アクセスカウンタ

みかわん控え室

プロフィール

ブログ名
みかわん控え室
ブログ紹介
いらっしゃいませ。

みかわん工房の別館です。
本館の近況欄を、こちらに移動しました。

運営の都合上、コメントは受け付けておりません。
御用やご質問のある方、用は無くても無駄話がしたい方は、掲示板にお越しください。


これ以前の記事はこちらをどうぞ。
zoom RSS

風鈴

2017/07/24 20:46
春先からずっと近所に吊るしっ放しの風鈴の音に悩まされている。

こちらに越して来て、以前もすぐ近くの家で風鈴をベランダに吊るしっ放しにしてる家があって、大変迷惑していたのだが。
幸い、最初の風鈴は消えたが、すぐ別の家(今度はアパートの1階)でまた、物干し竿にガラス風鈴をぶら下げっ放しにし出した。
もう夜中も早朝も強風の日もおかまいなし!金属音の連打は続く。
いい加減誰か痺れを切らして抗議してくれないかと毎日願っていたら、ある日気づいたらピタリと止まっていた。

信じられなくて現場(とっくに確認済み)まで見に行ったら、無い!!!
良かった〜。
…と、思ったらまた、風鈴の音。
なんと少し離れた別の家でも庭の物干しに風鈴を吊るしっ放しにしていて、アパートのが鳴ってる時には音が紛れて気付かなかった、と言うか両方をアパートのせいにしていた模様。
どんだけ風鈴好きなんだ、この町の人々は………。

まあ、今度のは少し距離があるので、うるさいけど耐えられない事はないかな、と思って過ごした数日間。
本当に平和で心地よい日々だった。
…そして、また突然。
例のアパートの物干しに、風鈴は復活していた……。

なんなの。
誰かに叱られたんじゃなかったの!?
ぬか喜びさせられて、不快音の無い快適さを味わった後では尚更辛いんですけど!
家で仕事もしなくちゃならない身としては、本当に、本当に辛い。

怒りが再燃するばかりなので、参考になりそうなリンク先を貼っておきます。
風鈴は騒音!
発言小町 マンション、夏の風鈴は近所迷惑ですか?
「風鈴の音がうるさい!」 夏の風物詩が招く隣人トラブルにご注意


何が許せないって、煙草同様、本来全く必要の無い物を当然の権利のように思って人に迷惑かける事。
風鈴の音が自分の家の外で鳴り響いていないと身体を壊す人がいますか?
酷いのになると、保育園に文句を付けるクレーマーと同一視する奴までいる。虫の音と比べたりとかね。
違うでしょ!
話をすり替えるにも程というモノがある。
保育園なら昼間だけだが風鈴は一晩中吹きっさらしの中に吊るしている。信じられない。

しかし世の中はまだ「風鈴の音大好き♪」みたいな人がいっぱいいて、うるさいと言うと引かれる事もたびたび。
あの音は涼しくも何ともないから!
茶碗を箸で叩いて「いい音〜」みたいなモンだから。
踏切の近くに住める人もいるので皆が皆ではないが(踏切だって夜中は鳴らないけど)一般的には風鈴の音は人工的・不自然・不快な金属音ですから。
しかもカン高い音は音量は小さくても響くし反響するし物を突き抜けるので窓を閉めても聞こえ方に大差無い。

年を取ると高音から聞こえなくなると言う。
この町はお年寄りが多いので、あるいは耳が遠くて聞こえてないのかも。
でもアパートの住人、見ちゃったんだよね。そんなに老人ではなかった。
そもそも家の中に吊って風が入って来るのを実感するための物。
(風なら身体で感じれば十分で、なぜカンカン音を立てないと実感できないかも謎だが)
外に吊るして窓閉めてクーラー使ってて何が風情だバカバカしい。

上のリンク先でも、TV局がヤラセをやってたとか、涼しく感じるのは思い込みという実験結果が出たという話もある。
風鈴の音が血圧を下げる、なんて噂もあるけど(実験等の数値は見当たらず)私は元々低血圧なんですけど!?
思い込むのは勝手だけど、やるなら家の中でして。外に出すならまだしも、他人の家の中まで侵食しないで

なぜそんな事がわからないのだろう。
記事へトラックバック / コメント


中学のクラス会

2017/07/22 22:48
と、言うほど本格的ではないんだけど。
中学時代の同級生7人集まって飲み会をやった。
マメな人がいて、ちょくちょくお声を掛けてくれるんで、わりとしょっ中会ってる、と言うか、だんだん顔ぶれも決まって来てる感じ?
そのうちもっと大規模なのを、なんて話もしてはいるが、これくらいの人数は話が一つにできて楽しい。

上大岡も色々変わってしまって、店に着くまで半信半疑。
入り口がちょっとわ分かりにくかったけど、何とか迷わずたどり着けた。
素材屋 屯(たむろ)』食べ物がコースで飲み物は各自。品数も多くちょいと手の掛かった料理が出て美味しかった。量的にもちょうどいい。

もうすっかりおじさん&おばさん集団なので(いやそろそろお爺さんお婆さん…)話題も病気、老化、介護…と、どちらかと言えば暗い方向になりがちなんだが、そこが幼馴染の不思議。
話題は暗く厳しくても、なんだか陽気な気分で話し合えるからおかしなものだ。
それでも出て来る面々は元気そうでなによりだが。

また一人、訃報があった。
野球部の男子。クリクリ坊主にパッチリ目が印象的で、勉強もできて性格も良かった。
勉強できるのに野球が好きすぎて「横浜高校に進学する」と言って止められていたような(笑)。
この歳になれば亡くなる人が出てもおかしくないし、これからどんどん増えていくのだろうけれど。
まだちょっと、早いよねぇ。
ご冥福をお祈りします。

二次会は4人になってカラオケ。
…急に行っても歌える曲が無いんですけど…いつも予習して行くのよ。
まあ同世代の気楽さで、懐メロ大会になりましたが。
天地真理とか歌っちゃったよ♪昔覚えた歌は忘れない不思議。

また近いうち、と言い合って解散。
もう少し経ったら、親(義親)の介護もひと段落するだろうか。
その頃には自分たちが介護される側だったりして…人生は短いね。
記事へトラックバック / コメント


夏祭り

2017/07/16 23:05
今年も地元で夏祭りが開催された。

昨日、母から具合が悪いと電話を受けて、実家へ向かう途中。
画像

狭い道でお祭りの山車に出くわして、路肩に寄って道を譲ったら、山車の後ろに子供神輿が3基も続いてけっこうな長さの行列だった(笑)。
炎天下の午後3時、暑かったわ。
まあ、お祭り大好きだし神事ですから。

そして今日は、神社に神輿が入って出店が並んだ。
画像

神社、通りかかった二箇所でやってて、この近辺いくつか合同のお祭りなのか(知らない)。
プール帰りに買い物をして、アイスを買ってしまったので、見物しながら通り過ぎて買い食いはしなかった。
焼きそばにビールとか、来年は狙っちゃおうかな…?(笑)

それにしても、若い女の子の浴衣姿の多さにビックリ!
普段老人ばかりのこの町に、こんなに若い娘がいたんだ!って←そこか。
最近の浴衣は、ちょっと前に流行ったような妙にケバい物は減って、着付けもバカボンみたいに裾を短く着るのは見かけなくなった。
良い傾向だ。


二年前、部屋を探しに来て不動産屋に今のところを紹介されたのが夏祭りの日だった。
そう言えば更新手続きが控えてるんだっけ。
もう、二年か……。

ところで探したら地元のイベント案内のサイトあったわ。
来月は5日に商店街の盆踊り、海の花火大会が26日、と、覚書♪
記事へトラックバック / コメント


セミ

2017/07/15 22:42
朝、ゴミ出しに行ったらアパートの塀にへばり付いていた。
画像

夜のうちに脱皮(羽化?)して、翅乾かしてるところ???
そっと近づいても微動だにしない。
なるべく足音忍ばせて脇の階段を登り、携帯持って取って返してパチリ。

もっと早起きすれば"現場"が見られたのかなぁ。
残念!
終わっちゃっててもいいから、羽化したての薄緑色のセミ、見てみたかった。
しかしこんな塀なんかでも羽化するモンなのね。よく木の枝とかで抜け殻は見かけるけど。

塀の内側で、私以外殆ど人が通らない(郵便屋さんくらい)場所だし、位置が低くて膝くらいの高さなので多分大丈夫、と思ってたけど。
夕方また通りかかったら、抜け殻だけになっていた。
無事飛び立ってくれてたらいいな。


そう言えば某俳優が「生まれ変わったらセミになりたい」と言ってたらしい。
理由は「長年土の中で暮らして、外に出た時が嬉しそうだから」だと。
セミの子は土の中で幸せだったと思うぞ(笑)。
記事へトラックバック / コメント


服装まとめ。

2017/07/15 20:55
今年のミッチーさん公演『FUNK A LA MODE』、5月半ばから7月半ばまで合計3回、ほぼ自作の服だったので残しておきます。
今回のテーマカラーは「ゴールド&ロイヤルブルー』だったので、手持ちの金色を総動員。


左からカナケン公演、フォーラム公演、下北沢ライヴ。
画像画像画像

カナケンのスカートは昔(学生時代だよ!)友人の結婚披露宴に着て行くために買ったバブリー丸出しデザインのワンピースをリメイク。一応金糸が入ってる。
Tシャツも金ラメだけど金色感が寂しいので、これまた昔友人にもらった金ラメの編み糸で網目スカーフをかぎ針で編んだ。暑くなって後半は外す。
靴は臙脂のバレエシューズタイプで豆を作った

フォーラムは、やはり大昔バリ島で買ったサロン(腰布)で作った鳳凰柄のワンピース。
で、やはり金感が足りないと、先日のスカーフを解いてロンググローブ…と言うか手甲だな、指と掌側は無いの。
フォーマルでロンググローブって憧れだったんだけど、動くとズルズル落ちて来て弛んでしまい、ああゴム入れておくんだったと悔やんだわ(笑)。
足元は茶色の革サンダル。

で、下北は、スタンディングのライヴハウスだったんで、極力身軽に。
…ハイ、スカート。カナケンのを縫い直しました。細身にして丈を伸ばした。
 同じキンラメシャツでと思ったけど、ロイヤルブルーの絹のタンクトップがあった!
それに、昔ハギレで縫った半袖カーディガンを羽織る。
金ラメ入りなんだけど、裁縫箱に入ってた金リボンを襟元に縫い付けて。ボタンも金です♪

実は前夜までサンドレスを作ってて、それで行く気でいたんだけど、どうにも気に入らなくて。
画像

生地が厚手でシャリッとしてるので、脇とか擦れそうだったのよ。太って見えるし。汗もあまり吸いそうにない。 
当日起きてから急に思い立って、ウエストからジョキジョキ、タンクトップもそれから決めた。
正解でした。本当に暑かったからね。
スカーフ→グローブと使い回した金糸は、また何かできないかと解いてあって、色々考えたけど結局使わなかった。

近頃はお裁縫もあまりやる気が起きなくて、もっぱら繕い物とかで休日が終わってしまうんだが、考えてみたらお出掛け回数が減っているんだわ。
着物もなかなか着るチャンスが無くて…少し生活を考えなくては。
記事へトラックバック / コメント


青空の妖精

2017/07/14 23:15
今日は夜は恒例『シナリオの会』なんで、クソ暑い3時頃からプールへ行った。
お出かけ着のワンピースの下に水着を来て出掛けたのに、わずか10分程のスポーツクラブへの道程で汗だく、ワンピースも水着の無い部分はビショビショ。

そんなバカ陽気の晴天の中。
プールのある4階には野外ジャグジーがあり、普段あまり利用しないのだが、今日はふと見るとガラス越しにイイ感じで日陰になっている。
なんかとっても気持ちう良さそうなので、ガラス戸を開けて外に出てみた。
(クラブのプールサイドにも室内ジャグジーがあり、通常はそちらを泳ぐ前後に利用、中でストレッチをするのが定番コースになってる)
予想通り、気持ちいい!!
殆ど雲ひとつ無い青空。
この辺りはそんなに高いビルも無いので、ジャグジーに浸かるとほぼ視界に入るのは空だけ。
プールのあるフロアが直射日光を遮って、涼しい風だけが吹き抜ける。

湯船の縁に頭を持たせ掛けて空を仰ぐ。
銀色の飛行機が飛んで行くのが見える。
飛蚊症のせいで真っ青な空にモヤモヤと糸くず状の障害物が浮遊して見える……。
これはもう、20年以上前からの事で、青空やら真っ白な紙(つまり仕事道具)なんかを見ると見えるんだけど、明るいと見えやすいけど体調にもよるようで、近頃そんなに気にならなくなっていたんだけど。

それが今日は、飛蚊症とは明らかに違った、細かな白い点がチラチラと動いて見える。
青い空に針で突いたような小さな光る点が無数に空いていて、それがキラキラと動き回ってる…。
なに!?これ。
乱視も老眼も進み、飛蚊症もあって、いい加減酷いコンディションの目だとは思っていたが。
聞く所によると、加齢と共に視界は黄ばんで来るとも言う。進んだ先は白内障ね。
…とうとう青空さえマトモに見えなくなってしまったか、私の目。

軽く絶望しつつ泳いでシャワーを浴び、クラブを出た頃には17時を回っていて、まだ空は青いものの光量はかなり落ちていた。
道を歩きながら、先ほどのキラキラを思い出し、空を見上げて見ると、相変わらず青い空にキラキラは見えなかった。

ブルーフィールド内視現象と、言うのだそうだ。
取り敢えず病的なものではなく、特に心配は無いらしくて一安心。
『青空の妖精』なんて通り名もあり、昔は霊的な現象とも言われたとか。
…しかし今まで見た事が無かったのは、逆に不思議かも。
白血球が見えちゃうとか…なんだかなぁ。

人の身体って、まだまだ色々、不思議なおかしな事だらけなんだろうな。
記事へトラックバック / コメント


ハーブティー

2017/07/14 22:11
友人に会ったらハーブティーの詰め合わせをくれた。
画像

ブログ見たら大変そうだから」。

うわぁ〜。

そんなに大変そうだったでしょうか、ワタクシ???
…まあ帯状疱疹から立て続けに目玉の血管やられた挙句、ジェシカ・アルバの腹筋とか言ってる時点でかなり危ない人に写ったかも(笑)

ありがたくいただきました、オレンジ&ジンジャーが美味しかった。
ご馳走様でした。
友達はありがたいねぇ。
記事へトラックバック / コメント


木曜どうでSHOW☆

2017/07/13 23:51
ミッチーさん下北沢で緊急限定ライヴ開催。
行って来た、というより行かせていただきました、当選率20%だったそうで。

小松の公演で「今回ツアー楽しい」「足りない」「ライヴハウスでやっちゃう?」なんて話した、という噂は聞いていたけど、その半月後に本当にやってしまうとは!
実はコッソリ下準備してたのでは、なんて勘ぐりもしましたが、どうやらガチらしい。
すごい!そんな事本当に出来るんだ。
しかもほぼフルメンバー(ダンサーさん二人がいないのはステージの狭さが主理由だと思うし、"執事さん"はいなかったけどご本人は裏方仕事してらした)。
何が驚いたって、限定グッズが販売された事。
ロングタオルと手首サポーター…裏方さん倒れてないだろうか???

小松が6/27。開催発表されたのが翌々日6/29の夜。7/3正午まで参加者募集、当日中に当落通知、翌日中にチケ代振込。
私は今年は見納めのはずで名残惜しく思ってたので、喜び勇んで応募したけど、急だし平日だし、そんなに希望者はいないかなと思っていたんだけど。
通常と違う手順の上「期日までに入金の無かった方は今後イベントや先行予約等お申し込みをお断りする場合がございます」みたいな注意書きがあって緊張した。
当日は整理番号が300番近かった(定員400)のでのんびり出掛けた。
散々悩んだ末、荷物は預けず小さめのショルダーバッグ。ワンドリンクの水(500ml)をもらったらバッグの口が閉まらない(笑)。足元はスニーカー。
下北沢GARDENは駅至近。暑い日で、入場待ちの地下室は物凄い熱気で息苦しく、風通しの良い外に出て本を読みつつ頃合いを待つ。
好んで後ろに立つ人も意外に多くて、ちょうど真ん中辺のどセンター位置に立てた。
一人参加だと、ここから開演までが1時間以上薄暗い中で立ちっ放し、本も読めないから退屈で。しかも会場内、始まる前から物凄く暑い
ステージは低くて客席に傾斜も無いので心配だったが、けっこう良く見えた、ってか、近い!

駆け付けた400人はガチのファンばかり、さすがの熱気。
客同士の距離もギチギチに近いので文字通り肌に伝わって来る熱さ。
ミッチーさん登場時の歓声がすでに「キャー」ではなく「ウヲォオ〜!!」と力強い。
あの狭いステージにホーン隊まで入るとは。ドラムの”師匠”が「近すぎてうるさい」と言っていたけど、さもありなん。
最初からりえさんも物凄いテンションで踊りまくり。この人本当に40代半ばなのか…間近で見ても信じ難い。
曲はほぼ、ツアーと同じ流れだったが、ダンサーがいないせいもあって降りはかなりアバウト。通常ギター持つ曲も今日は持たず、ヘンなダンスがいっぱい見られた(笑)。
舞台の上も下も終始ハイテンションで、バラード以外はほぼずっとゲラゲラ笑ってたような。
MCが短かった分、2時間半と短めで、アッという間だったけど濃い〜ステージでした。

グッズの手首サポーター。
始まってすぐくらいのMCで『拭ける手首』なんて言ってて(本公演では『光る手首』を売ってる)その場は笑ったが、あまりの発汗量に「欲しかったかも…」と思った中盤。終盤には「サポーターじゃ足りなかった」と思ったが。
もう汗で拍手する掌がペタペタくっ付く始末、途中ペットボトルの水をタオルに染み込ませて拭き拭き。
オールスタンディングで覚悟はして行ったが、右前の人がゴツいバッグを斜め掛けして後ろに回してて当たって痛い…と思ってたら打ち身になってた(笑)右太ももに二箇所、バッグの上の角と下の角。

最後はいつにも増して名残惜しそう(ステージの上も下も)で、ミッチーはBGMに合わせて歌いながらベーシスト君の腕を掴んで引き止めたり歌わせたり。
メンバー皆が退場しても、曲が終わるまで殆どの人が動かず手拍子が続く。
「またこういうのやりたい!」と言ってくれたので、期待してまっせ、本当に!

本日は入り待ち出待ち禁止。街中だから仕方ない。
アンケート用紙をもらったがペンを持参してなくて、一応受付所へ行ってみる。
係の人が持ってたのをお借りしてお礼と賛辞を書き殴り(そういう勢いだったのよ)ノック式の芯を引っ込めて返そうとしたら、ペンのお尻が光ってる。
太めのボールペンだなと思ったらライト機能も付いているヤツだった。思わず「あ、なんか光っちゃった」と言ったらお兄さんは笑って「いいんです、これは」と言ってくれた。

外に出たはいいが、汗だく。
ちょっと電車乗れる姿じゃないんですけど…。
昼間は激暑だった街は、いい感じに涼しい風が吹き、場所は青春の下北沢。
汗が引くまで少し…と、カーディガン(スタンディングで肌出し過ぎると良く無いと聞いて着てた)を脱いで歩き出し、結局三軒茶屋まで歩いてしまった。懐かしかった。
ちょっと脚が棒になった。


ところで。
今日のショーの興奮冷めやらず、ツイで検索して参加の皆様の感想を聞こうと思ったら、話題は『ハガレン』一色。
マスタング問題は一通り済んだと思ったのに実写版の写真が出回って再燃した模様。
もうその話はいいよ…ある種名誉ではあるのでしょうが。
記事へトラックバック / コメント


アルバの腹筋

2017/07/08 23:35
録画しといた『イントゥ・ザ・ブルー』見てて、ジェシカ・アルバちゃんの腹筋に衝撃を受けた。
画像

…いえね、凄いのは腹筋だけじゃないんだが。

映画は、ストーリーは単純(ビキニのアルバちゃんが出てこない終盤ちょっと退屈)だが、アルバちゃんが可愛く美しく(潜りもうまい)、舞台は青いカリブ海!と、最高。
ダイビングが恋しくなった。

で、脳内で並べて比較するのも悲しい話だが、今日は久々に筋トレに行って来た。
土曜早仕舞いなのでプールはお休みしてジムだけ。
腹には付かない体型だったのに中年過ぎると無残なモノで、ちょっと油断するとドスコイな人になってしまう(今も)。
もう一年半前になってしまうけど、ギックリ腰やってから怖くてなかなか動き出せず、そうしてるうちに色々弱ってしまったのか、このところ疲れやすくて疲れが取れにくく、要するにずっと疲れてる
今回の帯状疱疹目玉出血も、もう自分の身体がボロ雑巾になったような気がして相当に落ち込んだ。

仕事が終わって10日間、ほぼ寝て過ごした。
そろそろ、鍛え直しにかかってもいい頃だと思うんだけど?
とは言え正直、昨夜無事ゴーグル着けて泳いだものの、まだちょっと目玉出血が怖い部分もある。
しばらく水泳は控えめにして、ジムとスタジオを少し増やして行こうかな。

と、いうワケで、アルバちゃんはヒップも凄いのであった。
画像

記事へトラックバック / コメント


完治宣言

2017/07/07 23:52
目玉のね。
画像

ちょっと充血は残ってるけど、この程度なら全然通常営業♪

たまたまかもしれないんだけど、プールでゴーグル装着した途端に切れたようだったんで、ちょっと怖くなっていて、先週木曜日からずっとプールは休んでた。
スポーツクラブは何度か顔を出したけど、ゴーグル着けて泳ぐのが怖くてね。
やっと今日、久々に泳いで来ました。
大丈夫だった!!!

いや〜プールサイドには鏡なんて無いし、気にしてるとなんだか右目だけ痛いような気がして来るし(万年疲れ目で痛い事は痛いんだけど)気が気じゃなくて。
早めに上がってシャワーの横の鏡覗き込んで、無事を確認した時は本当〜にホッとしたわ。
でもやっぱり、まだ痛みが残っているような…。

とりあえず、まあ完治と思っていいのかなと。
「2週間くらいで消える」と言われたので、少し早めの回復でした。

しかしあの女医ムカついたなー。
ネットの口コミとかで流してやろうかと思ったけど、それはあんまりなんでやめておきました。
でももう2度と行かないよ。
記事へトラックバック / コメント


床下の換気扇?

2017/07/05 14:04
母から電話。
「床下の換気扇の検査に来たいって言って来たんだけど」
は?換気扇?
知らないうちに、床下に換気扇を設置していたらしい。
その業者が電話して来て「今日の1時に来てもらうって約束しちゃった」
…ああ、そうですか。

徒歩20分の実家へ行く。
「ワ○ミさん(宅配弁当の配達員)は居留守使っちゃえば、って言うんだけど」ダメでしょそれ(笑)
電話では容量を得なかったが、要するにずいぶん前に家の一部リフォームをしたさいに、キッチンに床下収納庫を作り、そのついでにと勧められて縁の下に換気扇を付けたのだが、その管理と言うか様子を見に業者が来る、という事らしい。
来る前にネットでざっと検索したところ、「詐欺とまでは言い切れないが効果は殆ど期待できない」そして「価格によっては詐欺」。
値段を聞いたが「そんなん覚えてないわ」。本当か怪しいものだが、そう言えばこのリフォームの後、何度か騙されたような事をもらしていた。
当時は全く別々の生活だったし、好きにしなされと思って取り合わなかったんだけど。
電話で業者が来る事を承諾したものの、断りたいというのが本音の様子。
じゃあハッキリ言わないと何度でも来るよ、なんて話していたら呼び鈴が鳴った。

仕方ない、キッパリ断ればいいんでしょと玄関ドアを開け、門前に軽トラを停めて覗き込んでる作業服のお兄さんが名乗るのを受けて挨拶をしようとした刹那。
背後から母の声。
「もうお宅とは縁を切りたいんです」
どひゃ。
ニコニコしてたお兄ちゃんの顔がスーッと真顔になる。
「もう使ってないそうなので、けっこうです、ご苦労様でした」
と言ったらスンナリ帰って行った。

…かーちゃん。
朝の気弱な電話は何だったの。
記事へトラックバック / コメント


久々新感線!

2017/07/01 23:53
仕事の仕上げをタラタラやってたら、近所住まいの中学の同級生・Sさんからメールが入った。
「7月1日に舞台新感線なんとか城シーズン鳥っていうのチケットもらったけど行く?」
えっと……………これは、もしや。
画像

と、いうワケで行って来ました!
髑髏城の七人 鳥

最後に観た新感線公演っていつだっけ?
多分2010年春の『五右衛門ロック/薔薇とサムライ』を赤坂で観たのが最後かな。
ご無沙汰の原因は主に経済問題だけど、豪華客演が増え、客層も変わり。
でも久々で懐かしくもあり、何と言ってもタダ券で、仕事は終わったばかり!
喜び勇んでOKし、ルンルンで仕事を終え待ちかねていたんだが…目玉切れる
ちょっと顔怖いんですけどー(怒)!!!
これまた久々に着物着て出掛けようと、実家の箪笥から掘り起こした白地の絽の着物の袖を詰め(お嬢さん仕様で長かった)吊るして、半襟も縫い付けて、ワクワクしていたのに!!!
切れたのは3日前だったんで、もしや目立たなくなるかも…と期待して、まあ多少はマシになったものの、やっぱり相当怖い
加えて天気は雷雨の予報…。
ギリギリまで迷ったけど、今回は諦めて、洋装にサングラス着用で行きました。
あー残念!
…でも結局、行きも帰りも雨に降られ、少なくとも白地の絽は無理だったな。

最寄り駅前で待ち合わせて新橋から"ゆりかもめ"に乗る。遠いな〜。
駅に降りたら案内板も何も無く、やたら空き地が広がってて、とりあえず皆に付いて行ったら見えていた、なんかプレハブ小屋みたいな平屋建ての『IHIステージアラウンド東京』。
うわ、ショボッ!というのが第一印象。周囲に見事に何も無いので中に入ると狭いロビーに人がごった返していて、どうやら会場時間前だけどグッズ売り場とカフェのために人を入れている模様。まあトイレ並んでたらすぐ開場になったけど。
新築建材の臭いプンプンの通路を通って、後ろから3番目くらいの端っこ寄りの席に座る。
館内放送で「座席が動きます」とか言っててビックリして、「動くの?」「前の方だけじゃない?」等言い合っていると、Sさんと反対隣の一人客の女性がいきなり「客席全体が回るんです」と教えてくれた。
聞けばこの前シーズンの『』も観たと言うのでちょっと様子を聞いたりしてて、じき開幕。

キタキタ、いつものテーマ曲。コレ聴くと自動的に血が騒ぐ程度には、未だに新感線ファン。
開幕と同時に座席がガタッと揺れる。あ、本当、動いてる…要するに従来は舞台が回ってたところを客席が回って別舞台の前に行くと。
面白いシステムだが動くたびにガクンとなって、ちょっと集中力を削がれたな。
でもアンコールが素晴らしかった!
今までの舞台装置がほぼ全部リピートされて、各シーンの主要人物がそこに佇んでいる。うおお。

キャストに関しては事前にHPで確認して覚悟はしていたが、馴染みの劇団員がほんの数名いるだけで、主要キャラはほぼ客演。
ちょっと寂しいが、つまり『花鳥風月』の4公演に、それぞれ劇団員を小出しにしているらしい。
今回は粟根さんと池田成志さん。ぶっちゃけ、二人の登場シーンが一番笑いを取っていたし、まあ安定感は凄いモノがある。
しかし「小劇団のジュリー」と呼ばれた(笑)成志さんが、まさかの贋鉄斎!笑ったけど。
主演のアベサダ君は…うーん。嫌いじゃないし巧みだとは思うけど、捨之介は違うでしょ!
という気持ちは最後まで払拭できなかった。小さいし。
天魔王の森山未來と蘭兵衛の早乙女太一は、私的にはほぼ文句無し。いや〜ねちっこいわ(笑)。
二人とも体幹が完璧で、微塵もブレない立ち回りの華麗さはお見事、体格も割と似てると言うか質感が似てるのか、むしろこちらが表と裏みたいで、ますますアベサダの存在感が浮いてしまってな。
歌も踊りも軽快で楽しいんだけど、やっぱりこの役に必要な重厚さとか色気とか、無い
軽さと重さを軽々と使い分ける古田さんって、本当に凄かったんだね。

恥ずかしながら、オリジナル舞台は見ているものの大昔でうろ覚え。
…でも、確かに観た覚えはあるんだが、こんな話だっけ???
と、終始モヤモヤしていた。
やはり脚本は手直し(それもかなりの重要部分を)してある模様。
あの、ゾクゾク〜ッ!と来た、肝心の部分がスッポリと…うーん。
それでも、バカだらけの"関八州荒武者隊"には笑って泣けたし、"沙霧"役の女優さんもキリリとした美人で、松雪さんも相変わらずお美しく、グレードアップした贋鉄斎も大活躍、いささか軽すぎる印象のアベ捨之介も、比べなければチャーミングで健気な奴ではあった。

そんな具合に芝居はまあ普通に楽しめたのだが、心は実は別のところで揺さぶられていた。
舞台装置も衣装も、当時のテイストを継承しつつ豪華に大掛かりになり、有名どころの客演が多く集まり、そもそもこんな4部構成の企画が打てる、凄い成功だと思う。
新宿の狭い劇場で小さな座布団に膝を抱えてギュウ詰めで観た、あの頃、こんな新感線が見られるとは予想だにしなかった。
それと引き換えるように、内容に熱が無いと感じるのは、私の"青春補正"のせいなのか。
そしてその私は、今こんな状況で無料券に飛び付いている。
どう贔屓目に見ても青春は終わってしまったね。
まあ正直今回、ジャニーズも歌舞伎も参加してない事が救いと言うか、嬉しいポイントだったんだが。

新感線とゆりかもめを甘く見ていた。
アンコールをサックリとぶった切られて劇場を出たら22時過ぎ。
新橋で夕食を、とか言っていたのに地下街はシャッターが降りていて、空きっ腹を抱えて家に帰り着いたのは0時ちょい前だった。

あ〜絽の着物、リベンジしたいなー。
いくら透け物と言っても、真夏になってしまったら暑くてキツイんだけど、夏になるまで梅雨だしな…。
うーん、なんとか着る機会は無いものか。


あ、余談。
行くのが決まってネットで情報集めてたら、コレの初日にミッチー夫妻が来てたとのつぶやきを見付けた。
うわ〜惜しい!今日にしてくれたら良かったのに。
アベサダさん関係かな?そう言えば森山君を好きだと言ってたな。
記事へトラックバック / コメント


目玉。

2017/06/29 16:31
また目玉の血管が切れた…。
画像


仕事が終わり、月曜日に受け渡しに行って、戻ってから火曜日も一日中眠り(食事だけは取る)水曜日、午後やっと起き出して実家で母と夕食を食べて、さて久しぶりにプール♪
と、ウキウキで行ったスポーツクラブ。
いつものように水着に着替え、まずはジャグジーでストレッッチ、プールに入って少し歩いてまたストレッチと定番コースを終え、さていよいよ!とゴーグル掛けて泳ぎだした、殆ど途端。
右目の端に痛みが走る。
仕事とPCでもう万年疲れ目で、いつもドンヨリ痛みがあるんだが、そんなんじゃなくて。
とりあえず向こう岸まで泳ぎきり、ゴーグルを掛け直して往路を泳ぐ、が、痛みは消えない。
これはただ事じゃないと水から上がり、いつも入るジャグジーも省略して、プール入り口のシャワー前の鏡を覗き込む…やっぱり。
前にも何度がやってるので、そんなに驚きはしないが、ああ、またか…という思いと、土曜日はお出かけなのに!という思い、それに今回は酷く痛いような気がして泣きたくなる。
家に戻って考えたら、そういえば口の中に血豆状に内出血ができる事も近頃多い。
とにかく夜だし痛いので、目を休めるように支度をしてその晩は早く休む。

翌木曜日、午前中から近所の眼科を受診した。
予想通り診断は『結膜下出血』。
ネットで見た通り、心配は無いと言われたが、今回は痛みが強い気がするし、口の中の事もあり、血管が弱くなったりしてるかも、と心配だったので相談したかった。
「以前にもやってますが今回痛むんですけど」と言いかけると「眼球が出血で腫れるからゴロゴロしますね」いえゴロゴロじゃなくていたいんですけど、と思ったが言う前に「またきっとなりますよ」。はぁ?
さらに若い女医は畳み掛けるように「たいした病気じゃないんで。2週間もほっておけば治ります」「治療も薬も必要ありません」。
…なんだかこの医者はダメだ、という気がして、それでも一応原因や予防法を聞いてみたが「ありません」と一言。
でもね先生、今はネットとか、皆見てるのよ。目薬処方されたとブログで上げてる人もいれば、"専門家"のサイトで「頻発したり痛みがある場合は受診して」と出ているのよ、だから来たの。
他の病院を探そう。
そろそろ老眼も進んで、眼鏡のを作る相談もしたかったのだが。
この人とは会話ができない。
しかし先日の帯状疱疹の皮膚科も「軟膏は無い」とか言ってたし。
老人ばかりでヤル気が無い町なんだな…。
まだ痛みも残っていたし、とりあえず右目を覆って休ませつつ、1日寝て過ごす。

翌々日、金曜日。
画像

ちょっと散って来たけど、まだまだ十分怖い顔。
土曜日はお出かけで、久々に着物で…と思ったけど。
洋装ならグラサンで誤魔化せるけど、着物で紫眼鏡はちょっとだよねぇ。
一応着るつもりで、実家の箪笥から掘り起こした白地に緑の紅葉柄の絽の着物を用意したんだが。
お嬢さん用に袖降りが長かったので切り詰めて吊るして、楊柳地の長襦袢に半襟も縫い付けて、明日の目玉出血具合と天気で決める事に。

そして土曜日、結局着物は諦めて、昔ベトナムで仕立てたチャイナ風ワンピで出かけました。
まあ、コレ着るのも久しぶりだったし、いいんだけどね。
画像

最後に日曜日の夜の写真。
うん、やっと人間らしくなって来た(笑)
これくらいなら裸眼で街歩いても大丈夫だったのに、1日遅かったな…。
記事へトラックバック / コメント


原稿完成。

2017/06/27 21:28
金曜日までだった締切を月曜日まで延ばしてもらえたおかげで、終盤はマッタリと仕上げをする事ができました。
画像


結局ギリギリまでやっちゃう、と言うか、近頃はすっかり体力も集中力も衰えて、途中休憩日を入れないと40ページが完成できない。
なぜこうも疲れやすいのか…今回は帯状疱疹も挟まったから、まあね。
とりあえず、終わりました。

今回は持ち家を買ったはいいが、理想には程遠く、家具や小物にこだわりつつも思うようにいかない…という設定を思いついてしまったんだが、正直私自身、そんなに家具やらにこだわりが無い(笑)。
それに、漫画の画面で質感の安っぽさとか出すのって難しくて、結局セリフで説明するくらいしかできなくて、なんとも歯がゆい思いをした。
実際に家具や小物もいっぱい出さざるを得なかったんだけど、作画は大半を助っ人さんにお願いしてしまいました。
綺麗に描いていただけて、かなり作品の質が上がったかと(笑)いかんせん後半に残った分を私が描いたのが汚くて、その差歴然なのがなんですが。
なんでこう、クチャクチャっとなってしまうのか、私の絵。

でもまあ、とにかく、終わりました。
月曜早朝(2時頃だったかな?)に完成し、「一杯だけ」と用意の白ワインを飲みだしたらワインで止まらず(笑)。
翌日は朝一お届けの約束が、目が覚めたら昼時で、慌てて編集様にメールしたら「5時頃でいい」と言われてまた寝る。
逆算してプールに寄って、軽く泳いで往復3時間で届けて、戻ってまた一杯飲んで(今度は疲れてて本当に一杯で)9時頃寝る。
夜中の2時に目が覚めてまた一杯飲んで寝て、火曜日は朝起きてご飯食べて寝て昼起きてご飯食べて寝た。
夕食時にまた起き出して残り物を食べて、さて、また寝ようかな?


掲載雑誌は『本当にあったかなりひどい話 9月号』発売は来月18日。
よろしく♪
記事へトラックバック / コメント


国際フォーラム感想

2017/06/26 22:21
仕事真っ只中に抜け出して行った、東京国際フォーラムのファンカラ公演
仕事も終わったので覚え書き、書いておきます。


まず、5000人規模のホール、関東地区で本ツアー最後の日、収録有りと聞いて、「どうせまた3階隅っことか(実は2階立てでした)でしょ」とやさぐれて待った指定席チケット。
なんと1階11列目かなんかで、端っこブロックだけど通路寄りのいい席。
席確認に行ってステージの近さと背後の客席の広大さにビビって、トイレ(これも奇跡的に殆ど並ばずに入れた)後はじっと席に座って待つ事にした。
もらったチラシなんかをボンヤリ見ていたら、ふいに「お一人ですか?」の声。ナンパ?な、ワケない(笑)
見ると、若かりし大塚寧々を清楚にしたような美人さんが緊張の面持ちで立っている。「はい、一人ですが」
すると「席交代していただけませんか、ここより前で中央寄りです」差し出されたチケットは、中央寄り5列目。はいぃ!?
聞けば、体調が優れず通路側にいたいのだと。だからってあなた…せっかくの良席を。
戸惑いつつも喜んで席替えさせていただいた。
いったいなんのご褒美なの?
幕が開く前から緊張する程緞帳が間近。
そして始まったらもう、近い!しかもほぼ中央で、物凄いいい席なんですけど大塚さん(じゃない)!!!
と、いう、夢のようなラッキーに恵まれて始まった、今日のワンマンショー。
しかも会場が大きくて、始まってすぐのMCでもメンバーさんが「後方席からの"気"が凄い」と言っていた通り、ヒートアップするにつれ背中に押し寄せる熱気が物凄い。

収録して今年もわうわうさんが放送してくれるそうだし、あまり細かな事書いても誰が読むんだ(笑)という話なので、ざざっと記憶に残った事を。

登場時のシルエットを見て「うん?」と思ったらMCで「今日はプロのヘアメイクさんにやってもらったの!」ああ、収録仕様ね。で「目の細い稲垣吾郎ちゃんみたい」それ!私もまさにそれ思った(笑)

「生まれ変わったら汗をかかない二重まぶたの女の子になりたい。(長いので中略)パンチラもいとわないっ」ごめん今夜一番笑ったかも。
しかし来世も確実に美しく生まれる前提で話してるよね。そこは微塵も疑らないのね。

火が出た!
火の玉がボォン!って!!!
凄い、イリュージョン!?大きな火の玉が4つ…5つ?ちょっと数える余裕がなかったけど、何度も出た。
「グッズの売り上げでセットが豪華になっていきます」って嘘じゃなかったんだ。すいません貢献してません。

小うるさい奴で申し訳ないのだが、私やっぱり”ヒカリモノ”嫌いなんだよ…。
今回はライトじゃなくて、腕輪状になっててon/offできる『光る手首』というグッズで、「バラード以外はお好きに」という事だったんだけど、やっぱりチカチカして気になるの、眩しがりとしては。もう白内障進んでるのかも。
映像映えするのは分かるしステージからは壮観でしょうが、せめて1、2曲限定にしていただきたい。
今回はすぐ前の席の年配の方が途中で座ってしまって(それはご勝手ですが)説明を読んでないのか手首のライトを点けっ放し。お互い立ってるか両者座っていればそうでもないんだが、あちらだけが座って手を膝に乗せていると、本当に眩しい。
本音を言えば全廃して欲しいんだけどな…ダメなら曲限定で、なんてここで言ってても仕方ないけど。

後は…これ大丈夫だよね?
『モラリティー』は嬉しかった!
後から考えたら収録用だったのかも、と思ったけど、その場は本当に聴けると思ってなかったので驚いて、しばらくポカンと口を開けてしまった(笑)
特に思い入れは無いと思ってたんだけど、私にとっても特別な曲になっていたようです。

それにしてもステージが近い、近すぎる!
なんか息遣いとか聞こえちゃって生々しかった(笑)後半マジで息も絶え絶えだし。
ミッチーさんはもちろん、間近で見る女性陣の美しさに見惚れてしまった。ダンサーさんの、あ、脚!!!すごいです。
そして間近に見る”執事”チエホフ氏も、凄い笑顔に見事な仕事ぶりで感動した。マントの受け止め方もスター並みにカッコよかった。良い表情をする人ね。
終盤は執事と言うよりお父さんみたいだった(そんなお歳じゃないね、失礼)。信頼関係も間近で見た。

『遠隔アーチェリー』は、お気に召したようだからまたやるかな。
福本清三さんをお手本にリアクションを研究したい。
画像



幕が降りてから急いで、チケット交換してくれた人にご挨拶に行った。
体調が、と言ってたから帰ってしまったかも、と思ったが、ちゃんといて、わりと元気そう。「通路側で安心して楽しめました」と言ってくれた。
こんないい席初めてでした、とか言って、通路で少しお話しして、一瞬食事でもお誘いしようかと思ったが体調悪いと言ってたし…と、ぐるぐるして、結局お礼だけ言ってお別れした。ありがとう大塚さん(じゃない)。

さて。
仕事放り出して来たし、今日はまっすぐ帰りますよ。
アンケートに記入して、ズラリ並んだ花束を見物して、雨の中帰路につく。
今年はこれでオシマイと思うと寂しいけど、大阪ファイナルに行く根性は無いし、両方良い席でラッキーだった(臭かったのを除けば)
体調も戻って来たし、なんかスッキリしていっぱい元気もらって、明日から楽しく働けそうな気がする〜♪
まだちょっと心配なので、一人打ち上げ(アルコール的な)ができないのが残念。


記事へトラックバック / コメント


お疲れ様。

2017/06/23 13:57
お気に入りのスニーカー、気づけば優に10年は履いてた。いや多分15年(笑)。
画像

履きやすさはもちろんの事、ジーパンのみならずスカートでも合わせやすいホッソリしたフォルムで、色も紫って意外と何にでも合わせやすいんだ、と実感した。
もう長い事ボロボロになっては繕って(カカトが磨り減れば補強材で塗り固める、合皮部分の表面が剥げればば樹脂絵の具を塗ってカバー、靴底が剥がれれば靴用接着剤で貼り付ける…)頑張って履き続けて来たが、さすがにもう、いい加減お暇を出す頃合いかと。
いや頃合いはとっくに過ぎているんだが。

どうも私、特定の物に執着心が強いのか。
(長年使った仕事机を手放す決意をした時実際お別れした時の阿鼻叫喚)
お別れが悲しいです。

ところで靴って、"何ゴミ"だっけ???


仕事はまだやってます。
背景も効果線も終わり、これからネーム書き入れ。
コピー貼り用にコンビニにコピー取りに行かねば。
ベタ塗りくらいまで今日中にできるといいな♪
明日明後日でホワイトとトーン貼り。
画像


出口が見えて来た!
記事へトラックバック / コメント


国際フォーラム

2017/06/18 23:25
行って来ました、仕事抜け出して、帯状疱疹(ほぼ終了)もお構いなく。
FUNK A LA MODE』ツアー東京国際フォーラム公演。
広かった!いい席だった!楽しかった〜!

病み上がり、と言うよりここ数日泳いでないのが祟ったのか(両方だと思うぞ)帰って来てから体へろへろです(笑)
でも心は元気いっぱいもらった!

とにかく仕事終わらせるので感想等また後で。ハプニングもあった。
とりあえず美輪様の美しい花束を置いておこう。
画像

よくお花を贈ってくださってるんだけど、いつもなんだか美輪様で凄いなぁと思う。
何と言うか、色使いが妖艶で。ご本人が花まで選んでるとは思わないけど、イメージ大切。
ちなみに奧は東海林のり子様。

身体は痛いけど(筋肉痛)なんか後半は、仕事楽しんでやれそうな気分♪
記事へトラックバック / コメント


病状。

2017/06/16 00:06
薬の効果があったのか、発疹は広がりもせず数も増えず、痛みも出ないまま。
相変わらず痒いのが続いている。
仕事はあまり進まないが、まあ昨日今日は仕方ないと思う。

それよりプールに行けないのがちょっと辛い、でも行かない方がいいと思うし、こんなブツブツできた人と泳ぐのはイヤだと思うしな。
むしろプールに費やす時間分1日が長くなるのを喜ぼう。そしてその分は休もう。
病気なんだからさ。
せっかく続けてるダイエットも、運動量が少ない(ほぼ引き籠りで座りっぱなし)ので足踏み状態。
(実はこのダイエットも帯状疱疹の遠因だったかも、と少し思ってはいるんだが…ストレスという点で)

日割りのノルマには程遠いけど、今夜は早めに寝よう。
お風呂に入ると気持ちいいのよ、痒いのがちょっとしみて(笑)
悪くはないようだけど、これ発疹が進んで水ぶくれになって潰れたら(以前はそうなった)、まずいかな?
今回は軽めだし、薬の効果に期待して、水ぶくれにならないといいな。

…やばい、酒が飲みたい(爆)
記事へトラックバック / コメント


帯状疱疹!

2017/06/14 14:22
あーあ、やっぱり。

昨日、朝方から何となく左の胸の上の方が痒くて、虫刺されかな?と軟膏など塗っておいだんだが。
助っ人のIさんが一昨日、昨日と来てくれて、日中真面目に仕事している中、ずっとホンノリ痒くて、夕方薬を塗り直そうとTシャツをめくって見たら、なんかポツポツと発疹が出てる。
気付けば背中側、ちょうど胸の発疹の真裏辺りにも痒みが。やはりまとまって発疹が出てる。
画像


昨夜のプールはお休みしてお酒も飲まずに早めに就寝、今朝になっても症状は変わらないので皮膚科を受診した。
診断は「帯状疱疹」。
…ああ、やっぱり、という思いと、え?でも…という思いが交錯。
実は30余年前、一度帯状疱疹をやっている。
その時も左の胸から背に掛けて、今回より少し低い位置に出たが、発疹が出る前から痛くて症状が進むにつれ激烈な痛みに苦しんだ。痒くなったのは発疹が水ぶくれになっれ潰れた最終段階で、その前は痛みだった。
医師にそう言ったところ、前回で免疫ができているせいかも、との事。
…だが、正直な感想を言うと、この先生あまり確信があって診断しているとは思えない。
「まあ放置して悪化するとまずいので一応薬飲んでおきましょ、特に酷い副作用も無い薬なので」。

うーん。なんか検査方法とか無いんかい!?っていうね…。
まあしばらく仕事で休養もできないし、18日にはイベントも控えているのでとにかく早く治る事を祈って、毎食後薬飲みますよ。


病気は気が重い(前回本当に地獄の苦しみだったのもあって心配…薬効きますように)し仕事も進める気力がちょっと萎えているんだけど。
へんな言い方だけど、ちゃんとした?病気でちょっとホッとした部分もあり。
ここ半月ばかりの気力の無さ、疲れやすさは尋常ではなかったので、理由らしきモノが見えたと言うか、本当に体調悪かったのね、と。
本気で鬱病進んじゃってるのかと心配した(その可能性が否定されたワケでもないんだが)。
とにかく仕事は終わらせなくちゃならないけど、ダラダラ働くのは控えて、シッカリ休憩取りながら集中してやろう。

主原因は"加齢"と"ストレス"だそうで。
まあ両方とも心当たりはありますが今更感も。
あ、近所の吊るしっぱなしの風鈴の音、物凄いストレスだわ。
今もカンカン大騒ぎしている。

でもあの医者、塗り薬は無いと言ってたけどネットで検索すると普通に軟膏を塗る、と出てるし、服に擦れて痒さが増すので軟膏あると楽そうなんだけどな…包帯巻きにくい位置だし。
以前指にイボができて通った皮膚科が定休日で、初めての病院に駆け込んだので、信頼できるか不安。
なんで定休日に引っかかるかな…orz


まだ先は長いよ…。
記事へトラックバック / コメント


ネーム!

2017/06/09 01:05
終わった!!!

ざまーみろっ!

って、誰に言ってんだか(笑)

とにかくこれで、ひと段落。
でも、まだ少し手直しをしたい。
そもそもまだ原稿用紙が手元に無い!
予定では昨日、いやもう一昨日だ、ネーム終わらせて買いに行くはずだったのに。
まさかの丸二日遅れ。

いやいや、締め切りにはまだ、間に合う。

てなワケで明日は原稿用紙を買いに行って、その足で恒例シナリオ教室の会へ。
それで明日1日は終わる、多分。

記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

みかわん控え室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる