アクセスカウンタ

みかわん控え室

プロフィール

ブログ名
みかわん控え室
ブログ紹介
いらっしゃいませ。

みかわん工房の別館です。
本館の近況欄を、こちらに移動しました。

運営の都合上、コメントは受け付けておりません。
御用やご質問のある方、用は無くても無駄話がしたい方は、掲示板にお越しください。


これ以前の記事はこちらをどうぞ。




zoom RSS

久々の長い夢

2017/12/10 19:10
家が引っ越しで荷造りをしている。
姉がいて、一緒に引っ越すようなので、多分姉の結婚前、私も20代の設定?
なんとなく険悪になり、姉が私をいい加減だとなじる。以前組んでたバンドをすぐ辞めた、と。
はぁ!?そんな事で???
決裂して、自分の部屋の荷物を作り出すが、段ボール箱が無い。
姉はもう箱詰めしていたのに。
家の中を探しても空き箱は無く、家族もいない。
運送屋さん?に尋ねると、向かいの区役所でもらえと。

道を渡って区役所へ行き、窓口で段ボールをと言うが、案の定そんなサービスは無いと突っぱねられる。
ウロウロしていると、妙な爺さんが声を掛けて来る。
全身白装束の痩せた仙人みたいな人。顔は白塗りに口紅。堂々とした態度で、教授だと名乗る。
気が付けば母校の学食になっていて、その教授が私に、ある人に伝言をしたら助けてくれると言う。
やる気になって詳細を聞いていると、目当ての相手がやって来る。
こちらはガッチリした小柄な爺さん。キツネとタヌキみたい。
なしくずし的に二人で話しを始めて私が伝言する意味がなくなる。

ガッカリしてその場を離れ、とりあえず引っ越しがどうなったかと、焦って帰路に着くが、慣れ親しんだはずの大学構内で迷ってしまい、裏庭のような山のような所を彷徨う。
不思議な鳥や爬虫類がそこここにいて、「在学中にもっと探索すれば良かった」と悔やみながら、ゆっくり観察する時間も無いので急いで歩き続ける。

立派な杉並木やお墓のような場所を通り過ぎ、ここはもはや大学ではないのでは??
と思った頃、古い日本家屋が点在する集落(谷?)に出る。
一軒を伺うと犬がいっぱい。
その次の家を覗くと、入り口にタヌキの皮がいっぱい吊るしてあり、中に不思議な人々がいて何やら作業をしている。
なぜか「ああ、この人達はタヌキの中身だな」「するとお隣なら犬の中身に会えたのか」「(そっちが良かったかも)」
と、簡単に納得し、タヌキの人達と話をして、引っ越しで困ってると打ち明ける。
タヌキの人の一人が、それなら助けてあげるよ、と言って、私をバイクの後ろに乗せて走り出す。
何かゲームのような物を渡され、それをやるように言われるが、バイクの後部座席でそんな事無理、と焦る。
引っ越しはどうなってしまったんだろう、と気を揉んでいるうちに目が覚めた。

ああ引っ越ししなくていいんだ、と安堵した。






記事へトラックバック / コメント


同窓会。

2017/12/09 23:13
中学のクラス会で、横浜駅前の中華レストランへ。
ここのクラス、夏には小規模で集まり、10月にも女子でランチと、集まりが続いているが、今回は幹事さんも本気出して大人数、恩師も招いての本格的な同窓会になった。
集まったのは18人くらい?それでもクラスの半数だけど。
本当に卒業以来の人もいて、懐かしくも楽しい一時でした。

前回ちょっと話が出た事もあり、着物を着て行った。
画像

昨日に引き続き、だけど今日は上天気で身軽。
正体不明(母か伯母か姉の)のお古の単は紬かな?ゴソッとして、ちょっと太って見えるかも。
久々に締めた帯は厚手で硬く、傷んだ手首ではキッチリ締められず苦労した。
柄が思うように出せなかったのは、私の胴回りが増えすぎたから…???(泣)
でもまあ、皆さん驚いてくれたので良し。

先生は退職後、しばらく地元図書館にお勤めしてらして、その頃一度会いに行った事があった。
それももう、多分10年くらい前かな?
来年傘寿(さんじゅ)=80歳だそうで、幹事さんが会費からプレゼントを買ってくれていた。
見るからに上等そうな、グレーのマフラー。素敵!
先生、少し恰幅が良くなられてたけど、基本あまり変わらず。健康維持のため乗馬に通っておられると。素晴らしい。

中華というので回る丸テーブルだったが、料理は味は中華だけどアレンジはフランス料理みたいに各自配られて、綺麗で上品。
ビールに続き紹興酒で調子に乗って飲み過ぎて、途中から眠くなってしまった(笑)
お開きの頃にはスマホ使いの皆様が色々交換してるらしく、あちこちで振り回してるのが見られたが、なかなかうまく作動しないらしい。ガラケー使いの私は傍観するのみですが。
参加できなかった人も何人か写真付きでメールをくれたり、こちらの様子を送ったり、盛り上がった。
当時はこんなクラス会なんて、想像もしなかったな。

中学は皆実家も近いし、親兄弟にも面識があったり、親同士が知り合いだったりと、話のタネは尽きない。
卒業アルバムのコピーを持って来てくれた人もいて、懐かしさに胸熱。
卒アルのフリースペースの文を書いたのは私と言われ、書いたようなそうでもないような…今より字が汚くない(笑)でもなんか、書いたような気もするわ。
孫がいる人もチラホラの中で、子供がまだ小学生という人もいて、介護がやっと終わった、という人も。
様々だけれど、集まると中学生の気分に戻ってしまう。

二次会はパスして帰る道、一緒になった女子(バリキャリ)から「文章も書いてみたら?」と言われた。
うん、そうだよね。色々やってみよう。
皆と「またね」と言い合って別れた。








記事へトラックバック / コメント


恒例シナリオ忘年会

2017/12/08 23:30
毎月恒例シナリオの会の、毎年恒例忘年会。
今年もいつものメンバー7人集まって、蕎麦屋で飲みました。

画像

日暮れからの雨模様で迷ったけど、着物で敢行。
先日いただいた帯がどうしても締めたかったし、このコーディネイトはずっと前から決めていたのに以前も雨で断念した事があり、もう行っちゃえ!と。
半襟も同じ頂き物。
幸いあまり寒さは厳しくないので、長着の上にコートは省いて雨コートとショールで防寒終了。
足元は雨避け付きの二枚下駄、ちょっと歩くのに神経使う。

昼からスポーツクラブでちょっと走り、整形外科でレーザー治療を受けて戻る。
そうそう、手が痛くて泳ぐのも支障が出たので今週は走ってる。なんと腹筋が見えて来た(笑)!
着付けは意外とスンナリ終わって拍子抜け。
出た時は小雨だったのに、四ツ谷に着いた頃はほぼドシャブリ状態で、武装して来て良かった。
そして電車が激混みで苦しかった。流石は年末か、18時台なのに出来上がってるオッサン集団も(笑)。

いつもの店で、いつものコースに追加注文を何品か。
年々お酒を飲む人が減り、もうファミレスかなんかでいいのでは、少なくとも飲み放題コースはいらないのでは、と思うけど、このコース安いからね。

何年も毎月話してて、猫の話が初めて出た。
こんなに猫好きが多いのにビックリ(笑)。
しかし爬虫類好きはいなくて共感を得られず寂しい思いをした。可愛いじゃんトカゲ。
それから、シナリオ教室出身らしく、書く事についても。
年々書くのがきつくなる、というのが私だけでなくてホッとするやら不安が募るやら。
多くを見てしまって感動に新鮮さが無い、自分の中での検閲機関が厳しくなりすぎてるのかも…等々、話し合った。
それでも皆書きたい、という思いは続いている。頼もしい。
一人で頑張るのは当然だけど、身近に同士がいるのは励みになる。
来年もまた、よろしくお願いします。

店を出たら雨は殆ど上がっていて一安心。
コースについて来る蕎麦焼酎“雲海”は半分以上残ってしまい、当然のように私に持たせていただいた。
ちょっと味に癖があるんだけど、帰宅してからまた飲んでしまった。
帰路が長くて酔いが覚めちゃうんだよ…。






記事へトラックバック / コメント


スーパームーン♪

2017/12/04 23:17
昨夜はとても綺麗に見えていたんだけど、今夜は雲が多くて、見られないかと思ったスーパームーン。
雲の切れ間から、顔を覗かせてくれました♪
画像

近頃、コンサート用に購入したオペラグラス( 倍率6)で月を見るのがマイブームで、これがまあ、綺麗に見えるんだわ!
満月もいいけど、真昼の青空に浮かんだ半月とかね、半透明に見えて本当に綺麗!

でも残念ながら、オペラグラスで見た光景は、カメラに写せない。
手持ちのガラケーでは無理だったので、デジカメの解像度を最大にしてズームも使って撮ってみた。
意外と言うか、考えればそうなんだけど、フラッシュ炊いた方が綺麗に写る。
露出固定なんてできないカメラだから、夜空に露出が合っちゃって月が飛んでしまうのね。
フラッシュ使うと(どこにも光が当たらないのに)そこまで露出が開かなくて、クレーターまで映ってくれた。
手ブレでブレブレのもいっぱいあったけど(笑)。














記事へトラックバック / コメント


腱鞘炎!

2017/12/04 15:33
先日ちょっと書いたけど、左手首の痛みが尋常じゃなくなって来て、とうとう整形外科を受診した。

腱鞘炎ですって。

まあ、そうかなぁとは思っていたけど。
でも、湿布処方されて終わりかと思ったらレーザー当てに通いなさい、って。
初日の診察後にやって来た。
光線避けに変なメガネ掛けて、患部に器具を押し当てて3分、少し場所をずらしてまた3分。
ジワジワと温まる感じで、なんか効きそう。

しかし1回の施術費が320円、医者は2週間後に再診察と言っていて、なるべく毎日来るように、との事なので、
320×(14-2)=3840円。
バカになりません…できるだけ毎日行きたいしね。

原因は主にマウスとキーボードと思って、マウスはだいぶ前から右手に持ち替えてるけど、文字打ちでもけっこう響く。
でもネットは止められない…(汗)
あと、編み物でもダメージ大きかったと思うけど、痛みが出て早々に片付けたのになー。
一旦痛くなると、後は日常生活の諸々で加速してしまう模様。
洗顔、着替え、食器洗い、包丁使い。
日々の料理も手抜きにシフト。
水泳も痛みを感じるようになって来たので、少しお休み。代わりにジムとランにしよう。

画像

夏糸のセーター、早く続きが編みたいのにな…。






記事へトラックバック / コメント


バイト終了&北斎

2017/11/28 21:28
今月末までという話だった短期バイト、昨日で実質終わってしまい、今日もとりあえず出勤を許されて雑用やお手伝いをさせてもらったものの、いよいよ私にできる事が無くなってしまい、定時18時まではとても持たない様子。
当てにしていた仕事が無くなってしまったし、少しでも時給を稼ぎたいのは山々だったけど、明るいうちに帰されてしまった。

で、ふと思い出す。
運慶展』、今月いっぱいだったんじゃ!?

行きたいと思ってたらバイトの話が来て、諦めていたのよ〜!

と、言うことでバイト終了後その足で上野へ駆けつける。
が。
週末で終了していた。
あちゃー。

なんか大雑把に「今月末」と記憶していたようですが終わってました。
しかしまあ、そこは上野、美術館は他にもある。
国立西洋美術館で『北斎とジャポニズム』。
画像

科学博物館の方で『古代アンデス展』も面白そうだったんだけど、今日はこちらで。

北斎は大好き。
いつ見ても元気が出る!
北斎が西洋絵画んいどれほど影響を与えたか、という趣旨で、多くの北斎作品と西欧絵画が並べて展示されてる。
(このポスターはつまり、ドガの踊り子のルーツが北斎のふんどし兄ちゃんだと言ってるワケですね)
大半は印象派で、私があまり好みじゃないせいなんだけど、比べると際立つ、北斎の洗練度。素敵。
北斎、というか浮世絵の影響は、絵画のみならず工芸品にもおよび、少なくともアール・ヌーボーはジャポニズム無しには台頭し得なかっただろうな、と説得力のある構成。
思いもよらず大好きなモローの絵や、幼心に見とれたクールベの『波』の展示もあって、ラッキー♪だった。
終盤、ガレのガラス壺に見とれていたら、静かな会場に良く通る高い声。
「お母さん、飽きちゃった〜」。あちこちから笑い声が漏れる。私も吹き出してしまった。
母親らしき人が慌てて子供を小脇に出口へ走る。「そりゃ飽きるわな〜」と、おじさん達が言い合っている。
うん、今回は嫌な思いはしなかったけど、幼児に展覧会は無理だよ。毎度思うけど。

展示数が多く、見応えがあったのだが、出足が遅れたので閉館ギリギリまでかかり、常設展示は見る暇が無かった。
疲れたからいいや(笑)。
北斎とジャポニズム』一般1600円(高っ!!)1/28まで。

さて、バイトも終わり、当てにした金額は稼ぎ出せず、次の仕事の当ても皆無。
どうしましょうか。






記事へトラックバック / コメント


蜘蛛ちゃん

2017/11/27 13:03
住んでるアパートの外階段の踊り場の手摺に、気が付くと蜘蛛が巣を張っていた。
画像

気付いたのは夏頃だったろうか。
いつも巣の中央にじっといて、通りかかっても微動だにせず、昼も夜もただずっと、そこにいる(かに見えた)。

蜘蛛ってこんなに定住するモンなの?
とか、
いつまで生きるんだ?
等々、色々思っていたのだが。
ある日、あまりにも動かないので「もしや密かに干からびて死んでいるのでは」と思い、持ってた傘の先で巣をちょいと突いてみた。
凄い勢いでパニクって暴れた。
なんだかユーモラスで可愛くて、ちょっと情が移ってしまった。
以来、通る時には脅かさないようにそっと、でも横目で視線を送るのが習慣になって、名前でも付けてやろうか等と考えるようになり、写真も携帯で撮ってみたが、小さいしなかなか難しい。

そうこうしているうち、ある日部屋を出てみると、巣が消えて無くなっていた。
一夜にして自然に無くなるはずはないので、おそらく誰か(人間)が取ってしまったのだろう。
この踊り場を使うのは私だけで、後は郵便や宅配の業者くらいのはずなのだが、余計な真似をするものだ。
このままお別れか…と寂しく思っていたら、階段を降りた先のフェンスに、新しい蜘蛛の巣が張られていた。
多分同じ個体だと思う、確信は無いけれど。
なんだか嬉しいのだが、ここの方が人の出入りは激しいし、また追われるのではと心配しながら、通りかかると視線を送って過ごした。
この頃、携帯では無理と思い、デジカメを引っ張り出して撮影したのが上の写真。
これも逆光でしか撮れず、また光の違う時刻に…等と考えていたのだが。

ところで、蜘蛛の寿命って?
と、最初から気になっていた疑問を、この頃やっとネットで調べてみた。
だいたい12月になると寿命を全うする、とあった。
その時はもう11月に入っていて、そうかもうそろそろなのか、でももう少しあるな、と思ったのだが。

まだ 11月のある日、通りがかりに横目で見ると、いつものように巣の中央でなく、端っこにいるのが見えた。
おや、と思って目を凝らすと、なんだか見すぼらしく長い脚を折って丸まっている。
ああ、早かったんだな、と思った。
2、3日放置した後、やはり動かないので巣を取り払い、地面(うちの前の道は未舗装)に落とした。

うん。
それだけなんですけどね。






記事へトラックバック / コメント


紅葉と古刹と唐物展

2017/11/26 16:43
10日間(予定)の短期バイトの唯一のお休み日。
ここで1日ゴロゴロしちゃうと残りの出勤が辛くなりそうな。
おりしも季節は紅葉の頃、空は晴天で、草花好きの母を鎌倉に誘っていたのだが、前夜調べたら鎌倉の紅葉にはまだ早いとの事。
朝電話して、鎌倉は12月に入ってからにして、今日は近所を回ろうかと提案した。
一応「色付いてなくても鎌倉行ってみる?」と確認もしたし、最初から「どこかで昼食食べて」と予定に入れて、昼時前に出発した、つもりだったのだが。

画像

いつもの古刹へ徒歩で。
途中の道の街路樹はイチョウで、綺麗に色付いていたし、お寺の境内もそこそこ紅葉があって綺麗だった。
池の鯉と鴨にと、パンの耳を持参したので母と並んで橋の上から投げる。
私は鯉より鴨が可愛いので、鯉に阻まれて近寄れない鴨に遠投していたら、横から母が「鴨になんかやらなくていい」はぁ!?
私が持って来たんですけど、パン。

画像

能のテーマにもなってる“青葉楓”、常緑が売りのはずなんだけど………あれれ?赤くなってるんですけど…???(笑)

型通り本堂にお参りして、寺の裏手の博物館へ。
特別展示の『唐物展』。
ここは展示品数は少ないし、難しい文献とかが多いのだが、美しい仏像に出会えた。

他にも青磁の壺とか、華やかな色彩の観音像の掛け軸等、なかなか見応えがあった。

展示会場を出て、博物館内のカフェで昼食。
裏手に当たるここの紅葉が一番綺麗に色付いていた。
画像


で、結論としては。
もう母を誘って出歩くのはやめよう。








記事へトラックバック / コメント


平山郁夫展

2017/11/25 22:43
バイト帰りに寄り道して、そごう美術館に行った。
わりと好きなのよココ、なかなか良い企画をやってくれるし(実はリサ&ガスパールに出会ったのもココの『世界の絵本展』だった)規模が適度に小さくて疲れない、気楽にフラリと入れる。
実はメンバーズカード持ってる(笑)確か100円くらい値引きしてもらえる。

で、平山郁夫展。
正確には『平山郁夫 シルクロードコレクション展』。
通勤中にポスターを横目で見て、バイト終わるまでに行こうと決めていた。
平山郁夫、そんなにファンというワケではないんだけれど。
何と言うかね、パサパサした心に染みる。美しい。

入場するとすぐ、いきなり警備員さんが喋り出してビックリ。
「間もなく本日最終上映が始まります。観覧ご希望の方は出口前へお集まりください」
ええーっ!?こんなの初めて。なんて親切なの!?
展示物をすっ飛ばして出口付近の上映会場へ向かう。
上映の内容は…うん、特にそんなに、だったけど、嬉しいわ、こういうの。
そして入り口に戻って、頭から見学。そこそこに人が入ってて、行きつ戻りつしながら見る。

タイトル通り、展示は平山作品のみならず、シルクロードの工芸品(ガラスビーズ、織物等)や彫刻の展示、シルクロードを取材する平山と夫人のスケッチやメモ、写真も多数。
平山氏、お若い頃はナカナカの美男。奥様も濃い系の美人さん(現地の人と間違われそう)で、ご自身も絵や文章を書く人だったのね。
画像

平山郁夫と言うと、↑のようなのが一般に思い浮かべられると思うし、実際そうなのだけど。
とても綺麗だし先にも書いたように心洗われると言うか、癒されるんだが。
ここまで完成度は高くない、スケッチにとても心惹かれた。
元々私が“荒い”絵が好きなせいもあるんだが。何と言うか、作者の息遣いとか、手の感触とか、伝わる感じが、たまらなくてね。
風景画も良いが、バーミヤンの石仏のスケッチなんか、手塚治虫先生みたい(笑)なんかもう、キャラ立っちゃってると言うか。
生き生きしてて、とても魅力的。

他に面白いなと思ったのは、ガラスビーズの装飾品。
人の顔がお守りになったそうで、金太郎飴みたいに顔を象ったガラスビーズがいっぱいあった。
画像

それから、あたかも「使用前・使用後」みたいに並べられた、テロにより破壊された遺跡の写真。
もう本当にね…やめようよ、こういうの。なぜこんな、長い時を経て来た美しい物を壊せるのか。
平山氏は画家、芸術家のみならず(もちろんソレがあってナンボの存在ではあろうが)そういった遺跡の保護事業等でも活躍したらしい。素晴らしい。

先日の竹久夢二
といい、どうも私は「小綺麗な物を造る人を軽く見る」ところがあったような気がする。
キチンと整備された綺麗な画面のその向こうには、生々しいスケッチやエスキュースが、当然膨大な数あるはずなのは、少し考えれば分かる事だったのに。
ちょっと反省。


平山郁夫 シルクロードコレクション展、横浜そごう美術館で12/3まで、一般1000円。







記事へトラックバック / コメント


失業かよ!

2017/11/22 23:33
左手首がかなり前から何と無く痛くなって来ていて、好きな編み物も中止し、ネット(マウス左持ちしてる)も控えめにしてたんだけど、どんどん痛くなってて。
20日から始まったバイト、今回は通勤が近いし10時始まりで楽チンなのだが、初日に入力をやったらトドメ刺された感じ。
マウスは右に持ち替えたがキーボード叩くのも良く無さそうなので、ちょっとずつ書き進めます。

さて。
次の仕事の締め切りが12月末と思うと、月末のバイト終了時までにプロットくらい作っておきたい。
と思い、バイトの昼休み、編集様に「次のお題は何にしましょ?」とメールを送った。
返信を見て驚愕!
「次号も出るか分からないから依頼しない、出るなら再録使う。そろそろ編集も幕引き」。

えーと…。

確かに、いつ潰れても驚かないで、みたいな話は聞いていたんですが。
それにしても急だ。
そして代わる仕事のアテが、まるで無い。

そんなワケで困った事になりました。
まあ、年末年始ノンビリできるのはいいかな、なんて思ったり、トコトンぐうたらな私ですが。
お金が入らないのは困るよなぁ。










記事へトラックバック / コメント


バイト初日。

2017/11/20 20:26
今回は比較的職場が近く、多分ギリ30分で行ける距離。
もちろん大事を取って45分くらい見て行くつもりではありますが。

今朝は急に寒くなって冷たい風がピューピュー。
駅前の某デパートの裏方と聞いて行ったら別館に案内されて、ちょっとガッカリ(笑)
デパートの舞台裏、ちょっと覗いて見たかった。

書類のチェックと言われて行ったんだが、「チェックする書類の入力が間に合わない」そうで、私も入力をやる事に。
すごい遅いんですけど…………(当惑)。
そうか、こういう仕事になると、やっぱりブラインドタッチって必要だな、と思うね。
書類を見ながらキーボードを叩くのに、いちいち手間が掛かる。
自分の文章打ってるうちは、そんなに気にならないんだけど。

で、午前中モッタラモッタラ入力を手伝い、午後は少し溜まった書類のチェック。
昼休みはお弁当食べて散歩に出たら迷子になりかけて青くなった\(◎o◎)/

まだ1日目だけど、家に帰り着いたのが19時前!
ご飯作って食べ終わっても20時前!!
嬉しいのでこれからプールに行こう。
スーパーでお買い物も間に合うぞ♪

でも朝が遅いと言っても普段の生活より全然早いので、早めに寝なくちゃね。









記事へトラックバック / コメント


よく見る夢なんだけど

2017/11/19 23:12
本当にしばしば見る夢のパターンで、今現在現実に住んでる部屋が、知らないうちに広くなってる(広かったのを知らなかった)というのがある。
いつもの部屋に屋根裏部屋があったり、今まで知らなかったドアがあって奥に部屋があったり。押し入れがやたら奥行きがあった事に気付くとか。
アレンジバージョンとして、部屋の窓を開けると景色が違ってたり(大海原とか)、部屋のドアから出ると豪邸の一区画になってたり、というのもある。
だいたい新発見したスペースには箪笥や本棚なんかがあって、画材やら着物やら本なんかが入ってる。
「コレは賃貸の私が使用して良いものか…???」と、夢の中で考える、という。

昨夜、と言うか今朝方の夢は、なんとトイレが広がっていた(笑)。
トイレの便器の向こう側がダーッと広くなっていて、板張りの床には体脂肪計とか、ダンベルなんかの簡単な筋トレ器具が転がり、ちょっとしたトレーニングジムのよう。
…うん、分かってる。
ダイエットは挫折続きだし、なんだかんだ関節が痛くて筋トレもサボりがち。ヨガのクラスもずっと出てない。
その先へ行くと、ガラス張りになってて、ガラスの向こう側は人が行き来してる。
ちょっとここ、広いとは言えトイレなんですけど…。
ガラスの向こうに出て、人々と何やらやった気がするが、その辺は思い出せない。

まあ、焦ってるんでしょうね。
バイトが決まったのに着て行く服が無い。
ナゼかと言うと、以前短期バイトで着てた服が入らなくなっているから(泣)。
他にも色々仕事に入る前にやっておく事が山積みだったのに、後回しにしていたら急にバイトが決まってしまって。
バイト終わったら次の仕事、かなりタイトスケジュールになるし、忘年会は入るし、仕事終わったら年越しだよ!
焦るよ!!!









記事へトラックバック / コメント


バイト。

2017/11/18 16:08
突然ですがバイト入りました。

金曜日に電話が来て、月曜から月末まで10日間、日曜日だけお休みで。
場所がわりと近い(通勤30分くらい?)し10時開始なので、気楽と言えば気楽だけど。
なにしろすーーーーーっかり夜型生活になっちゃってるし、仕事終わってからダレダレな生活だし。
そろそろ次の仕事考えなきゃ、と思ってて月曜からピシッと始めよう、とか思ってた矢先。
…いやどうせ、バイトが無かったら月末までダラダラしちゃったと思うけど。

色々やり散らかしたお裁縫関係もストップかなぁ。
図書館の本も読み終わらず返却期限が来てしまいそう。

でもこの時期、臨時収入は本当にありがたい!
うん、頑張って稼ぎますよ♪









記事へトラックバック / コメント


五代目。

2017/11/10 23:55
9月にパンクしたバランスボールの後継を買って来た。
画像

ずっとMac用の椅子代わりに使っていて、今回で5代目。

金曜日、『ブレードランナー』を観て、終わってから次の予定のシナリオの会までけっこう時間があったので、横浜駅前のドンキで購入。
以前はあちこちで売ってた(ハンズとか、そういう雑貨店的な所で)のに、近頃は流行りが終わったのか探すのに苦労する。
ネットで買えばいいんだけどね。
どうせ箱入りで売ってて中身は見たり触ったりできないんだから。
まあ今回は、買いたいなと思ってるタイミングで暇な時間ができて近くにドンキがあったから良かった。

店内で、バランスボールのすぐ近くに"ストレッチローラー"の小さいのがあって、欲しかったのでちょっと悩んだんだけど。
元々スポーツジムに置いてあるストレッチポールが欲しくて購入を考えてたんだけど、高価だし場所取るし。
短いのだと上に寝転ぶのはできないんだけど、脚乗せてコロコロするだけでも気持ちいい。
脚って意外と凝りが溜まってるのか、触ってみると結構痛かったりする(私だけかもしれないが)。
なぜか値札が付いてなくて聞くのも面倒だったのと、バランスボールを買って荷物も多くなっちゃったので、また今度。と思って今日はやめといた。
今度横浜行ったら買って来よう。
確か12月の頭にクラス会があったはず。

ところで購入したバランスボール、パッケージはこんなん。↓
画像

↑…いえ、悪くはないんですけど。
ドンキで入れてくれた袋、黄色と白の透明ビニールで、中身がほぼ丸透け状態
別に悪いモノを持ってるワケじゃないのだが、これで街歩いたり電車乗るのはちょいと恥ずかしい。
買い物してもまだ余ってた時間を潰すのに入ったファミレスで、ダンボールの箱を潰して裏返して髪留めゴムで留めて持ち歩いた。
ファミレスで何やってんだ、って言うね(笑)。

バランスボールは無事膨らんで、今お尻の下にあります(笑)。





記事へトラックバック / コメント


青春のブレードランナー

2017/11/10 23:14
ブレードランナー2049』観て来た。
画像

…って言うかまず、なにこのオフィシャルサイト!?
私はスタッフ、キャストと最低限の画像情報が欲しいだけなんですけど。
もうすでに、このHPが本質を物語ってる気がする。
曰く、「ブレードランナーなんだから価値があるに決まっている」。

今日は恒例『シナリオの会』の日で、昨日は『はいからさんが通る展』を見に行った。
映画観るならレディスデイがいいのだが、水曜日に行くと3日連続お出掛け日になってしまう、それはキツイ。
なんと横浜のシネコン金曜日がレディスデイ!
と、いう事で13時からの回に勇んで行く。
場内はガラガラ、いつもシネコンでは画面が思ったより小さくて後ろ過ぎたと悔やむので、今日は前から3列目を取ったら画面デカイ(笑)。
本編始まってもガラガラなので少し後ろに移動した。
どうもあの、入場前に席指定するのって虫が好かない。劇場によって違うじゃん、見え方が。

二時間を優に超える上映時間。
ゴメンなさい、ちょっとウトウトした。
だって退屈なんだもん…。
ずっと考えてて浮かばなかった言葉を、ネット上で見つけてしまった。
お金の掛かった二次創作みたい」。
まあ、詳細はそのうち映画感想のコーナーに載せるとして。
うーんまあ、ガッカリする以外にあり得ない、と分かってて、それでも見極めたかったんだけどね。
それくらい、前作に思い入れが強かったから。

でも正直、あの前作が本当にどれ程のモノだったのかは、私にはもう測れない。
だって青春のカケラなんだもの。
映画を見始めたばかりの初心な状態で、ガツンと来た、見た事の無い世界。
夢を追い、恋をして、未来に無限の可能性を信じていた、あの頃。
今となっては受け止める私が、くたびれ過ぎているのかも。

しかし会場にわずかにいる客層は、ほぼ老年に差し掛かった男性ばかり。
レディスデイだというのに!
要は旧作のマニアばかりで、新しい客を全く呼べてない、という事なんだと思う。
さもありなん、という内容だったし、先に書いたように宣伝の仕方自体もそういうスタンスだったのでしょう。
何ともお寂しい。

悪くはなかったのよ。
主人公"K"は、往年のH・フォードの「くたびれ感」を踏襲していたし、無敵レプリカントの"ラブ"ちゃんもバーチャル恋人"ジョイ"ちゃんも良かったよ。
場面場面はそれぞれ見応えがあった。街中の猥雑さは寄せているものの、小綺麗過ぎたのが残念だったが。
あと、ずーっと「ボォ〜ン」「ブオォ〜」みたいな音が流れてて、途中から気になって嫌な思いをしたな。

ここへ来て私、"レプリカント"ってモノ自体を誤解していたのかな、と。
人造人間と言うよりはクローンに近い?
でも正直、前作公開時には思わなかったけど、今となっては「人間と見分けの付かない人工物」を大量生産して奴隷労働をさせるとか、「無い無い」と思ってしまうのよね。
"人間"ってとても、コスパ悪い存在だし、ましてや繁殖に関しては最低の効率だと思う。
だから根本からもう、リアリティを感じなくなってしまってた。

そんなこんなまあ、傑作の続編は作らないに限る、という事で。


複雑な思いで、シナリオの会の会場へ向かう。
始まって早々に「ブレードランナーの新作見て来ました」と報告するも、反応が薄くて面食らった。
仮にも皆、シナリオ教室に通った、そして今でも何らかの創作に興味のあるはずの人達なんですが。
私にとっては凄い映画だった『ブレードランナー』も、そうでもない人はたくさんいるんだ。
と、いう、至極当然の事にビックリしてしまったのでありました。








記事へトラックバック / コメント


はいからさんと竹久夢二

2017/11/09 22:30
弥生美術館で『はいからさんが通る展』と、隣接する竹久夢二美術館を見学。
画像


南北線東大前で友人二人と昼過ぎに待ち合わせ、東京大学の塀に沿って歩いてほぼ隣接する弥生美術館(ちなみに"弥生"はこの界隈の町名)に到着。
まずは入り口のカフェで昼食。
と、思ったら先客に袴姿の"はいからさん"コス女子がいてビビッた(笑)。
野菜カレー美味しかったです。

そして目当ての『はいからさん展』。
大和和紀先生作の懐かしの名作『はいからさんが通る』の生原稿の他に、デビューから最近までのカラー原画の展示に加えて、大正期の風俗の解説や当時の女学生(=はいからさん)の写真、当時の衣装の展示も。
点数はさほど多くはなかったが、繊細で美しい原画、眼福でありました。
それにしても『はいからさん』当時の原稿、トーンが少ない!
見ていたはずなんだけど改めて驚いた。着物の柄なんかもほぼ手書きだし、全くトーンの貼ってないページもちらほら。なのに全然画面が「持って」いる。凄い。
線が意外に太いのも驚いた。凄く繊細で華麗なイメージだったけど、シッカリした力強い線で。
そして一番嬉しかったのは、現在の大和先生のカラー原稿制作の動画!
あさきゆめみし』の描き下ろしイラストで、一枚に10日掛けていた…その過程は途中から殆ど、友禅作家みたいだった(笑)。
何かこう、私間違ってました、考え違いでした、という気になった。

なぜ今『はいからさん』かと言うと、新作の劇場用アニメが公開になるそうで(しかも前後編!)、その前宣伝の意味もあったらしいが…この絵柄(汗)。↓
画像

う〜………………。
原作に寄せる気が1mmも無いという。
こうでもしなきゃ今リメイクする意味が無い、のかもしれないが、あまりに普通の今時アニメで悲しくなる。
まあ、間違っても劇場に行く事は無いけど、TV放映したら見てしまいそう。
そして怒るんだろうな私…。

特別展の後は、弥生美術館の常設展示。
高畠華宵を中心に、明治〜昭和の挿絵を展示、とあるが、ほぼ高畠だった印象。
そしてゴメン、高畠さん、ちょっと苦手。衣装なんか見るには楽しいんだけど、人物が気持ち悪くて。

続いて隣接する竹久夢二美術館へ。
隣接と言っても、もう殆ど一つの施設と言っていいと思う。入場料も一緒に払う仕組みだし、建物も直接繋がってて外に出る事無く移動できる。
夢二と言えば楚々とした美人画で有名だが、意外に風景画も発表していて、しかも意外と良かった。
もちろん美人画無しでは今の人気は得られなかったでしょうが、むしろ風景画の後では美人画が俗っぽく見えたわ。
でも今回一番の驚きは夢二さんの無茶な人生(笑)。
風景画の解説の途中にさり気なく「離婚した元妻を旅先に呼び付け旅館で斬りつけた」とか。
たった二年で離婚したその女性との間には3人の子がいるとか(もちろん三つ子ではない)。
いや〜芸術家ってすごい(笑)。

売店には夢二さんのグッズがいっぱいあって、なかなか良い雰囲気の物が多い。
センスは良くでも滅多にこういう物は買わないんだが、今回はちょっと人に送りたい要件があって、椿柄のガーゼハンカチとお揃いのマスキングテープ、それにはいからさんの絵葉書を買った。
…で、マスキングテープって、何に使うんだ???

美術館はナカナカ雰囲気のある建物…と、思ったら玄関の上にヘンテコな銅像が建ってた(笑)
画像






記事へトラックバック / コメント


トーンが溶けた

2017/11/05 16:21
前回の締切り前、最後の仕上げのトーン貼りの時。
未開封のトーンの様子が、なんだかおかしいのに気付いた。
本来モノトーンなのに、なんとなくムラに青い色が見える。袋を開けたら、妙な酸っぱい匂いがする。
取り出そうとしたら袋のビニールにシートが張り付いていて引っ張り出せない。
これは、タダゴトではない!
袋を3方切ってシートからペリペリ引き剥がす。
シート表面がベタベタになってるのは想定内だったが、触ったらインクが擦れて柄が消えてしまい、触った指はインクが付いて真っ黒に。

画像

見た目はこんな↑感じ。
これはまだマシな方で、最初の発見時には気付かずスルーしてしまって、後から見落としに気付いた分。
締切り前の焦っている時だがトーンを入れてる引き出しをひっくり返して一通りチェックしてみると、いわゆる"カケアミ"のトーン、それもICトーンのS-605番ばかりが7枚と、S-758番(千鳥格子)が一枚。
全部外に出して、もしや乾けば何とかなるかと床に並べてみたが、一晩ではベタベタは消えず、インク落ちも相変わらず、溶けた部分の糊は弱くなって粘着しなくなっていろ。
カケアミトーンが使いたかったので、中では被害の少なかった一枚の、青く変色してない部分を試しに使ってみたら問題無く使えたが、他はもう無理そうと諦めた。

とにかく締め切り前なので、仕事を終わらせ、一休みしてからネットで調べたが、「トーンが溶けた」というのは見つからなかった。
トーンは色々使っていて、スクリーントーン、デリーター、デザイントーン、マクソンと各種取り揃えているのに、異常があったのはICトーンのみで、それも品番が限られているので、ICトーンの販売元G-Tooのホームページから問い合わせ先にメールを送ってみた。

週明けに返信があり、そういいうケースの報告は無い、保存場所に直射日光やエアコンの風が直接当たる等の問題が無ければ10年以上は問題無く使える、台紙が劣化したりシートの糊が弱くなる事はあってもインクが溶けるというのは聞いた事が無い、とのこと。
代替え品を送る用意はあるので現物を郵送してくれ、と書かれてあったので、使ってしまった1枚は除いて7枚と外袋と共に、保存に使っているプラ製の引き出しは日光もエアコンも当ててないこと、引き出しの構造が密閉式でないため空気が篭る作りでない事を書き添えて送った。
仕事明けで眠っている間にベタベタは乾いて、擦ってもインクが落ちる事は無くなっていたが、乾く前に擦った跡が残っているし、糊は全く使い物にならなくなっている。
画像

↑ちなみにトーンを収納してる引き出しはこんなの。

すぐに(中2日)代替えトーンが送られて来た。
実は同封したメモに、「溶けたトーンの柄はまとめ買いしたものの使用頻度が低く古くなってしまったもので、できればアミトーン等良く使う品番の物に変更してくれるとありがたい」と図々しい事を書き添えたんだが、それは却下でした(笑)まあ当然か。
そして、今のICトーンには製造年月日が記載されているが、送った品にはそれが無く、記載が始まった15年前より前の品物だろうとの事。
15年!
…うんまあ、良く考えたら、それくらいかもしれない。
まだ仕事が連続してあった頃に、無くなるなんて思いも寄らず調子に乗ってまとめ買いをしたんだった、多分あの時のだ。
それも実物を見ずカタログで決めて、ちょっとセレクトに失敗した物もあり、S-605番も失敗の一つだった。
カケアミって昔はよく使ったけど(と言うか手描きしてた)今時はあまり使わないし、それにこのS-605番は黒すぎて使いにくかったのよね…。
まあ、せっかく送っていただいたので、せっせと使ってみようか。
昨今はデジタル制作に切り替える人が多く、トーンなんていつまで使ってるの、という状況だし、そうでなくてもいつまで仕事があるか分からない。
私ももうあまり買い足しはしないようにしたいなと思っているのだが。

結局古すぎたのが主原因という事になりそうで、ちょっと申し訳無かったが、先方の対応はとても良かった。
ただ、実を言うともっと古い品も混じってると思うんだけど、溶けたのがICのみ、それもあの番号が殆どというのが理由を知りたかったんだけど、まあ永遠に分からず終いでしょうね…。

G-Tooさん、その説はお騒がせ&大変お世話になりました。








記事へトラックバック / コメント


和装小物♪

2017/11/04 14:21
売れっ子漫画家のHさんからメールで、「断捨離してて和装小物始末したいんだけど」との問い合わせ。
私が着物着るのを知ってるので、元々くれる気だったと思うんだけど、「売るのとか考えてないし捨てるのもなんだから」と、思いやりのあるお言葉にちょっと胸熱だ。
遠慮なく、欲しいです、でもバッグと髪飾りは使わない、などと図々しい返信を返したら、送ってくださりました。
画像

ひゃー。
綺麗!可愛い!豪華!!!

帯は半幅だけど、こういう色味を持ってなかったのでとても嬉しい。
下駄も可愛い!半襟は何枚でも欲しい上に、やはりこういう色味は持ってないのでありがたい。帯締めも、抹茶色はまさに欲しかった色だし、黄色味の物も持ってないので一つ欲しかった。
草履も多分未使用でとても綺麗なんだけど、私の甲高の足にはちょっときつくて、今家で履いて慣らしてる。多分大丈夫。
ああ、嬉しい!
半襟、帯、帯締めは、すぐにも使おう、もう手持ちの着物とコーデも脳内で完了してる♪
履物はやはり、慣らしてからでないと遠出は怖いので、お正月あたりを目標に。

狭い部屋に住む私こそ断捨離が必要な気もするが。
着物はお下がりがいっぱいあって、服はだんだん消耗していってるし、徐々に着物の比率を上げていけばいいのかなと。
とりあえず帯締め、早く使いたいな〜。

Hさん、本当にありがとうございました。









記事へトラックバック / コメント


お気に入り♪

2017/11/03 23:20
姉が母に買って来たチョコレートが美味しいので、昨日スパに行く途中に買って来た。
駄菓子のチェーン店太子堂は母の大のお気に入りだけど、輸入品チョコレートなんて置いてるとは知らなんだ。
一袋1000円にビビったけど、いっぱい入ってるからいいや♪
画像

原産国イタリア。へー、イタリアのチョコレートか。
"SOCADO"ですって。
中にクリームが入ってるのにチョコの味がクッキリ際立って最高!

唯一の問題点は欧州らしく一粒が大きい事…いっぱい食べちゃう。








記事へトラックバック / コメント


漫画温泉♪

2017/11/02 22:05
いつも仕事の助っ人に来てくれるIさんのオススメで、RAKU SPA 鶴見に行ってみた。
ここ、普通にスパなんだけど、なんと休憩室に漫画本がいっぱいあって読み放題!
仕事柄、大ヒット作くらいは目を通しておきたくて、以前はよく漫画喫茶に通ったものだが、煙草が酷くて2〜3日寝込むような状態だったので、すっかり足が遠のいてしまった。
そんなワケでずっと漫画読んでない(笑)。

川崎、鶴見駅前から1時間に1本送迎バスが出てて、朝一便10:15鶴見発に乗る予定だったんだが。
お約束の朝寝坊+天気が良かったので洗濯始めちゃって、次の11:15と思ったら、横浜駅からも同じ時刻発の便がある(横浜は1日2本)のでそっちに乗る事に。
横浜はバスに乗ってからがちと長かった、ついでに隣に座った太めの女性がずっとメイクをしていて臭くて閉口した。これから温泉入るんじゃないの!?

入場して説明を聞き、お風呂に入ったのが12時ちょい前。
内風呂は"炭酸温泉"が気に入った。寝湯やジェットバスも。
露天は硫黄泉と、やはり炭酸入りの"絹の湯"、陶器の湯船、寝湯。
寝湯がとても浅くて(寝転んで胸が出るくらい)見た目がとてもカッコ悪いけど今の季節だと快適でした。
景色は残念ながら殆ど見えないけど、お天気が良いので青空が気持ちイイ。
陶器の湯船は一人用で、入ってみるうと意外な肌触りの良さに驚いた。
目の前にディスプレイが設えてあって、こりゃ長湯にいいかも、と思ったんだが、流されてるのはワイドショー。座間の9遺体事件の詳細をやってて、これはちょっと…で早々に出た。

一通りお風呂に入って、さて問題の漫画休憩。
川が展望できるガラス張りの部屋に、大きなリクライニングソファ(足置き付き)がズラリと並び、女性専用スペースもある。
周囲を囲むように漫画本の棚、自動ドアを抜けた先にも本棚がズラリ。
いきなりこんな大量の漫画本の前に放り出されると何をチョイスして良いのやらウロウロしてなかなか決まらない。
悩んだ末、『テレプシコーラ』を手に取った。
賞を取ったりと話題になってたが、うーん、私はちょっとバレエを習ったから面白かったけど、やる前だったらそうでもなかったかも。
と言う事で4巻で一旦置いたが、Wikiで見たらその後の展開が凄かった!読めばよかった(笑)。

一旦お風呂に戻って温まり直し、14時頃昼食を食べに館内レストランへ。
…ここもタッチパネルだわ。経費削減に欠かせなくなっるんでしょうけど、コレ嫌い
なんとなく「温泉、ビール」って至福なイメージがあって、つい中ジョッキ頼んじゃう。カキフライと、もう一品。
"アボカドとサーモンのロミロミ"…これがハズレ。って言うか居酒屋で生物頼むとかバカ?と日頃思っていたくせに、アボカドに釣られてしまって、生臭いわ味付け薄いわで醤油掛けて食べた(残さない)。
カキフライは美味しかったです。
ビールはスーパードライしか無くて半分凍ってて、うん、飲まなくても良かったな。

ほろ酔いで休憩室に戻り、今度は『亜人』4~8巻。
映画になってたのとたまたまネット配信で前半読んでたのでザッと見たけど、もう先はいいや。
しかし佐藤が綾野剛かぁ…フーン?
温泉に戻ってちょっと塩サウナなんかも入って、水風呂も堪能。
また休憩室に戻って今度は『鋼の連勤術師』1~3巻。これはなかなか楽しい。時間が無くて終了。
漫画頑張りすぎてかえって疲れたような(笑)。

休憩室の奥に岩盤浴の施設があり、料金内で利用できるが館内着で利用との事だったので、最後に取っておいた。
硬い一枚岩ではなく砂利が敷き詰めてあって、寝心地は良く長居できそう、ただ動くといちいちうるさいんだけど。
¥岩盤浴に二部屋はいり、「プラネタリウム」と称する部屋にも入ってみたが、硬い床に放射状に寝転んで薄暗い天井にうっすら映る星空らしきモノを眺めるだけで、入り口にデカデカと「室内私語禁止」の貼り紙があるのに隣のおばさん達がずっと大声でお喋りしている。すぐ出た。
専用のバスタオルを洗濯カゴに放り込んで帰ろうとしたらもう一部屋あった。まあ、また今度。
汗だくのまますっかり暗くなった温泉に戻り、最後にまた一通りお風呂に浸かって、洗髪も。
この備え付けのシャンプーが良かったのか、翌朝髪がツヤッツヤで驚いた。

そうそう、覚書。
岩盤浴入るなら、ブラの換えは持って行こう。
ドライヤーかけて化粧して、会計済ませて送迎バスを待つ。
最終が21時だが、さすがに20時発のに乗った。
入館から8時間強、むしろ疲れた。
どうも貧乏性と言うかね、ガツガツしてしまうのよね。
先日行った万葉倶楽部では帰って具合が悪くなったので、今日はそれでも入浴は控えめにしたけど。
帰ったら気分は良いものの、やっぱりグッタリして夕食後すぐ寝てしまった。

今回様子がよく分かったし、漫画が読めるのはなにより。
また行こう、仕事明けのご褒美の定番になりそう。









記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

みかわん控え室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる