第3部かな?首都圏大地震のやつ。
…2回くらいで視聴やめたヤツだ…見てみようかと思ったけど、今回も続かなそう。


追記:『救命24』、小栗旬が出てたのね!可愛い!色白い!びっくり。











記事へトラックバック / コメント


明日の約束

2017/12/19 23:00
明日の約束』最終回を迎えました。

ん〜〜〜〜〜〜〜。

どうなんだろう。
正直、面白くはなかった。
視聴率が今季ワースト1というのはいささか厳しいが、理解できなくもない。
初回で感じた真面目な造りが、持続しなかった印象で、とても残念だ。
視聴率取れなくて焦ったのかも知れず、脚本家がネットで愚痴ってるとかの情報も入って来て、こりゃダメだなと。
(『信長のシェフ』の原作者もそうだったけど、作家は基本、ネットで愚痴とかダメだよね。視聴意欲が削がれる事はあっても盛り上がる事は無い)

でもってね。
ヒロイン…何かずっと、何かに似てると引っかかってたんだけど、若い頃は「可愛いブルドッグ」と思っていたんだが、もっとこう、ヒトから遠い…。
と、思っていたら、某動物番組で放映になった!
チンアナゴ
画像
( 画像はネット上から拝借しました)

毒母役の仲間・手塚両女優は好演だったし、生徒達も皆、演技・ビジュアル共にとても良かった。妹や暴行犯の娘も。先生達も、ゲス記者も。
そして霧島先生………良かった、けど。
もういい加減、こういう役はいいかなって。
いや、期待に応えたのでしょうし、似合うのは分かるんだけどね。
なんか無理矢理感と言うか、多くの人が期待する役回り、と言う事は、一般に想定内、という事で。
どうせならもっと、複雑な人格を掘り下げてくれたら良かったけど、中途半端だったし。
意地でも反省しない辺り好きだけどね(笑)そのくせゲス記者を誰よりも睨んでたりして。

個人的には、第一話の流れのように、縦糸に自殺問題を引っ張りつつ、毎回学校での生徒の(ささやかでも)問題を解決していく、というのなら楽しく見やすかったかな。
好演の若い人達の活躍ももっと見たかったし。
“毒親”描写は反響はあったかもしれないが、私のように「親なんてそんなモンよ」と思う者にとっては不快な繰り返しに過ぎず、退屈だった。手塚さんが悪い訳では全く無いんだけど。
でも一番大きかったのは、チンアナゴちゃんが終始暗い顔で、いちいち言い淀むような台詞回しも鼻に付くし、恋人といても楽しそうに見えず、嫌そうな顔が本気で嫌そうで、生徒に慕われるカウンセラーにはとても見えなかった事。
大らかに仕事をこなし生活しつつ、暗い部分にも向き合うから、人は美しいのだと思うんだけど。

そして全く個人的には、退職の挨拶を終えた霧島先生に、何も知らない生徒達が(人気があったそうなので)寄せ書きとか花束とか贈ったりして、その複雑な顔が見たかったな。


なんだかんだ、毎週お顔が見られるのは幸せです。
またドラマ出てね。





記事へトラックバック / コメント


FNS歌謡祭

2017/12/06 22:25
今更ですが覚書に。

いやぁ。
宝塚の男役さん達とジュリーの『勝手にしやがれ』。
分からなくはないけど…概ね好評だったようで胸を撫で下ろしたけれど。

うん。
私、苦手なのよ、タカラヅカ。
だって化粧が怖いじゃん?
まあ雰囲気近いのは分かるし、ヅカヲタさん達も多くは「OGみたい!」とか言ってウケてくれたようなので良かったんだけど。
歌…けっこう酷かったような。
キイが絶望的に合ってなくて、特にヅカのトップさんはオクターブ上げてまた下げたりして、ファンは泣いてるだろう思ったら全然気にしてなさそうでビックリ。
他の人と歌う企画だと、だいたい「ハモりいいな〜」と思うんだけど、そんな場面も全く無かった。
ターンとウィンクで手一杯だったか(笑)それはそれでアピールポイントなので、よろしいのですが。

個人的には、(昨年も思ったけど)ジュリー合わないって。
ジュリー意外と声低いのよ。私もカラオケで歌うとヅカの人みたいになるもん。
それに、華やかな衣装や中性的イメージが近いと言う事なんだろうけど、ジュリーは「王子を装ったワル」だから。ミッチーさんは「悪ぶってもお坊っちゃま」で正反対、本質が違い過ぎる。

次の機会があるのなら、こういうんじゃないのがいいなぁ…。

記事へトラックバック / コメント


お誕生会

2017/10/24 23:16
仕事の途中だというのに抜け出して、及川ミッチーさんのお誕生祝い上映会に行く。
…いえね、本当はもっと余裕ある進行にする気でいたのよ。本当なのよ。

隙あらば着たいので(笑)着物を着て行く。
画像

お気に入りの伯母さんの、多分紬?よく分からない。渋いけど華やかでいいのよ。
帰ってから見たら裾の裏地がかなり擦り切れてて、これも張り替えなくては…R太にもらったのがあったはず、裾裏地。
あとやっぱり、ちょっと袖が短いなぁ…幅出しできるかな?

しかしまあ、仕事抜け出すとかってロクな事は無いやね。
2、3日泳ぎに行けなかったせいで歩き出したら足が攣りそうだし、時間読み違えててギリギリで焦ってたらホームでコケそうになって見知らぬ人に支えてもらっちゃうし、急いで着いた会場が暑くて扇子で扇いでたら隣の人に「やめて」と叱られるし…(大汗)。
駅のホームは特に、後から思い出したら電車が停車中で黄色い線の上だった。
マジ死んでたかも…と、ゾッとした。
しかしああいう時、咄嗟に身体が動く人って凄いな。命の恩人だわ。
小豆色のダウンベストのお兄さん、ありがとうございました。

司会進行はお馴染み中山正敏さん。
この人本当に凄くて、上映後もずっと一人で喋ってて、「皆さんがご退場を終えるまで喋り続けます、好きでやってるんです、最後のお一人まで喋ります」。尊敬するわ。
中山さんのお話を聞いていたかったけど、流れに乗って速やかに退場しました。

今回のイベント、やたら参加資格が厳しくて、必要書類ひとつでも忘れたら入場できない、集合時間に遅れたら入場できない。申し込んで欠席したら次のイベントで選ばれない。
身元確実な人だけの安心な集まりにしたいのでしょうけど、私そういうの本当に苦手で、無事入場できるまで生きた心地がしなかったわ(笑)。
こういうのはもういいかな、と思ったのでした。

お土産持たされた。
画像

麻布の和菓子屋さんの包装紙。コレですね。
名付けて『ファンク・ド・ラ・モード』だそうで。上映のツアータイトルが『ファンク・ア・ラ・モード』。オ○ジギャグ(笑)。  






記事へトラックバック / コメント


『明日の約束』

2017/10/19 16:00
うん、悪くない。
真面目に作ってそうな第一回だった。

あと今期は『刑事ゆがみ』かな。


追記:『ゆがみ』2話見たけど、1話が痴漢冤罪、2話はレイプ冤罪&未成年者淫行未遂……この路線だと付き合い切れないかも。
浅野さんも神木君もいい感じなので残念。
記事へトラックバック / コメント


服装まとめ。

2017/07/15 20:55
今年のミッチーさん公演『FUNK A LA MODE』、5月半ばから7月半ばまで合計3回、ほぼ自作の服だったので残しておきます。
今回のテーマカラーは「ゴールド&ロイヤルブルー』だったので、手持ちの金色を総動員。


左からカナケン公演、フォーラム公演、下北沢ライヴ。
画像画像画像

カナケンのスカートは昔(学生時代だよ!)友人の結婚披露宴に着て行くために買ったバブリー丸出しデザインのワンピースをリメイク。一応金糸が入ってる。
Tシャツも金ラメだけど金色感が寂しいので、これまた昔友人にもらった金ラメの編み糸で網目スカーフをかぎ針で編んだ。暑くなって後半は外す。
靴は臙脂のバレエシューズタイプで豆を作った

フォーラムは、やはり大昔バリ島で買ったサロン(腰布)で作った鳳凰柄のワンピース。
で、やはり金感が足りないと、先日のスカーフを解いてロンググローブ…と言うか手甲だな、指と掌側は無いの。
フォーマルでロンググローブって憧れだったんだけど、動くとズルズル落ちて来て弛んでしまい、ああゴム入れておくんだったと悔やんだわ(笑)。
足元は茶色の革サンダル。

で、下北は、スタンディングのライヴハウスだったんで、極力身軽に。
…ハイ、スカート。カナケンのを縫い直しました。細身にして丈を伸ばした。
 同じキンラメシャツでと思ったけど、ロイヤルブルーの絹のタンクトップがあった!
それに、昔ハギレで縫った半袖カーディガンを羽織る。
金ラメ入りなんだけど、裁縫箱に入ってた金リボンを襟元に縫い付けて。ボタンも金です♪

実は前夜までサンドレスを作ってて、それで行く気でいたんだけど、どうにも気に入らなくて。
画像

生地が厚手でシャリッとしてるので、脇とか擦れそうだったのよ。太って見えるし。汗もあまり吸いそうにない。 
当日起きてから急に思い立って、ウエストからジョキジョキ、タンクトップもそれから決めた。
正解でした。本当に暑かったからね。
スカーフ→グローブと使い回した金糸は、また何かできないかと解いてあって、色々考えたけど結局使わなかった。

近頃はお裁縫もあまりやる気が起きなくて、もっぱら繕い物とかで休日が終わってしまうんだが、考えてみたらお出掛け回数が減っているんだわ。
着物もなかなか着るチャンスが無くて…少し生活を考えなくては。
記事へトラックバック / コメント


木曜どうでSHOW☆

2017/07/13 23:51
ミッチーさん下北沢で緊急限定ライヴ開催。
行って来た、というより行かせていただきました、当選率20%だったそうで。

小松の公演で「今回ツアー楽しい」「足りない」「ライヴハウスでやっちゃう?」なんて話した、という噂は聞いていたけど、その半月後に本当にやってしまうとは!
実はコッソリ下準備してたのでは、なんて勘ぐりもしましたが、どうやらガチらしい。
すごい!そんな事本当に出来るんだ。
しかもほぼフルメンバー(ダンサーさん二人がいないのはステージの狭さが主理由だと思うし、"執事さん"はいなかったけどご本人は裏方仕事してらした)。
何が驚いたって、限定グッズが販売された事。
ロングタオルと手首サポーター…裏方さん倒れてないだろうか???

小松が6/27。開催発表されたのが翌々日6/29の夜。7/3正午まで参加者募集、当日中に当落通知、翌日中にチケ代振込。
私は今年は見納めのはずで名残惜しく思ってたので、喜び勇んで応募したけど、急だし平日だし、そんなに希望者はいないかなと思っていたんだけど。
通常と違う手順の上「期日までに入金の無かった方は今後イベントや先行予約等お申し込みをお断りする場合がございます」みたいな注意書きがあって緊張した。
当日は整理番号が300番近かった(定員400)のでのんびり出掛けた。
散々悩んだ末、荷物は預けず小さめのショルダーバッグ。ワンドリンクの水(500ml)をもらったらバッグの口が閉まらない(笑)。足元はスニーカー。
下北沢GARDENは駅至近。暑い日で、入場待ちの地下室は物凄い熱気で息苦しく、風通しの良い外に出て本を読みつつ頃合いを待つ。
好んで後ろに立つ人も意外に多くて、ちょうど真ん中辺のどセンター位置に立てた。
一人参加だと、ここから開演までが1時間以上薄暗い中で立ちっ放し、本も読めないから退屈で。しかも会場内、始まる前から物凄く暑い
ステージは低くて客席に傾斜も無いので心配だったが、けっこう良く見えた、ってか、近い!

駆け付けた400人はガチのファンばかり、さすがの熱気。
客同士の距離もギチギチに近いので文字通り肌に伝わって来る熱さ。
ミッチーさん登場時の歓声がすでに「キャー」ではなく「ウヲォオ〜!!」と力強い。
あの狭いステージにホーン隊まで入るとは。ドラムの”師匠”が「近すぎてうるさい」と言っていたけど、さもありなん。
最初からりえさんも物凄いテンションで踊りまくり。この人本当に40代半ばなのか…間近で見ても信じ難い。
曲はほぼ、ツアーと同じ流れだったが、ダンサーがいないせいもあって降りはかなりアバウト。通常ギター持つ曲も今日は持たず、ヘンなダンスがいっぱい見られた(笑)。
舞台の上も下も終始ハイテンションで、バラード以外はほぼずっとゲラゲラ笑ってたような。
MCが短かった分、2時間半と短めで、アッという間だったけど濃い〜ステージでした。

グッズの手首サポーター。
始まってすぐくらいのMCで『拭ける手首』なんて言ってて(本公演では『光る手首』を売ってる)その場は笑ったが、あまりの発汗量に「欲しかったかも…」と思った中盤。終盤には「サポーターじゃ足りなかった」と思ったが。
もう汗で拍手する掌がペタペタくっ付く始末、途中ペットボトルの水をタオルに染み込ませて拭き拭き。
オールスタンディングで覚悟はして行ったが、右前の人がゴツいバッグを斜め掛けして後ろに回してて当たって痛い…と思ってたら打ち身になってた(笑)右太ももに二箇所、バッグの上の角と下の角。

最後はいつにも増して名残惜しそう(ステージの上も下も)で、ミッチーはBGMに合わせて歌いながらベーシスト君の腕を掴んで引き止めたり歌わせたり。
メンバー皆が退場しても、曲が終わるまで殆どの人が動かず手拍子が続く。
「またこういうのやりたい!」と言ってくれたので、期待してまっせ、本当に!

本日は入り待ち出待ち禁止。街中だから仕方ない。
アンケート用紙をもらったがペンを持参してなくて、一応受付所へ行ってみる。
係の人が持ってたのをお借りしてお礼と賛辞を書き殴り(そういう勢いだったのよ)ノック式の芯を引っ込めて返そうとしたら、ペンのお尻が光ってる。
太めのボールペンだなと思ったらライト機能も付いているヤツだった。思わず「あ、なんか光っちゃった」と言ったらお兄さんは笑って「いいんです、これは」と言ってくれた。

外に出たはいいが、汗だく。
ちょっと電車乗れる姿じゃないんですけど…。
昼間は激暑だった街は、いい感じに涼しい風が吹き、場所は青春の下北沢。
汗が引くまで少し…と、カーディガン(スタンディングで肌出し過ぎると良く無いと聞いて着てた)を脱いで歩き出し、結局三軒茶屋まで歩いてしまった。懐かしかった。
ちょっと脚が棒になった。


ところで。
今日のショーの興奮冷めやらず、ツイで検索して参加の皆様の感想を聞こうと思ったら、話題は『ハガレン』一色。
マスタング問題は一通り済んだと思ったのに実写版の写真が出回って再燃した模様。
もうその話はいいよ…ある種名誉ではあるのでしょうが。
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
国際フォーラム感想
国際フォーラム感想 仕事真っ只中に抜け出して行った、東京国際フォーラムのファンカラ公演。 仕事も終わったので覚え書き、書いておきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/26 22:21
国際フォーラム
国際フォーラム 行って来ました、仕事抜け出して、帯状疱疹(ほぼ終了)もお構いなく。 『FUNK A LA MODE』ツアー東京国際フォーラム公演。 広かった!いい席だった!楽しかった〜! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 23:25
カナケンでファンカラ♪
タイトルわけ分かんない(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/21 11:45
サクラダリセット後編
サクラダリセット後編 誕生日なワケですが。 まあ、毎年変わらず、特になんと言う事も無く迎えました。 しいて言えば赤ワイン空けたくらいかな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/17 23:00
GTM終了
GTM終了 終わってしまいました、『Good time music』。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/29 01:30
A LIFE終了
『A LIFE〜愛しき人〜』終わった。 全10話、録画しつつ完走しましたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/19 22:42
ネーム終了!
昨夜19時頃かな。 ネーム第一稿、完成。 前の晩は結局徹夜になってしまったので、入浴、食事(日本酒含む)して『相棒』の後編見てすぐに寝た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/09 14:02
神戸くん!
短期バイトが終わり、次の締め切りに向けて頑張らねば、という、2月1日。 『相棒』に、神戸君、帰って来ちゃいましたよ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/01 10:30
ラノベか…
ミッチーさんの映画出演が発表になった。 『サクラダリセット』 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/10 16:11

トップへ | みんなの「脳内ダーリン」ブログ

みかわん控え室 脳内ダーリンのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる