アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「プレ介護」のブログ記事

みんなの「プレ介護」ブログ


病院。

2018/02/05 23:24
昨夜姉からメールで「お母さんの薬がなくなるから病院連れてって、診察も受けないと」。
そろそろ本業のネームを進めなくちゃならないが仕方ない。
今回はまだ少し時間に余裕がある(心には無い)ので、どうせなら早めに行く事に。
昨夜のうちに母に電話して今日午前中に行く、実家まで迎えに行くと約束をして、話はそれで決まったと思っていた。
すっかり夜型生活になってるため酷く緊張して眠れぬまま朝を迎えた。
8時に起きればOKと思ったのに7時に携帯が鳴る。げんなり。
母が「やっぱり一人で病院まで行くから病院前で待ち合わせして」
…そもそも一人では心配だから付き添いをしているんですけど。って言うか一人で行くなら私必要?

病院まで直接歩いたら25分程度。タッチの差で母が早く受付に並んでいた。
「今日は多くて49人目です」うげ。
しかし出直す気力も無いので待つしかない。
この病院、待ち時間に外出して5人前に電話で呼んでもらうシステムがあるのだが、周辺に時間を潰せる施設も無いし、寒いし、母はあまり動き回れないし。ほぼ活用できない。
途中、すぐ近くのドラッグストアへ買い物に行くが30分もあればカゴ一杯になってしまう。

結局9時半に受け付けて診察に呼ばれたのは13時半、待つこと4時間。問診4~5分。
また受付で10分程処方箋を待たされて、病院を出たのは14時。
やれやれ、と思い、バス停で別れようと母の買い込んだ荷物を背負って行ったら、バスは25分待ち
寒風吹きすさぶ中ひたすら待つ。タクシーの一台も通りゃしない…。
時間通りにやっと来たバスに荷物を背負わせた母が乗るのを見送って、家に辿り着いた時は15時を回っていた。

とりあえず入浴。
帰り道に寄ったコンビニ弁当を温めながら母に確認電話。
家には無事に着いていたが、案の定「FAXが動かない」。
(姉の勤める薬局に処方箋をFAXしなければならない)…やっぱり。
 動かないんじゃなくて動かせないんだと思うけど。
もう今日じゃなくてもいいよ…。

疲れ切って16時頃布団にバッタリ倒れこみ、目が覚めたら23時。
ちょっと起き出してまた寝たら、次に目覚めたのは正午だった。
睡眠時間が長いのは今に始まった事じゃないが、近頃は酷すぎる。
待合室で少しネーム考えたけどさ…。






記事へトラックバック / コメント


鯛飯。

2018/01/19 19:56
近所のスーパーで、鯛の塩焼きが70%off!で売っていた。
こりゃチャンスとばかり買い取って、実家で鯛飯を炊く。
画像

鯛が大きいので土鍋に入り切らず、頭が切れてしまったのが残念。
炊きあがって骨を外すのに意外と手間取ってしまって、ご飯はアツアツとはいかなかった。
骨とヒレを取って身をほぐし、ミツバと炒りゴマをかけて。

美味しかった、と思うのだけど。
豚汁、春菊胡麻和え、キュウリとモズクの酢の物、キャベツと山芋の糠漬け。
それに、母が焼いていた安寧芋の焼き芋。
母は特に何も言わなかったけれど、2合半を二人で食べてたくさん余った鯛飯を「持って行けば?」とは言わなかったので、気に入った模様(笑)。

鯛は滅多に手が出ないけど、今度秋刀魚ご飯というのもやってみよう。








記事へトラックバック / コメント


母の誕生日

2018/01/14 22:26
母の誕生日なので夕食に軽くお祝いをした。
画像

と、言っても手抜きもいいとこ(笑)
ジムで筋トレ&ランの後、途中のスーパーで買ったちらし寿司に刺身盛り合わせを乗っけて、市販の茶碗蒸しと、豆腐とカイワレの澄し汁。同じくスーパーの棚にあったイチゴタルト。
それと、正月に飲み残した白ワイン。
寿司飯くらい自分で作れば良かったな、と後から反省したけど。
手が痛いのでなるべく使いたく無い、という、サボる言い訳ができてしまったワケで。

昨日「お誕生日にケーキいる?」
と聞いたら、「いらないいらない」と言っていたけど、イチゴタルトを見たらちょっと嬉しそうだった。
やはりお祝い事はやった方がいいよね。
多少大袈裟なくらいでも、いいの。
母は「親族で一番長生きしてる」そうな。

食事が終わった頃、姉からお祝い電話が入る。
一応朝から気にしてたんだと。
明日は一緒に病院へ付き添う予定だそうで、ご苦労様です。

通っているデイサービスでもお誕生会をしてもらったらしく、可愛らしい鉢植え(小菊)と写真を見せてもらった。
お祝いにもらった近所で有名なケーキ屋さんのスイートポテト、お裾分けにもらって来た。
画像

美味しいのよ、ここのミニスイートポテト♪







記事へトラックバック / コメント


どんど焼き

2018/01/13 16:02
今年も恒例、海の公園でどんど焼き
去年はちょっと出遅れて、到着時にはすでに火が点いた後だったので、今年は早めに出て、ちゃんと着火儀式に間に合った。

少し早く着いたので、受付にお飾りを渡して、まずは腹ごしらえ。
いつも売り切れで食べた事のなかった金沢鍋名物“金沢鍋”の行列に並ぶ。
画像

砂浜にたなびく大漁旗が看板替わり?

しかし行列の最後尾にスタッフがいて「カニは終わってしまったのでカニ出汁の野菜スープで100円引きですが」との事。
300円が200円になった金沢鍋は、なるほどカニの風味が効いた味噌仕立てのけんちん汁みたい。大根、人参、白菜…今野菜高いよね。
すごい人出で座る場所が見付けられず、人の行き交う中で立ち食いした。
美味しいし温まったけど、野菜スープだったので、昼食には物足りない。
これも例年、砂浜外で消防団が餅つきをして横のテントで販売するのだが、やはり去年は売り切れて買えなかった。
今年は行列に並んだら、最後尾に「売り切れました」の札を持った人がいて、「まだ大丈夫、そろそろ危ない」。
つきたての餅3個に餡子をまぶしたのを1パック買って、どんど焼きの点火を見物に行く。

波打ち際近くにロープが張られ、3基のどんど焼きが並び、皆の持ち寄ったお飾りが積み上げられている。
観光協会の人やらなにやら挨拶や紹介があって(人垣で姿は殆ど見えず)盛大に石油が撒かれ、順番に着火。
画像

あっという間にお飾りの山が焼け崩れ、立てた竹も燃え落ちてしまった。

灰の降る砂浜を植え込みまで戻って芝生に座り、先ほど買ったお餅を食べる。
ちょっと、美味しくてビックリした。
市販品の切り餅に慣れてしまったけど、ちゃんとお米からついたお餅って本当に美味しいのね。
来年はきなこ餅を食べたいな。
画像

そんなに風は強く無いと思ったけど、どんど焼きに火が入った途端に凄い熱風が巻き上がって、砂浜を横断して植え込みにまで灰が飛んで来る。
公園入り口にズラリと並ぶ消防車が頼もしい。

穏やかに晴れた日で、日向は思った程寒くもなく、しばらく芝生に座ってボンヤリした。
砂浜では凧揚げする人、犬を連れ歩く人、泣き叫ぶ子供(笑)と、様々。
出店を一通り冷やかして、母は焼きそばをお土産に買った。
今日は揉める事なく終わりにできて、一安心。
明日は母の誕生日。







記事へトラックバック / コメント


中華街でランチ新年会

2018/01/12 15:30
大学の先輩NさんHさん(例年のお花見多摩川花火メンバー)と、横浜中華街でランチ新年会。
ここぞとばかり(笑)着物着て行くワケですが。
画像

着物は伯母、羽織と帯は母、半襟と帯締めは漫画家Hさんにいただいた物。ちなみに襦袢は京都のKさんにいただいたモスリンで作った。
皆様本当に、ありがとうございます。
本当はNさんにいただいたピンクの紬を着て行きたかったんだけど、中華…エビチリでもこぼしたら終わり!
と、思い、黒地の着物にしたのでした(笑)。

昼前に元町中華街駅で待ち合わせ、Nさん行きつけのお店へ、お任せで連れて行ってもらう。
二人は飲まないし、今日は夜にも予定アリなので長丁場。私もアルコールはやめておく。
選んだメニューは、干し豆腐サラダ風 牡蠣の野菜炒め 鱈の甘酢餡掛け 揚げビーフン巻きマンゴーソース 野菜餡掛け炒飯。
牡蠣の炒めが美味しかった。餡掛け炒飯は炒飯と言うよりオジヤみたい(笑)。
Nさんは一時期アレルギーで大変そうだったが、かなり回復した様子で元気そう。安心した。
新感線ファンのHさんとは髑髏城の話をして、やはり福士くん(笑)で盛り上がった。

食事を終えて、腹ごなしがてら中華街をプラプラ。
関帝廟をちょっと覗く。
画像

いや〜いつ見ても派手だねぇ。
有料スペースには入らずお賽銭だけ投げて来た。
さらに、関帝廟近くのゴミ収集所に、謎のオブジェ
画像

関帝廟はまだ分かるけど、このセンスには全くついて行けない…(笑)。
他にもパンダグッズ専門店やら怪しげな輸入品屋やら天然石屋さんも覗く。
真っ赤なサンゴを二粒買った。ピアスにするんだ♪

お菓子屋さんが併設しているカフェに入ってお茶。
私はプーアール茶とエッグタルト。軽くて思いの外美味しかった。
Nさんが生姜蜜掛け胡麻団子を一つ食べさせてくれて、これも美味しかった!
3人とも老いた母親がいるので、盛り上がる話題は介護問題。
私なんかまだまだ…と、思う。
けど、正月からの諸々が燻ってて、かなり激烈に愚痴ってしまった。

Hさんが時間切れで、15時過ぎにお開きに。
カフェ併設のお菓子売り場でマーラーカオ(蒸しパン)を母に、自分用に餡子パイを買う。
レジのお姉さんが「お着物、素敵ですね」と言ってくれた。
褒められちゃった♪

途中まで電車も一緒で、じゃあ次はお花見でね、と言って別れた。
こんな風に会ってくれる人がいるのって、本当にありがたい。
さてさて、夜の予定まで、どうやって時間潰しましょうか。(続く










記事へトラックバック / コメント


鏡開き。

2018/01/11 22:20
なんともう、鏡開きですよ。
年明けからダラダラしてるだけなのに早かった…(汗)。
本当なら今頃毎日出勤のはずだったとか信じられない。
…多分、バイト入ってたら無理だった気がする、今の体調だと。

さて、鏡開きのお餅はお汁粉にするのが通例なので、昨夜のうちに小豆を煮てスタンバイ。
小豆は漬け込まなくていいし、2~3回吹きこぼして圧力鍋でシュン!ってやったら出来上がり。
本当は朝食がいいのかもだけど、さすがに母の朝食に間に合うように出掛けるのはしんどいので、お昼前に実家へ持って行く。

仕事場には小さい真空パックの鏡餅を買って飾ったのだが、実家の方は市販の切り餅を加工して作りました。
画像

なぜかと言うとね、母に「お飾りは買った」と聞いて信用して、てっきり鏡餅も用意してあると思っていたら、30日の夜に顔出したら玄関飾りだけしかなくて、鏡餅は?「買ってないの」。
一夜飾りは良く無いと聞くし、もう暗くて寒いしスーパーは遠いし。
切り餅は用意があったので、電子レンジで温めて丸めて、とりあえず飾った、という。
切り餅2個+3個で、ミカンは皮だけ剥いて地球儀の要領で球形に作ってラップでまとめた。

そんなんだから、13日間晒しっ放しの餅はカッチカチ。底辺にはうっすら青カビも生えてた。
「これ今すぐ食べるのは無理だよ、昔(真空パックの無かった頃)は干してアラレにしたり、水に何日も漬け込んでふやかしたりして食べたじゃん」
と、説得を試みるも、
「煮ちゃえば大丈夫じゃない?レンジにかければ柔らかくなるんじゃ?」
とガンとして譲らない。
あー、もう…。
断固拒否するべきだったのだが、細かく砕いて(また手が痛くなる!)フライパンで水と一緒に煮てみた。
美味しくなるワケないっての。
どうしてこうなんだろう。
ほったらかして帰ればよかった。
こうして無駄と知りつつ労力と時間を搾取され続ける私も、もはや病んでいるのだと思う。

結局一部硬いままの餅をお椀に入れて小豆を注ぎ、食べながら硬い部分を吐き出して捨てた。
ああ、もう本当に嫌!!!
今日の分は切り餅もあるのに、どうして数日間干すなり水に漬けるなりできないのか!?
もう本当〜〜〜〜〜〜〜〜に、
イヤーーーーーーーー!!!!!!!!

カチカチの餅と格闘してる間に姉が薬を届けに来て、コーヒー飲んで帰って行った。
お汁粉食べる?と聞いたら「いらない」。
付き合えよ!!!!
ったくもう。

新年からストレス溜まりまくり






記事へトラックバック / コメント


新年から。

2018/01/07 11:07
グダグダです。
本日7日、朝粥食べたけど。
画像

未だスポーツクラブに顔出してない。
今日は行こう…と、思うものの、手首は相変わらず痛くて(むしろ年越しで悪化したかも)泳ぐのは怖いし。

毎年年末年始は三が日まで実家で母と過ごすのだが、今年は2日にブチキレて仕事場に帰って来てしまった。
年寄り相手に、と頭ではわかっているんだけど。
自分も弱ってるのに、そうそう思いやってる余裕が無い。
帰ってから4日間、郵便局と初詣以外ほぼ寝たきり状態で過ごした。
録画がHDイッパイイッパイで、消化しようと観てみるが、手作業ができないと、余程面白くないと眠ってしまう…。
編み物はおろか縫い物もできやしない。
せいぜいが洗濯物を畳むくらい。
そんな訳で全然録画した映画鑑賞も進まず。
録画を優先してるから読書も進まず。流石に映画鑑賞と読書は並行できない。

結局ここ数日、夕方から眠って朝6時くらいに目覚める、という生活になってる。
睡眠時間は多すぎるけど、朝方寝付いて昼過ぎに起きだす今までの生活よりは良い傾向かも。

と、いう事で、今年の目標。
早寝早起き。

頑張ります。


追記:そう言えばお粥、朝食べた残りを母に届けたんだった。
本当は朝から行って一緒に食べたら良かったんだけどね。
あ、お粥は七草は面倒なので(美味しくないし)茹でた菜の花だけ刻んで入れました。米は無洗米、母が買い過ぎたのを分けてもらったもの。
後ろのおかずは厚揚げの大根おろし添えと、山芋の梅酢漬け、梅干し。
和食っていいなぁ。

















記事へトラックバック / コメント


紅葉と古刹と唐物展

2017/11/26 16:43
10日間(予定)の短期バイトの唯一のお休み日。
ここで1日ゴロゴロしちゃうと残りの出勤が辛くなりそうな。
おりしも季節は紅葉の頃、空は晴天で、草花好きの母を鎌倉に誘っていたのだが、前夜調べたら鎌倉の紅葉にはまだ早いとの事。
朝電話して、鎌倉は12月に入ってからにして、今日は近所を回ろうかと提案した。
一応「色付いてなくても鎌倉行ってみる?」と確認もしたし、最初から「どこかで昼食食べて」と予定に入れて、昼時前に出発した、つもりだったのだが。

画像

いつもの古刹へ徒歩で。
途中の道の街路樹はイチョウで、綺麗に色付いていたし、お寺の境内もそこそこ紅葉があって綺麗だった。
池の鯉と鴨にと、パンの耳を持参したので母と並んで橋の上から投げる。
私は鯉より鴨が可愛いので、鯉に阻まれて近寄れない鴨に遠投していたら、横から母が「鴨になんかやらなくていい」はぁ!?
私が持って来たんですけど、パン。

画像

能のテーマにもなってる“青葉楓”、常緑が売りのはずなんだけど………あれれ?赤くなってるんですけど…???(笑)

型通り本堂にお参りして、寺の裏手の博物館へ。
特別展示の『唐物展』。
ここは展示品数は少ないし、難しい文献とかが多いのだが、美しい仏像に出会えた。

他にも青磁の壺とか、華やかな色彩の観音像の掛け軸等、なかなか見応えがあった。

展示会場を出て、博物館内のカフェで昼食。
裏手に当たるここの紅葉が一番綺麗に色付いていた。
画像


で、結論としては。
もう母を誘って出歩くのはやめよう。








記事へトラックバック / コメント


栗の渋皮煮

2017/10/02 23:20
亡父の田舎から栗を送ってもらったので、一部は栗ご飯に、一部は渋皮煮にしてみた。
画像

…ネットでレシピを調べてほぼその通りやったつもりなんだけど、なかなか大変。
正直「えっ渋皮剥かなくていいの?ラッキー♪」とか思った私が愚かであった。
重曹入りのお湯で茹でこぼす事3回。
渋皮に着いた筋を楊枝で取って、細かい繊維をこそげ取るのが結構な手間な上、ウッカリすると渋皮に傷を付けてしまって、煮るとそこから崩れて来る。
3回茹でたら砂糖を加え不織布のキッチンタオルで落し蓋をしてコトコト。
ちゃんとしたモノを食べた事が無いので、いいのかなんだか分からない。
こんなもんかな、と思って味見したら母は「渋味が残ってる」。

うーん。
渋皮煮なんだから渋味多少残ってるモンじゃないのか???
良く分からないがあまり美味しくなかった模様。
時間も遅くなったのでタッパーに入るだけ詰めて帰って来た。
本当は鍋からちゃんと保存容器に移すまでしないといけなかったんだけど。
もう疲れたので放棄。
帰ってからもう少し煮詰めて、うーん。
けっこう美味しいと思うんだけどなぁ。
記事へトラックバック / コメント


目玉・干物・ご飯

2017/09/27 00:47
昨日の真鶴で、実はちょっとした心配事が持ち上がっていた。
H菜宅に着いてすぐ、宴卓の準備中。
携帯に姉からメールで「お母さん誘おうと思ったら電話に出ないけど一緒?」違うよ今遠出中、と返し、実家に電話してみると、出た。
「庭仕事してて目に棒が刺さった」はぁ!?
なにそれ。一大事じゃん!もしかして私トンボ帰り!?
落ち着いて良く聞いたら直前に目は閉じてて眼球に入ってはいない、との事(だがあまり信用はできない)。
姉にメールで事態を説明、様子見に行ってと頼むと、「えーもうこんな時間だし他にも出掛けたい」。
えー。
なに言ってんの。ってか私もトンボ帰りはご免なワケですが。
様子だけでも見に行ってやって、と詰め寄ったら渋々同意してくれた。
結局、休日もやってる眼科に連れて行ってくれて、眼球に傷は無い事を確認、目薬もらって帰って来たらしい。
姉からは何だか良く分からない擬音だらけのメールが来た(うん、気持ちは伝わった笑)。

そんなワケで今日は午前中に電話を入れて無事を確認。
夕食時に真鶴で買った干物を持って実家へ向かう。
母はまあ落ち着いてはいたが、左目の下まぶたと白目部分がうっ血して無残な姿。
この血が引くのはしばらくかかるだろうな、と、経験者は思う。
画像

玄関には庭から切って来た”お茶”の花が飾られていた。
小さな椿みたいな可愛らしい花。そう言えばお茶の葉も椿に似てる。
庭仕事が大好きで植木を丹精してた母。そろそろ一人では危険なのかも。

夕食は干物を焼いて、味噌汁に白いご飯、ホウレンソウでも茹でて。と、支度をして、あとは魚が焼けるだけ。
冷凍ご飯を解凍…と思ったら、冷凍庫にご飯のストックが無い
そう言えば先日お米を切らしたと言うので買いに行ったんだが、その後炊いていなかったらしい。
いつも戸棚にあるはずの”ごはんパック”も品切れ。
え〜だって干物だよ!?
母は「冷蔵庫に茹でたそうめんがあるから」等と寝惚けた事を言っている。それ二重にイヤだから!
お米は買ってあるが今から炊くのは論外だし、仕方ないので干物を母に任せ(「焦がす焦がす」とずっとグリルにへばり付いている)坂の下のコンビニへごはんパックを買いに走る。
坂を駆け上がって戻ると干物は焼けてたけど隣の味噌汁(味付け前)は煮詰まり、グリルを引っ張り出したらエボダイが一尾返されずに片面だけが焦げていた…奥にあって気付かなかったらしい。

苦労?の甲斐あって、と言うか真鶴の干物が良いのだが、美味しくいただきました。
ムロアジの開きは半分ずつ、エボダイは一尾ずつ。多めの大根おろし。
シッカリした旨味のムロアジと、淡白な味にホロホロ柔らかい身のエボダイ。
どちらも割と薄味で、干物だけどジューシーで、本当に美味しかった!
怪我も心配無さそうだし、干物は大当たりだし、良かった♪






記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
母の病院
昼から一緒に病院へ。 神経内科と内科の診察。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/11 21:10
花火3日目
花火3日目 今日は朝から晴れて久々に暑さが少し戻って来た。 昼過ぎからソワソワして花火を見に行く気マンマンで仕事に集中できない(笑)。 出る直前に思い立って、帰りに実家に顔を出す事にする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/17 23:39
デイサービス
ネームに七転八倒した末ちっとも進まず諦めて、明け方やっと眠った9:00。 母の通うデイサービスセンターの人からの電話で起こされる。 「お迎えに行ったらお母様が出て来られないのですが」。 驚いて実家に電話したら出るなり「雨が振ってるから家の仕切りを開けるか閉めるか悩んでる」。 今日はデイサービスに行くんじゃないの?と聞いたら、いきなり電話が切れた。 直後にデイサービスから電話があって、出て来たから連れて行くと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/08 17:49
横浜市長選挙と茄子
まあ現役さんが勝ったワケですが。 横浜にカジノ誘致とか正気ですか、と思ったんだけど、いいんだね横浜市民はそれで。 まあカジノをキチンと公共経営してパチンコ中毒者をそっちに回してくれるなら、それもいいかも。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/30 11:29
床下の換気扇?
母から電話。 「床下の換気扇の検査に来たいって言って来たんだけど」 は?換気扇? 知らないうちに、床下に換気扇を設置していたらしい。 その業者が電話して来て「今日の1時に来てもらうって約束しちゃった」 …ああ、そうですか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/05 14:04
病院。
連休中、母の具合が悪くなって、休み明けを待ってかかりつけの病院へ行った。 2 、3日殆ど食べてないのにバスに乗るという母を説き伏せてタクシーを呼ぶ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/08 19:45
モ○バーガー
モ○バーガー 母がモスバーガーを食べた事が無いのいうので、バスに乗って隣駅まで食べに行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/03 15:01
牡丹
牡丹 母がデイケアサービスで、近所のお寺に牡丹を見に連れて行ってもらい、綺麗だったと喜んでいる。 このお寺、私の部屋からだと徒歩5分。 去年も母と行ったと思うんだが、その頃はMacが潰れていて記録が無かったけど、※一昨年も行ってた。 去年も時期が遅くて散り出していて、開花の遅い黄色だけが見頃だったので、「来年こそは早めに見に来るぞ」と心に誓ったものだったが。 すっかり忘れて、今年もまた出遅れた。 牡丹って、初夏に咲くイメージだったんだけど、実際は桜が散ったらすぐなのね。 今年こそ肝に命じて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/27 12:55
舌に血豆!
舌に血豆! ネームが一応終わった! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 00:43
桜いよいよ
桜いよいよ 実家近くのジンダイアケボノの並木、もう満開! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/06 22:33
 桜情報
 桜情報 近所の古刹の桜並木、チラホラほころび始めました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/29 20:17
お裾分け
お裾分け いい天気になったので、朝から洗濯して干して、午後から母と散歩がてら父の墓参りに出かけた。 普通の人なら徒歩20分の道程、行きはバスに乗って海辺まで出て、近くのスーパーで花(と、母の食べる果物もついでに)を買って、丘の中腹のお寺へ向かう。 急に雲が広がって肌寒くなったが、午前中日が差していたせいで墓石が暖かく、何やら不思議な気がした。 父の墓に花を飾り掃除して線香を供え、手を合わせる。 以前、つい最近まで執拗に雑草を引き抜いていた母が、殆ど目に入らないようにスルーしている。ウザいと思ってい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/08 20:15
買い出し
先日の展覧会、その後の診察で、母の運動不足が心配なので、昨日夕食を作りに行った際に、散歩に誘った。 「お天気良かったら、明日散歩に行こう」と。 散歩に誘ったのに近所スーパーに買い物に行きたいと言うので、まあそれでもいいや、と思ったんだが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 23:21
病院
 何度か母に付き添ってる病院、今日は内科の受診と神経内科の処方箋をもらうだけ、と聞いて行ったけど、受付で「神経内科、受診してください」と指示される。ああ、そんな事だろうと思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/27 23:07
『愛された金沢八景』展
『愛された金沢八景』展 仕事が終わったので、しばらくほったらかしていた母を外に連れ出すべく、『愛された金沢八景―楠山永雄コレクションの全貌―』展に誘った。 場所は実家の近所の、毎年初詣に行く、時に友人とピクニックもする、古刹の裏手にある神奈川県立金沢文庫 中世中世歴史博物館。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/26 22:10
年末。
年末。 朝から電話で起こされる。 実家のTVのアンテナ修理が入ると聞いてはいたが、午後からかと思ったら朝一で来てて、工事の人と手順の相談。 もう話は済んだと安心して、今日もう一つあるウォシュレットの修理に合わせて昼頃に実家へ向かうと、母はアンテナ修理に支払いをしたかどうかも覚えてないと。書類もどこに置いたか分からない。うわぁ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/30 12:14
命日。
命日。 クリスマスイヴは父の命日。 ここ15年、この日は母と過ごしてる。 今日も昼過ぎから父の墓参りに出かける。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/25 01:01
終了。
終了。 原稿終わった。 金曜日だった締切を月曜朝一まで伸ばしてもらって、結局最終日は一晩中タラタラとトーン貼りを続けて明るくなって、仮眠して午後届けに行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/20 22:14
おふくろの味…
おふくろの味… 先日、従姉妹が餅米を送って来てくれて、母が「お赤飯を炊く」と言い出した。 このところ料理もすっかり忘れたちお言っているので、大丈夫か?と思ったけど、ちゃんと炊けてた!そしてちゃんと、美味しかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/27 00:52
雪!
なんと11月に雪ですよ。 59年ぶりくらいだそうで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/24 23:07
お下がり♪
お下がり♪ 母が余所行き用に大事に着ていたコート。 引っ張り出して来て「もう重くて着られない…」と、言うので、もらって来た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/14 03:09
墓参り…
バイトが始まるまであと二日、残り少ないグダグダできる日々なワケだが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/12 17:08
手すり工事
実家の玄関前に老いた母用に手すりを付ける工事。 朝の9時から職人さんが入ると言うので慣れない朝起きをして実家へ向かう。 到着したら母はまだ朝食前だと。年寄りのくせして朝が早くないんかい??? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/09 14:33

トップへ | みんなの「プレ介護」ブログ

みかわん控え室 プレ介護のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる