アクセスカウンタ

みかわん控え室

プロフィール

ブログ名
みかわん控え室
ブログ紹介
いらっしゃいませ。

みかわん工房の別館です。
本館の近況欄を、こちらに移動しました。

運営の都合上、コメントは受け付けておりません。
御用やご質問のある方、用は無くても無駄話がしたい方は、掲示板にお越しください。


これ以前の記事はこちらをどうぞ。
zoom RSS

お疲れ様。

2017/06/23 13:57
お気に入りのスニーカー、気づけば優に10年は履いてた。いや多分15年(笑)。
画像

履きやすさはもちろんの事、ジーパンのみならずスカートでも合わせやすいホッソリしたフォルムで、色も紫って意外と何にでも合わせやすいんだ、と実感した。
もう長い事ボロボロになっては繕って(カカトが磨り減れば補強材で塗り固める、合皮部分の表面が剥げればば樹脂絵の具を塗ってカバー、靴底が剥がれれば靴用接着剤で貼り付ける…)頑張って履き続けて来たが、さすがにもう、いい加減お暇を出す頃合いかと。
いや頃合いはとっくに過ぎているんだが。

どうも私、特定の物に執着心が強いのか。
(長年使った仕事机を手放す決意をした時実際お別れした時の阿鼻叫喚)
お別れが悲しいです。

ところで靴って、"何ゴミ"だっけ???


仕事はまだやってます。
背景も効果線も終わり、これからネーム書き入れ。
コピー貼り用にコンビニにコピー取りに行かねば。
ベタ塗りくらいまで今日中にできるといいな♪
明日明後日でホワイトとトーン貼り。


出口が見えて来た!
記事へトラックバック / コメント


国際フォーラム

2017/06/18 23:25
行って来ました、仕事抜け出して、帯状疱疹(ほぼ終了)もお構いなく。
FUNK A LA MODE』ツアー東京国際フォーラム公演。
広かった!いい席だった!楽しかった〜!

病み上がり、と言うよりここ数日泳いでないのが祟ったのか(両方だと思うぞ)帰って来てから体へろへろです(笑)
でも心は元気いっぱいもらった!

とにかく仕事終わらせるので感想等また後で。ハプニングもあった。
とりあえず美輪様の美しい花束を置いておこう。
画像

よくお花を贈ってくださってるんだけど、いつもなんだか美輪様で凄いなぁと思う。
何と言うか、色使いが妖艶で。ご本人が花まで選んでるとは思わないけど、イメージ大切。
ちなみに奧は東海林のり子様。

身体は痛いけど(筋肉痛)なんか後半は、仕事楽しんでやれそうな気分♪
記事へトラックバック / コメント


病状。

2017/06/16 00:06
薬の効果があったのか、発疹は広がりもせず数も増えず、痛みも出ないまま。
相変わらず痒いのが続いている。
仕事はあまり進まないが、まあ昨日今日は仕方ないと思う。

それよりプールに行けないのがちょっと辛い、でも行かない方がいいと思うし、こんなブツブツできた人と泳ぐのはイヤだと思うしな。
むしろプールに費やす時間分1日が長くなるのを喜ぼう。そしてその分は休もう。
病気なんだからさ。
せっかく続けてるダイエットも、運動量が少ない(ほぼ引き籠りで座りっぱなし)ので足踏み状態。
(実はこのダイエットも帯状疱疹の遠因だったかも、と少し思ってはいるんだが…ストレスという点で)

日割りのノルマには程遠いけど、今夜は早めに寝よう。
お風呂に入ると気持ちいいのよ、痒いのがちょっとしみて(笑)
悪くはないようだけど、これ発疹が進んで水ぶくれになって潰れたら(以前はそうなった)、まずいかな?
今回は軽めだし、薬の効果に期待して、水ぶくれにならないといいな。

…やばい、酒が飲みたい(爆)
記事へトラックバック / コメント


帯状疱疹!

2017/06/14 14:22
あーあ、やっぱり。

昨日、朝方から何となく左の胸の上の方が痒くて、虫刺されかな?と軟膏など塗っておいだんだが。
助っ人のIさんが一昨日、昨日と来てくれて、日中真面目に仕事している中、ずっとホンノリ痒くて、夕方薬を塗り直そうとTシャツをめくって見たら、なんかポツポツと発疹が出てる。
気付けば背中側、ちょうど胸の発疹の真裏辺りにも痒みが。やはりまとまって発疹が出てる。
画像


昨夜のプールはお休みしてお酒も飲まずに早めに就寝、今朝になっても症状は変わらないので皮膚科を受診した。
診断は「帯状疱疹」。
…ああ、やっぱり、という思いと、え?でも…という思いが交錯。
実は30余年前、一度帯状疱疹をやっている。
その時も左の胸から背に掛けて、今回より少し低い位置に出たが、発疹が出る前から痛くて症状が進むにつれ激烈な痛みに苦しんだ。痒くなったのは発疹が水ぶくれになっれ潰れた最終段階で、その前は痛みだった。
医師にそう言ったところ、前回で免疫ができているせいかも、との事。
…だが、正直な感想を言うと、この先生あまり確信があって診断しているとは思えない。
「まあ放置して悪化するとまずいので一応薬飲んでおきましょ、特に酷い副作用も無い薬なので」。

うーん。なんか検査方法とか無いんかい!?っていうね…。
まあしばらく仕事で休養もできないし、18日にはイベントも控えているのでとにかく早く治る事を祈って、毎食後薬飲みますよ。


病気は気が重い(前回本当に地獄の苦しみだったのもあって心配…薬効きますように)し仕事も進める気力がちょっと萎えているんだけど。
へんな言い方だけど、ちゃんとした?病気でちょっとホッとした部分もあり。
ここ半月ばかりの気力の無さ、疲れやすさは尋常ではなかったので、理由らしきモノが見えたと言うか、本当に体調悪かったのね、と。
本気で鬱病進んじゃってるのかと心配した(その可能性が否定されたワケでもないんだが)。
とにかく仕事は終わらせなくちゃならないけど、ダラダラ働くのは控えて、シッカリ休憩取りながら集中してやろう。

主原因は"加齢"と"ストレス"だそうで。
まあ両方とも心当たりはありますが今更感も。
あ、近所の吊るしっぱなしの風鈴の音、物凄いストレスだわ。
今もカンカン大騒ぎしている。

でもあの医者、塗り薬は無いと言ってたけどネットで検索すると普通に軟膏を塗る、と出てるし、服に擦れて痒さが増すので軟膏あると楽そうなんだけどな…包帯巻きにくい位置だし。
以前指にイボができて通った皮膚科が定休日で、初めての病院に駆け込んだので、信頼できるか不安。
なんで定休日に引っかかるかな…orz


まだ先は長いよ…。
記事へトラックバック / コメント


ネーム!

2017/06/09 01:05
終わった!!!

ざまーみろっ!

って、誰に言ってんだか(笑)

とにかくこれで、ひと段落。
でも、まだ少し手直しをしたい。
そもそもまだ原稿用紙が手元に無い!
予定では昨日、いやもう一昨日だ、ネーム終わらせて買いに行くはずだったのに。
まさかの丸二日遅れ。

いやいや、締め切りにはまだ、間に合う。

てなワケで明日は原稿用紙を買いに行って、その足で恒例シナリオ教室の会へ。
それで明日1日は終わる、多分。

記事へトラックバック / コメント


ネーム進行中

2017/06/06 01:22
やってますよ、ええ。
新作40ページのネーム、テーマは「家の問題」。

かれこれ10日前にはザザッとプロットが思い浮かんだのに、どうにもその先に進めなくて、別の話をアレコレ考えてはまた戻り。
その間延々と眠り、目が覚めてはまた来た道を戻り、の繰り返し。
どうしてこうも、ネーム中(と言うかストーリー考える間)って眠いのだろう???

とりあえずやっと、プロットがラストまで箇条書きで終了して、コマ割ネームが11ページまで終わりましたよ。
ここで時間切れもあり、一休み。
一杯(では絶対に済まない)飲んでまた眠って、できれば朝から続きをやりたい。
大丈夫!
キツイのは10ページまでだから。
不思議な事に、ページ数が20ページだろうが50ページだろうが、10ページを超えるとフッと楽になる。
ジョギングしてて走り出し10分が一番キツイのと似てるかも、何故か。
だから明日は、絶対ネーム完成させられる。

しかしマズイ事に、先日TV放映した『ダ・ヴィンチ・コード』が何とも消化不良で、ウッカリ原作本を借りて読み始めてしまったら、面白い!!!
やはりこういった理詰め(薀蓄満載とも言う)のミステリって、映像化は難しく、小説が適した表現なのかも。
まだ上下巻の上巻の途中までだけどね、そう思う。

更に、ついついまた編み物、それもかぎ針編みで欲しいモノを思い付いてしまって、編み出してしまって。
棒針はまだしも、かぎ針ってずっと目が離せないしずっと数数えてるしで、他に何もできない。
…なんでまた、仕事しなきゃいけないタイミングで………(泣)

そして『ファンカラツアー』東京国際フォーラム公演は、どう考えても本作の仕事中に抜けて行くしかないのだが。
会場大きいし東京だし、撮影は入るしで、どうせ二階席後方でしょ!と、やさぐれていたら、あらまあ1階前チームに配置された!脇だけど。
あ〜仕事終わらせてから心置き無く一人打ち上げに行きたかったなー。
今更ソレは無理。

取り敢えず体力温存しつつ、頑張ってやるしかない、ようだ。
頑張ってるんだからねっ!!!
記事へトラックバック / コメント


髪切った。

2017/06/03 22:03
遅れまくってるネームを作りにファミレスに行って、なんとかプロットはまとまったのでひと段落。
プールで泳いで外にでたらまだ昼間という、私としては珍しい時間配分になったので、前から目星を付けていた1000円カットの店に飛び込んでバッサリやっていただきました。
画像

…切る以前の写真が残っていないので比べようがない…衝動的に動くから、もう。

ちょっと伸びすぎて、降ろして動くと脇の下に髪の先が挟まって邪魔、というくらいの長さになってまして。
それはともかく、細くて絡みやすい毛質で、シャンプーも面倒になって来たので切りたい切りたいとは思ってたんだけど。
いや〜、シャンプー楽っ!!!
もっと思い切ってショートにしたい気分もあるが、いつ着るともわからない着物を着る時の事を思うと、最低限アップにできる長さはキープしたいのですよ。
ショートカットでカッコ良く着物着こなしてる人もいるけどね。

さて、いいからネーム描きなさいよ、ってね。
記事へトラックバック / コメント


右足災難続き

2017/05/31 21:55
カナケン公演の帰り道、ちょっと痛いな…と思っていた右足の親指付け根、帰って見たら赤くなってて、ああ皮が破れなくて良かった♪と思ったのだけど。

画像

一夜明けたら↑こんなんなってました…。

立ってる時間が長いのは分かっていたから履き慣れた辛くない靴を選んで行って、今まで一度もトラブルの無かった靴だし、なによりこんな部分に靴擦れ作った事が無い。
これっていわゆる”外反母趾”!?
見れば確かに、親指付け根の骨がグリッと出っ張っているような。
今まで痛み等も無く気にもしていなかったし、第一私の生活は靴に締め付けられるとか、外反母趾の元凶になるような事は本当に少ないのに。
進むと嫌だなぁ。

取り敢えず、潰したいけどそうなるとプールが面倒だし(バイキン入っても薬を直接塗れないで、悪化させた経験アリ)と、そっと絆創膏を貼って、柔らかそうな靴を選んでプールへ行ったが、更衣室に着いて見たらもう破れてた。
諦めて耐水性絆創膏を貼って水に入る。
幸い化膿する事も無く、数日で無事浮いた皮が取れてくれた。




水ぶくれも治った31日、今度は自宅で小指を引っ掛けた、やはり右足。
画像

痛かった…!!!
数十秒間、へたり込んで動けず息を殺して耐えた。
激烈に痛かったけど、以前も小指引っ掛けた事があって、あの時は左だったけど、それと比べて重症ではないと判断、病院へは行かなかった。
よく見ると、どうやら指先に当たったようで、危うく爪が剥がれそうになってる。

元々足の小指、押し潰されて変形してて、爪だか皮だか判別できない部分があったりしてたんだが。
わりと最近「甘皮を放置すると爪の成長の妨げになり変形したりする」という記事を読んで己の爪を見てみたら、見事に小指だけ甘皮がはびこっていた。
靴で潰されたとばかり思って放置していたが、もしやコレが一因…?と、お風呂上がりに甘皮を爪から引き剥がすようにし始めて、数週間。
確かに爪の形がマシになって来てる。左右差があって右の方がマシなんだが、左もだんだん爪らしくなって来た、矢先。
すっかり爪全体が血豆状態になってるけど、甘皮はサボらず剥がしてます。


記事へトラックバック / コメント


カナケンでファンカラ♪

2017/05/21 11:45
タイトルわけ分かんない(笑)

FUNK A LA MODE』行って来ました。
本ツアー初参戦、地元神奈川県民ホール。

近頃本当に、本当ぅ〜〜〜〜〜に、出不精になっていて、家を出るのが辛い。こんな年に数度のハレの日なのに!(笑)
開場時刻ギリギリにやっと身支度を終え、関内駅から歩き出して、なかなか着かないので焦り出す。そう言えばけっこう距離があったのね…徒歩15分。いや、若い頃は「すぐ近く」と感じた、この距離感。
みなとみらい線『日本大通り』で下車すれば良かったのね…覚書。
(ところで関内駅、いつの間にやら野球の青いヘルメットが乗っかったデザインになってる!かっこわるー。いくらスタジアムの最寄駅とはいえ、まさか今時、横浜市民が皆ベイスターズファンとは思ってないでしょうが。)

到着した時には開場していて、座席確認もしないで例によって長蛇の列のトイレに並び、席に座った頃には開演時刻になっていた。危ない危ない。
1階後ろ左寄り、とボンヤリ確認していたが、行ってみたら通路後ろで目の前が手すり。距離はちょっとあるけど視界は広いし手すりにもたれて立てるので楽チンな良い席でした。
が。
左隣が…その、いわゆるふくよかな女性で。臭うんです、開演前から!
花柄のスカートなぞお召しで髪も綺麗にセットして、決して不潔なワケではないと思う。本人には多分、どうしようもない事だよね。でも…参ったな。
案の定、上演中はますますで、正直呼吸が辛い
そして狭い座席のこと、どうしても大柄な左隣さんと(ごく軽い)接触が度々で、ついつい身体が右側に逃げてしまう。右隣の人(とても小柄)は怖かったかも…デカいのが寄って来て。ご免なさい。

ショーの内容はもう、相変わらず良かったです。
前日が静岡公演で連日とあって、ミッチーさんは開幕から超ハイテンション(空元気!?笑)、一部終了の頃にはエンディングか?という位の盛り上がりようだった。
今年はちょっと、大人っぽい雰囲気かな?セットとか照明とか、それに衣装も、かなり私好み。
TVの宣伝でMVを見た時は「え〜この曲ぅ!?」と不満だった『紅のマスカレード』も(私はヒロミGOが嫌いなのよ)、紅の衣装でダンサーと踊るスパニッシュ風ダンスがカッコ良くて、これでいいのだ!となってしまった(笑)。
新曲は『アクアリウム』がとても綺麗な曲で、『ガールフレンド』も切なくて。『愛し愛されまSHOW』はまあね、こういう曲あるといいかもね、という感じ(笑)。米米のカバー『sure danse』も楽しかった。
実はNewアルバム、買ってない。
(一応予習として視聴はして行きましたが)
恥ずかしながらMacが新しくなったらCD聴けない環境になってしまって、どーしよーかなー、とグズグズしてるところ。ご免なさい。

今回の”光り物”グッズは『光る手首』と称して、電池式で光るブレスレット。
棒振り回すよりは邪魔にならないし、ちょっといいかな、と思っていたんだけど、入場がギリギリだったんで購入どころではなく、でも客席から見た感じもほんのり綺麗で良かったです。
うっすら参加したいような、でもやっぱりいいやグッズは。
ポンポンも今年も100均で手作り。重ねてご免なさい。

終演後はロビーでゆっくりアンケートを書いて、プラプラと出待ち列最後尾に並ぶ。
駐車場の脇で、メンバーが次々と出て来て車に乗り込むのに「お疲れ様でした」と小声で囁く(近隣の迷惑にならないように、との注意を守って)ベイベーさん達。もうホント好き(笑)。
コーラスのりえさんが細くてお美しくて見とれてしまった。「りえさんていつも(こちらを)見てくれてるよね」「綺麗で謙虚よね」と周囲の囁きが聞こえる。ステージでは女王の風格なんだけど、本当に物腰が柔らかくて気配りしてくれる感じが素敵。
ミッチーさんは「まだ息が切れてるの」と訴えつつ、王子式のお辞儀とかして車に乗ってもずっと手を振っていて、もう本当にお疲れ様でした、ありがとう。

次回にして今年最後の参戦は6/18東京国際フォーラム、仕事の真っ只中だ!
ひー。
記事へトラックバック / コメント


四代目。

2017/05/20 23:24
腰を傷めて忘れてたけど、実はMac操作時はバランスボールに座っていた。
先代がすぐ潰れてしまって、しばらくはいいや…と放置していたが、誕生日だしダイエットも続いてる事だし鍛え直そうという事で、新しいのを購入しました♪
画像

………小さかった…………。

実は先代、三代目に当たるヤツが大き過ぎたんで、今度は小さいの、と思ったら小さ過ぎたという。
それにちょっと安かったせいか、座った時の凹み方が大きい、つまりパンパンに膨らまない。
ケチったワケじゃなくて、以前はどこでも見かけたバランスボールが、近頃はあまり店頭に置いてない。
…まあ、買ったはいいが邪魔になるばかり、というのは健康器具の宿命でしょうが(笑)。
そう言えば、ちょっと前のドラマなんかで部屋をゴロゴロして邪魔になってる、って描写を見たような。
私も以前はデスクの足に紐付けてストッパーにしてたんだけど、この部屋に移ってから作り付けのカウンターに紐かけにくくて三代目をゴロゴロさせといたら電気ストーブに瞬殺された…(泣)。

で、四代目、小さくて、座るのに足が疲れるしキーボードの位置も高過ぎて打ち辛い。
仕方ないので使ってないベッドマットを畳んで敷いたらいい感じ。
おまけに使ってない時はマットの奥に押し込めばゴロゴロしない♪
見た目貧乏臭いので、後でちゃんとしたカバーを作ろう。

ちなみに、初代は紺色、二代目は黄色。短命だった三代目は綺麗なグリーンでした。
四代目ピンク、これからよろしくね。
記事へトラックバック / コメント


サクラダリセット後編

2017/05/17 23:00
誕生日なワケですが。
まあ、毎年変わらず、特になんと言う事も無く迎えました。
しいて言えば赤ワイン空けたくらいかな。


で、水曜レディスデイなので、観て来ましたよ。
画像

サクラダリセット 後編』

すいません、前編見てないんだけど。
評判(動員も)が非常に悪くて、後編は公開中止かも、なんて噂にもなり、実際大幅に上映館が減らされたという曰く付き映画。
一応特番とか見て予習はして行ったけど、その時点で置いてきぼり感ハンパない(笑)。
劇場貸切だったとか聞いて心配したけど、サービスデーのおかげか私の行ったシネコンでは20人はいたな、観客。

で、感想ですが。
うーん地味
原作がラノベという事で、小説ならいいのかもしれないとは思ったが、映画としてはとにかく、絵的に地味過ぎるし内容が面倒臭過ぎる!
そして複雑なトリックを見せられても「どうせ無いから、”能力”とか」という、冷めた目で観る事をやめられなかった。

そもそも主役二人がちっとも可愛く無い。何故こんなモッサリした子達を主演にするのか???
そして生徒たち全体に、高校生ってこんな?なんか初々しさが無いぞ…主要キャストを検索したら、だいたい成人済みじゃん。ダメでしょもう、コレだけで。
この年頃の2~3歳は大きいよ、そして重い。
青臭い発言も、自分勝手な理想論も(私にはそうとしか思えなかった)幼ければ仕方ない。そこが全然、許す気になれないのは痛い。

我らがミッチーさんは、いい感じで気持ち悪くてとても良かった。
いえね、そろそろ安定の…と思いつつ見に行ったけど、「ここまでか…」と、ちょっと感動した。本当に身も蓋も無い芝居するよね(褒めてます、全力で)。
スミレちゃんは美人で良かった。しかも恐るべき事に、ミッチーとのカラミが素晴らしく、負けず劣らず気持ち悪い(褒めてます)。役柄なのか素養なのか、「同じ人種?」という気さえした。監督や出演者がヒロインそっちのけで絶賛してた記者会見も納得だ。
あと索引さんも美人だった。私が眼鏡秘書フェチなせいもあるけど(笑)。
そしてカガヤ君ね。美味しい役ではあるけど。背が高くて見栄えが良い。お顔はちょっと、ミッチーの弟とかでも通りそう(笑)。

ストーリーはね。
"能力"無くていいじゃん?という気持ちは最後まで翻らず、個人のトラウマをつついて力技でもぎ取った権力ってどうなのよ?
まずクライマックスが話し合いか(地味〜)…って思ったら話し合いにもならなかったでござる。
スミレちゃんは切なくてちょっと感情移入した。どうも私、フラれる側に気持ちが行ってしまうのよ、いつも。
しかも未来が見える能力とか、想像も付かないけど、つまり彼と自分が一緒の未来は無いと知った上での自己犠牲とは。
対するヒロインときたら、そんな彼女を褒め殺した挙句「彼の傍でそうなるから私」と、勝利宣言。ラストは彼に「貴方の記憶の全てが欲しい」げ〜っ怖っ!!!
ラノベらしいとはいえ、ずっと敬語を貫き通すのも気持ち悪い(あ、前者と全然別の意味でね)。
あの男もなんだかね、あんなに尽くしてもらって少しは心揺れたりしないのか?終始無表情で、クールと言うよりボンヤリしちゃってるんだよね…似合いだよ、君たち(笑)。
後はアレだ、結局浦地さんのママはどうなったんだ?その辺りもちゃんとして欲しかったけど、まあ活躍は充分過ぎたくらいだし、仕方ないか。

あ、出演発表になった時に感想書いてたんだっけ。
ラノベか…
タイトルが表す通り、あまり期待してなかったんだけど、まあ映画に関してはほぼ予想通り、でも芝居に関しては期待以上、だったかな。


帰ってからネットで感想を検索したら、素敵な言い回しがあったので記録。
「そして忘れてはいけない、及川ミッチーの怪演。一つのことを貫き通している男というものは、やはりひとかどのものだということを改めて思い知らされる」
「ミッチーくんは 彼らしい悪役を楽しそうに演じてて適役だし ボクが役者なら こんな役演じたい!てな感じでした♪」
わお♪
かっこよくない!?
記事へトラックバック / コメント


煙草は嫌いだと改めて。

2017/05/13 01:40
毎月恒例シナリオの会、先月は仕事とカブッて欠席してしまったため、今日は二ヶ月ぶり。
飯田橋、遠くなってしまったんで仕事中抜けるのが苦痛なんだけど、近頃本当に体力が無くて一時間半電車に乗ってるとヘトヘトで、実は仕事が無くて暇な時でもけっこう重荷になって来てる。

ここ3日ばかり泳ぎ損ねてたんで、プールに行ってロッカールームで化粧して、そのまま会場へ。
荷物(濡れた水着&タオル、メイク道具一式、車中読む本)重いです(笑)。
毎月同じ"ルノアール"の会議室なんだけど、今日はイヤに空気が悪い。煙草ね。
会議室内で吸う人は一人もいないんだが、空調で店内の空気を循環させているらしく、いつもけっこう煙草臭いんだが、今日は特に酷くて(前に部屋を使った団体が吸ってたのか?)、窓も無いのでドアを開けたり空調きつくしたりしてはみたんだが。
到着10分で目眩、コメカミが冷たくなって来て、これはまずい…と席を立った。
店を出て周囲を一回り。なんとか持ち直して部屋に戻る。
少し空気はマシになっていたけど、やっぱり臭い…帰りたい。
また気分悪くなったらもう帰らせてもらおうと思ったが、なんとか2時間持ちこたえた。
色々言われてるけど、本当に飲食店全面禁煙になってくれたらどんなにいいだろう。
お願いします、助けて。

二時間話して帰り道、電車乗り継いで品川駅に来てみれば、京浜急行線が止まっている…………。
ちょっとぉ、具合悪いんですけどワタクシ。
なんて、1日働いた帰り道の皆様に申し訳ない事を思いつつ、別ルートで帰る。
ちょっと、と言うかかなり遠回りにはなるが、復旧を待つよりずっといいし、別のルートが取れるのはありがたい。
時間にして約30分オーバー、は良いとして、電車代が倍近くになってしまったのは悔しいな。

家に辿り着いた途端に己の全身から立ち上る悪臭に耐えきれず、速攻でシャワー。
臭い、本当に臭かった。


ところで、ダイエット開始から3週間を過ぎたワケですが。
入らなかったスカートが楽勝で着られるようになってて、ちょっとイイ気分♪
体重がなかなか落ちず、なんでかなーと思っていたんだけど、まあサイズはダウンしてるって事ね。
本当に疲れやすくて思うように鍛えられない(頑張ると翌日寝込んでしまう)けど、食事制限だけでは厳しいので、ぼちぼち運動量も増やしていきたいなぁ。
記事へトラックバック / コメント


病院。

2017/05/08 19:45
連休中、母の具合が悪くなって、休み明けを待ってかかりつけの病院へ行った。
2 、3日殆ど食べてないのにバスに乗るという母を説き伏せてタクシーを呼ぶ。

連休明けの病院は予想通り激混みで2時間は待つが、受付で「順番が近くなったら携帯に連絡入れます」と言われ、迷わず連絡をお願いした。
が、病院の待合室を出ても寛げるような場所が無い。家に戻るには時間も中途半端。
母が向かいのドラッグストアに行くと言うので入ったら、何故か炭酸飲料のボトルを2本も買ってる。それ持つの私なんですけど…ココで買わないといけない物でもないのに…と、思ったが好きにさせた。
買い物が終わると「待合室に戻る」ああ、そうですか。
病院嫌いなんだよ。いるだけで疲れる、生気吸い取られる

医者はいつもの先生ではない若い人。
一通り話を聞いて「ガンを疑ってもおかしくない状態」だと。そのくせ処方は胃薬と整腸剤?で、様子を見るんだと。
さらに点滴をして行くと楽になるからと言われて、受けて行く事にした。
時刻は正午を回ってる。看護師さんが「1時間か1時間半」と言うので、隣のスーパーでお弁当を買って裏の公園のベンチで昼食にした。
ダイエット中で炭水化物控えてるんだけど…まあいいか。浅利ご飯弁当、美味しかった。海風も心地よい。
病院へ戻って、そろそろ1時間半なので処置室へ行くと「点滴あと半分残ってます」エ〜!?
…最初から2時間半か3時間と言ってくれれば一旦自宅(病院からは実家より私の部屋が近い)へ戻ってノンビリできたのに!
持って来た本も読み終わってしまった。待合室に置かれた雑誌はずっと同じものが置かれていて全部目を通しちゃってる。
幸いお天気は良いので、また外に出て、海まで散歩するか…と、歩き出したら、荷物が重い
そりゃそうだ、500mlボトル2本だもん。点滴やってる場所に置いて来れば良かった。
途中なんだか腹が立って、コーラを開けて飲んでしまった(笑)

やっと点滴が終わり、タクシーを呼んで病院前で待ってると姉からメールで「薬は届けられないから病院前の薬局で買って」…薬剤師の姉が母の薬は管理してると思ってたので、散歩中にメールで処方を送ってたんだけど。
遅いよ!!
タクシー来ちゃった。
後で考えたら、タクシーに母だけ乗せて(重い荷物も)私は後から歩いて帰ればよかったんだけど、疲れ切って焦ってて全然頭が回らず、一緒に乗ってしまった。

実家に着いてバッタリ。
2時間ばかり眠って、少し落ち着いたが、ヘトヘトな上酷い頭痛。
(左側の首がずっと良くなくて、肩こりが進むと頭まで痛むようになってるんだが、原稿上がって少し休めば治ってたのが今回は酷くて、むしろ仕事中より酷い事になっている。)
どうしてこんなに疲れるんだろう…???
姉には「薬届けて」とメールしたが返信は無し。
仕方ないので駅前のドラッグストアまで行って薬出してもらい、実家に戻って「お薬カレンダー」に振り分ける。
夕食の支度も嫌なので駅前で寿司を買って母に払ってもらったから、まあいいや(笑)。
ダイエットは一時休止。

私の手際も悪いのだが、本当に疲れた。
記事へトラックバック / コメント


知らなかった。

2017/05/08 02:34
某掲示板でフィギュアの面白い写真を貼る、だかというのがあったので、迂闊にも開いてしまった。
知らなかった。いや薄々そんなイヤな気配を感じ取って、近頃フィギュア自体観なくなってしまっていたのだが。

かの韓国人選手の写真を貼ると袋叩きになるらしい。
そればかりか、通報され速攻削除、というのが"日本の常識"なのだそうで、結局彼女のどんな写真が貼られたかは見る事もできなかった。

なんだかね。
道歩いてて犬のウンコ踏んだ気分。

日本の常識には反するかもしれないが、私は浅田真央が嫌いだ。
記事へトラックバック / コメント


薪能

2017/05/07 13:20
近所の古刹で毎年開催される薪能、ここ何年が気になっていたんだけど、今日初めて行って来た。当日券自由席。
画像

演目は狂言『朝比奈』と能『六浦』。
どちらも地元にまつわる物語で、萬斎さんが狂言のシテで出演。
いや〜寒かった!

真夏のような暑さだった昼間の外出の後実家で雑用を済ませ、自室への道なりにある会場の古刹へ直接行ってみたらすでに長蛇の列で焦ってしまい、徒歩5分の自室へ戻らずそのまま並んだ。
服装はすっかり夏仕様で、15時の時点で風が立って来て寒くなる予感。
16時に発券、そのまま開場、席取り。こういう時一人だと困ると思いつつ、荷物を座席に置いてトイレの長蛇にまた並ぶ。
…だからさ、男性用の簡易トイレなんていらないってば!待ち時間女性30分男性2分。毎年やっててなんなのこの不手際っぷり。なんて話を前に並んだ見知らぬご婦人と交わしつつ、これなら自室に戻った方が早いくらいだったな、冬物上着も着て来られたし。

当日券のスペースは出入り口近くの隅っこで、前の方は座布団敷きで疲れそうなので後ろのパイプ椅子席をGet。
画像

傾斜が無いので見え辛いのは残念だが、古刹の庭先に設えられた野外舞台は予想通り良い雰囲気。
このお寺は周囲を緑に囲まれた擂り鉢状の中にあり、ちゃんと民家が視界に入らないのは配慮されてるんだろう。軽くタイムリープ気分に入れる。
舞台の背景一杯にケヤキの巨木が風に揺れ、茂みの向こうから鶯の声…カラスやトンビ、暴走族も(笑)。
17:30の開演時には、まだまだ明るくて、薪能なのに?と思ったのだが、まずは「区長のご挨拶」。
あー、そういうの。どうやら町興し的なイベントらしく、そう言えば行列整理の人達も素人臭かった。
続いて能役者?(お名前失念、ご免なさい)のご挨拶と上演作品の解説。
面倒臭いなぁと思ったけど解説は面白かった。ネットでも簡単な予習はできたけど、違いますね、やはり。
ご挨拶の次は、浴衣姿の地元子供達がゾロゾロと舞台に上がり、連銀。
その声に被さって遠くから木遣りのような声が聴こえてくる。
木立越しに見やると、薄暮れの中、法被姿の人々が松明を掲げて太鼓橋を渡るのが見えた。
子供が終わると次は大人の連銀。それが終わる頃、ぐるりと池を回って松明が到着(松明掲げてるのがお寺の住職と知ってビックリ!)し、いよいよ薪に火が入った。

お待ちかねの萬斎さんが登場の、狂言『朝比奈』。
ちょっと心配だったが、意外に台詞も聞き取りやすく、繰り返しが多くてテンポもゆったりなので分かりやすかったし、客席からはけっこう笑い声が聞こえていた。
役者さんの身体能力の高さにドキドキ。朝比奈の萬斎さんもだが、閻魔役が凄かった。そして「もうやめたげて…」と思ったわ(笑)。

続く能『六浦(むつら)』は、ズバリお寺の名前が登場する、と言うかこの寺が舞台。
『常緑の楓』というのは今でも池のほとりに立っていて(ちょっと普通の楓と葉の形が違うような…)ちゃんと立て札に解説も出てるが、能になってるのは知らなかった。
画像画像
気が付けばすっかり日は暮れて、立ち上がる炎に飛ぶ虫が反射して輝いて見える。ザワザワと風になびくケヤキの枝が舞台効果のように盛り上げる。火の粉や煙が舞台を横切る。遠景に、連休中限定でライトアップされた朱の太鼓橋が浮き上がる。
解説で「注目」と言われた紅葉の精の衣装は、金の下地に緑の紗を重ねて、薪の灯に風に様々に反射して表情を変える。
繰り返される謡、微動だにしないシテの佇まい。幽玄、荘厳。
画像


…が、風が吹くたび震え上がる私…半端なく寒い!
周囲は雪山装備みたいな格好で震えているのに、私ときたら半袖Tシャツに薄手の綿ジャケと完全夏仕様。
幸いと言うか、実家から夏物衣料を運ぶ途中だったので、サンドレスを膝に掛け、パジャマのズボンを首に巻き、夏服を入れて来たエコバックを腰に当てて必死の防寒。しかし寒い!
頭半分では幽玄の世界に浸りつつ、残り半分では「お風呂入りたい〜」とずっと念じている始末。
上演が終了した途端に席を蹴って帰路に着いた。場内放送で「係員の指示に従って…」と言っているのが聞こえたが振り向きもせず出口へ向かう。幸い席は出口付近。
山門を出て道を渡る時も交通整理のおじさんに「ゆっくりで大丈夫ですよ」と声を掛けられたが走って渡り、徒歩5分の道程が耐えられず途中のコンビニに飛び込んで、わずかでも暖かい空気で一休み。
家に着いたらすぐダウンジャケットにくるまり、電子レンジでお湯を沸かして飲みつつお風呂の準備、湯船に浸かってやっと人心地ついた。

幸いと言うか、風邪もひかず無事だったが、本当に寒かった。
なんかせっかくの薪能に申し訳ないです。
次に行くなら防寒対策はシッカリと。
雨天だとバスで30分のホールで上演なので、前売り券は買いたくない(行くの面倒だし野外でないとつまらない)けど、トイレ事情はそう簡単に改善されそうにないし、当日券で一人で行くのは厳しいかな。




記事へトラックバック / コメント


モ○バーガー

2017/05/03 15:01
母がモスバーガーを食べた事が無いのいうので、バスに乗って隣駅まで食べに行った。

真夏のような暑さで、半袖Tシャツに薄手の綿ジャケで日傘さして汗ばむ陽気。
正午少し前に店に着いたら、わりと空いていて一安心。
母の注文に時間が掛かるのでカウンター前に並んでたらどうしようかと心配だった。
店員が入れ替わり立ち代り「ご注文お決まりですか?」と言って来る中、ゆっくり選ばせてくださいねーとメニューの解説をする。
結局母には一番スタンダードな”モスバーガー”を勧め、私はちょっと目に付いた”とびきりハンバーグサンド<トマト&レタス>”というのにしてみた。
セットでサラダとポテト、飲み物は母がコーラで私はコーヒー。

考えてみたら私もここでモスバーガー以外に食べた事が無かった。
「とびきり」とかって豪華そうに思えたんだけど、ソースが醤油味で(ちゃんとメニューに解説が載ってたけど)イマイチ、肉にもパンにもレタス&トマトにもシックリ来ない。残念。
母にも一口分けたが、「こっち(モス)の方が美味しい」。
お薦めしたモスバーガーは気に入ったようで良かった。
食べにくさに困惑していたが、物凄く綺麗に完食して、コーラも美味しかったとゴキゲンだった。


店を出てすぐ近くの自家製パン屋さんに寄る。
以前から時々利用してたんだが、品数が多く手作り風で美味しいのでお気に入りの店。
なんだけど、私はダイエット中なので、今回は買わずに指を咥えて母の買い物を眺めていた。
…お母さん、物凄い量買ってましたけど…(笑)。

会計時、レジでチラシを渡されて、同じビルの上階でフリマをやってるというので行ってみた。
規模は小さいが衣料やアクセ等色々出ていて、ペーパークラフトの可愛らしい下駄ストラップを一つ購入。友人へのプレゼントに。
画像

5階のこのスペースは貸しギャラリーになっていて、デッキがあってちょっとした展望台(高いビルが殆ど無いので)になっている。
海が見渡せて、お天気がいいので気持ち良かった。

バスを乗り継いで実家へ戻ったのが2時過ぎ。
細々した用事をこなしていたら3時を過ぎた。
ひょっとして行けそうなら…と思っていた、近所の古刹の薪能、今から行けば当日券で入れそう!
冬の間置かせてもらってる夏物衣料を少し持って、急いで実家を後にした。
(以下『薪能』に続く)
記事へトラックバック / コメント


牡丹続報

2017/05/01 13:18
先日見に行った牡丹、せっかく見頃の黄色が全然撮れていなくて残念だったので、もう一度行ってみた。
なにせ、自宅からなら徒歩5分♪
家賃払いに行く信用金庫はお寺と同じ方角なので、ついでに思い立ったというのもありますが。

画像

さすがに黄色以外の牡丹はもう終わり、と思ったけど、チラホラ残ってはいた。
散る寸前まで美しいです。
八重桜もすっかり普通の木になってた。藤はまだ残ってたけど。

で、黄色い牡丹ですが。
画像画像画像
先日はちょっと蕾が目立ったけど、今日は見事に満開!
…可愛いし珍しいらしいんだけど、黄色は牡丹としてはちょっと迫力に欠ける、かな?
小振りなせいもあり形も単純で、牡丹特有の妖艶さは無いような。
それでも、これだけいっぱい咲いてると見応えはあるし、他の色の牡丹が無かったら十分に華やかな部類の花なんだけど。

帰り道、ちょっと遠回りして、去年も感嘆したモッコウバラ屋敷へ。
画像

いや〜今年も凄い。
この凄さが伝わるといいんだが、こんな写真一枚では無理なのよ。残念!
モッコウバラは黄色が多いけど、ここのは白。白だけが何故か、とても香りが強い。
だから香りも含め、写真では伝えようが無いわ。

もう一軒、近所にあるのが藤屋敷。
画像

ここも道を歩いてて角を曲がると、ふわぁ〜んと藤の香りが漂って来る。
全体像はもっと凄いんだけど、他人様のお宅だしね…やはり写真では凄さが伝わらなくて、残念。


以前見たドラマで、「お婆ちゃんは花の写真を撮るのが大好き」みたいな事を言ってて、「自分に花が無いから」と婆さん達に言わせてたけど、うん、私もその点では婆さんだわ、と思ったり。
人の写真撮るのは好きじゃないけど、花の写真は好き。
画像

記事へトラックバック / コメント


牡丹

2017/04/27 12:55
母がデイケアサービスで、近所のお寺に牡丹を見に連れて行ってもらい、綺麗だったと喜んでいる。
このお寺、私の部屋からだと徒歩5分。
去年も母と行ったと思うんだが、その頃はMacが潰れていて記録が無かったけど、※一昨年も行ってた。
去年も時期が遅くて散り出していて、開花の遅い黄色だけが見頃だったので、「来年こそは早めに見に来るぞ」と心に誓ったものだったが。
すっかり忘れて、今年もまた出遅れた。
牡丹って、初夏に咲くイメージだったんだけど、実際は桜が散ったらすぐなのね。
今年こそ肝に命じて、来年は早めから様子見に行こう。なんてね。
まあ今年も締め切り前だったし、駅やスポーツクラブと反対方向だからね…でも来年こそは。

とは言え、まだまだ十分綺麗だった。
画像画像画像
盛りを過ぎたと言ってもこの状態。団体でも綺麗。
画像画像
このお寺はとにかく牡丹だらけなんだが、そう広くない敷地に藤や八重桜も満開で、今年は八重桜を諦めかけていたので嬉しかった。
画像

以前住んでた街では生活圏内に八重桜の並木があったんだけど、この辺りではあまり見掛けなくてな。

一時期は歩くのを嫌がった母だけど、近頃はまたよく歩くようになってる気がする。
今日も往きは30分近くの道程を機嫌良く歩いた。
気候が良く、あちこちに花が咲いてるせいかもしれないけど。

画像

あまりに花が大きいので比較のために手を入れてみました。

お寺をぐるりと回って牡丹を堪能し、山門を出た所に母の知り合いの薬局があって、母がちょっとご挨拶に、と言うので行ってみた。
白衣姿のお友達は母と同世代だそうだが、お元気そうで、未だ現役というのが凄い。
デジカメを持ち出して、母の写真を撮ると言うので、二人並んだところを私がシャッターを押した。

画像

この花は肉眼だともっと黒く見えたんだけど、写真に撮ったら綺麗な紅になってしまって、ちょっと残念。

帰りはバスに乗って、座った途端に眠気が来て、実家に着いても眠くてたまらず、早々に引き上げて夕方から就寝、翌日は1日寝てしまった。
原稿完成から1週間経つのに、まだ疲れが抜けないのか、そもそも体力的にダメなのか…???




※一昨年の最後の一行、「スーパーでブチ切れた」と。
思えばこれが、母が怪しくなった第一歩だったんだが、当時はそんな事は思いもせず単純に怒りをぶちまけてしまった。酷い事をした。
記事へトラックバック / コメント


仕事終わった。

2017/04/24 20:31
金曜日には終わらせようと思ってたのに、結局週またぎで月曜日の昼まで、しかも前夜は徹夜というのが毎度のパターンになりつつある…。
まあ、その前の日曜日の昼間にグースカ寝過ごした結果なんですが。
画像

↑トビラ絵ね。

前回が暗い話で欝になってしまったので(笑)今回勤めて明るい方向に、を心がけた。
楽しかったけど調子に乗ってコマコマ描いてしまってて、絵に入ってからの手間がけっこうかかってしまった。
今回心配だったのは、ヒール役の"嫁"の、ツヤベタ巻き髪。
ツヤベタ苦手なんで、ベタ塗りに入っても時間が読めないのは辛い、と思ったけど、やってるうちにコツが掴めて楽しくなっちゃった。
あと一箇所、神社の結婚式の背景を入れようかギリギリまで迷ったけど、結局白いままで終わりにした。
どうかな〜、やっぱり入れた方が良かったか…印刷上がりを見ないと分からない。
まあ今回の見どころは、ツヤベタ巻き髪という事で。
画像


で、昼に原稿受け渡しに出かけ、神保町で編集さんに原稿渡してちょっとお話しをして、ヘロヘロなくせに帰りたくないようないい天気で………。
横浜駅で途中下車、久〜しぶりに買い物なんぞして帰ったのは暗くなってから。
久々にアロマオイルとかバスバブルとか長々と選んで買って、嬉しい♪
髪がからまるのでヘアミルク(洗い流さないトリートメント)というのを買ってみたけど、テスターではいいかなと思った香りが強すぎて、これは失敗。
ヘロヘロの時に買い物は危険だ。まあ使いますけど。
ここ数日ダイエット生活に入ってるけど、今夜は白ワイン開けて一人打ち上げ。

…しかし久々に街へ出て、スカート履いた自分の姿がすっかりドスコイになってて愕然とした。
ユルユルだった春のスカートがキツくて苦しいし…………orz
今夜は一休みでお酒も飲んじゃったけど、明日から引き続き食事、気を付けます。
仕事終わったし筋トレもやろう。
記事へトラックバック / コメント


TVドラマ3本

2017/04/19 15:05
このところペン入れしながら、録画した特番ドラマを立て続けに3本見た。
たまたまなのか、みな戦後辺りの時代がかかってる話で、なんとなくまとめて感想を。

『人間の証明』『女の勲章』…あれ???
もう1本が思い出せない…。

………………………………………………………………

あ、『破獄』だ。
一番見応えあったのを忘れるとは。


人間の証明
昔懐かし、でつい観てしまったけど………あーあ、こうなっちゃいますか。
原作も読み、カドカワ版の映画も昔見た。正直特別好きでもないし傑作とも思わないけど、それでもね。
随分と"端折って"しまったなぁと。
個人的に藤原竜也がダメなのもあってか、全体的に薄くて軽い印象で、「必死で築き上げた地位を守るために息子を殺す」という情念みたいなモノが上滑りして見えた。時代感覚も希薄で現代版みたいだったし。
内容はともかく、取っ替え引っ替えの豪華衣装の鈴木京香様がとにかく美しくて、時間の無駄にはなりませんでしたが。

破獄
私実は、"役者・たけし"好きなんだよね。
最初にこの人に注目したのが『戦場のメリークリスマス』だった。
台詞は聞き取りにくいし、そんなに表情が豊かというでもないし、もちろん外見だけで合格という容姿でもないんだけど。なんか好き。
そして山田孝之はもう、安定。濃い顔嫌いなんだけど(笑)いつどんな役を見てもサマになってて凄いなと。
脱獄の数々も面白かったし、看守と脱獄犯の関係性も見応えがあった。最後ちょっと泣けた。
山田君は極寒の北海道ロケで手指の感覚が無くなったと聞いたが、それらしきシーンは臨場感タップリ。
テレ東も山田君も本気過ぎる。映画にしても良いような重厚な内容で、もったいないからまた放映してください。

女の勲章
山崎豊子原作と聞くと気になってしまって(原作未読ですが)見てみましたが。
つい先日、近い時代の京香様に感嘆したばかりだったせいもあり、松嶋菜々子って"お多福顔"だよねって。"おかめ"とも言う。
美人ではないと思うんだけどなぁ。背が高くて目立つのと、いつもツンツンした態度が大女優っぽいのかしらね。キンキン声も嫌い。
デザイナーという事で派手な衣装を取っ替え引っ替え、というところも先日の京香様と同様だったんだが、クラシカルな帽子やらツートンカラーのスーツやらが微妙にギャグだった。
他の女優さんも皆小粒な印象で、誰一人"昭和感"を感じない。
でも木南ちゃんは芝居は良かった。真珠の話の時なんかゾクゾクっとしたわ。
玉木さんも頑張ってたし、本当に"色悪"がサマになる人なんだけど、うーん。食い足りない。
最後に泣くのがグッと来ないとダメだと思うんだけど。考えると哀しい男、描き甲斐のあるキャラクターだと思うんだけど。脚本のせいもありますが。
原作読んでないので何とも言えないが、山崎豊子にしては内容が薄いと言うか、平たく言って面白くなかった。


と、言うワケで、総括すると「鈴木京香様は美しい」に尽きる、でした。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

みかわん控え室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる